2008年04月16日

『センター・オブ・ジ・アース 3D』予告編上映中



あらすじ: 兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)はおいっ子のショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かるが、ぶっきらぼうで何ごとにも無関心なショーンに困り果ててしまう。そんな2人は過去に取り付けたアイスランドの地震調査装置の異常を確かめるため現地に向かうが、激しい落雷に襲われ、洞窟に避難する。(シネマトゥデイ)

アース」に続いて、GAGAが送る
地球映画の第二弾かと思ったんですが・・・。
どうも違うようです。。。

「探検中に地面が抜け落ちて、地球の中心へ・・・。
そこには想像も越えた不思議な世界が広がっていました!」
ってな感じの映画。

なんかストーリー古っ!
・・・。
しかも、イマドキ3D?

お前は、キャプテンEOか?!
と突っ込みたくなる感覚の古さ。
※分からない人っていますかね?
 昔、ディズニーランドにあったマイケル・ジャクソン主演の
 3D映像アトラクションの名前です。

なんか、メガネとかかけて見ちゃうんですかねぇ。。。
そんな感じで、昔「ジョーズ3D」とかいって、
サメが飛び出してくるだけしか売り物は無い映画があったなぁ。

ということで、
 イマドキ”3D”は無いだろ!
と思いつつ、そのあまりのセンスの古さが
逆に気になったので予告編を載せておきます。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告編 映画
posted by 鉄蔵 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年04月05日

【映画予告上映中】『うた魂(たま)♪』



あらすじ: かすみ(夏帆)は自分のことが大好きな女子高生。しかし、秘かに思いを寄せる牧村純一(石黒英雄)が撮ってくれた、大口を開けて歌う自分の写真を見てがく然とする。その日以来、自信喪失してしまったかすみ。しかし、ライバル校のヤンキー合唱部の魂の込もった合唱と、部長・権藤洋(ゴリ)の一言をきっかけに自分を取り戻す。(シネマトゥデイ)


「合唱なめてんじゃねえそ!!」
ガクラン姿のゴリ(ガレッジセール)が叫びます。

予告を見てもらえば分かりますが、
2008年は合唱の年』だそうです。

何を根拠に、そんなこと。。。
と突っ込む前にとりあえず見てみませんか?

⇒⇒⇒もうちょっと大きく見るにはこをクリック!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 予告
posted by 鉄蔵 at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年04月02日

生きる伝説ボブ・ディランを描いた映画『アイム・ノット・ゼア』予告編公開中!



あらすじ: アルチュール(ベン・ウィショー)は、プロテスト・ソングを書くのを辞めた理由を背広姿の男たちに詰問される。彼はアメリカを放浪しながらソングライティング技術を学んだウディ(マーカス・カール・フランクリン)や、社会派フォーク歌手のジャック(クリスチャン・ベイル)らについて語り始める。やがて彼らの物語は一つに結び付き……。(シネマトゥデイ)

ちょっと前に読んだ伊坂幸太郎の小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。
その中で登場人物たちが出会うきっかけとなり、
彼らが神様と呼んだ伝説のミュージシャン。
 ボブ・ディラン

生きる伝説である彼の伝記映画が完成し、現在予告編公開中です!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告編 映画
posted by 鉄蔵 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年03月28日

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』予告編上演中



何かを読むといえば、
 週間少年ジャンプ
しかなかった少年時代の私にとって、
文字しかない本を読むというのは非常に大きな壁でした。

しかし、思春期の入り口に立ち始めていた私は、
ちょっと若くてきれいな先生から
「小説を読んだら、自分の世界が広がるわよ。」
なんて言われた途端、本屋へ猛ダッシュしていました。。。

少年時代の壁、なんて所詮こんなもんです。

そのときたまたま手にとった本が宗田理さんの
ぼくらの七日間戦争
という小説。
同世代の少年少女の活躍を痛快に描いたこの作品の面白さで、
わたしは一瞬にして読書の世界の虜にされました。

この小説は宮沢りえさん主演で映画かもされましたね。

それから数十年。。。?
なんだか、あの記念碑的作品と名前が良く似た映画が作られました。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

あらすじ: ある田舎町に、平凡だが発想はピカイチのママチャリ(市原隼人)、女の子みたいな外見のジェミー(冨浦智嗣)、武闘派でエロ担当の不良リーゼントの西条くん(石田卓也)、開業医の長男で恋愛担当のグレート井上(賀来賢人)たち7人の高校生がいた。彼らは近所の駐在さん(佐々木蔵之介)とイタズラ戦争に明け暮れ、青春を謳歌していた。(シネマトゥデイ)


ちょっと気になったんで予告編をアップしましたが、どうでしょ?

ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ 1)
ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ 1)宗田 理

おすすめ平均
stars時代を越えてなお・・・
stars子供心
starsいぃなぁ。。
stars知恵で戦う爽快なストーリー♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぼくらの七日間戦争
ぼくらの七日間戦争宮沢りえ 五十嵐美穂 安孫子里香

おすすめ平均
starsわかるな〜
stars個性がGood!!
starsなんか
starsぼくらの七日間戦争
stars昔友達と見にいきましたね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 予告
posted by 鉄蔵 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年03月25日

『ランボー 最後の戦場』予告編 From YouTube



シルヴェスター・スタローンのおじいちゃん、
ロッキーに続いてランボーの続編も作っちゃいました。

ランボー 最後の戦場

およそ20年ぶり!の続編とのこと。。。
もう、好き勝手し放題って感じですね。

軍事政権下のミャンマーで、ある闇の存在が明らかになる。アメリカ政府は、各国の精鋭傭兵部隊を組織し、事態の鎮圧に乗り出した。最新装備を誇る隊員たちの中、1人手製のナイフと弓矢を武器に、孤独な戦いを繰り広げるジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)。残忍な殺りくを繰り返す敵を前に、ランボーの最後の戦いが始まった……。(シネマトゥデイ)

正直どうでもいい!でも、
還暦を越えたおじいちゃんが
 どれだけ戦場の戦闘シーンを演じられるのか?

なんて、マニアックな興味を惹かれる人もいるでしょ。
ということで予告編をYouTubeから引っ張ってきました。

で、もろもろ踏まえてどうなの?これ。
1800円だして映画館いく?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告編 映画
posted by 鉄蔵 at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年03月22日

『パリ、恋人たちの2日間』予告編上映中



限られた時間の中、偶然であった二人が恋に落ちる一夜を描いた
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

9年の時を経て、偶然再開した二人の葛藤を描いた
ビフォア・サンセット

大人ならではの恋愛事情をとても上手く描いたシリーズ作。
「年を重ねると恋愛もスキだけでは単純にはいかない!」
と、ちょっとカッコよく語りかけてくる映画です。

そんな映画で主演を務めた仏女優ジュリー・デルピー
主演・脚本・監督・音楽まで手がけた恋愛映画が登場しました。
題名は
パリ、恋人たちの2日間

パリを訪れた倦怠(けんたい)期のフランス人とアメリカ人のカップルがさまざまな危機に遭遇するラブコメディー。この2人の間に横たわる大きなカルチャーギャップを、日常のささいな事柄から面白おかしく検証する。『ビフォア・サンセット』のジュリー・デルピーは本作で監督、脚本、音楽、編集、主演を担当。その才能をいかんなく発揮した。テンポの良い会話とともに普段着のパリの風景も堪能できる。(シネマトゥデイ)


きっと、今回も大人の恋愛事情を
ちょっとかっちょ良く描いてくれているのではないでしょうか?

そんな本作は2008年5月公開と言う事で、
ちょいと画面はちいちゃいですが予告編をどうぞ!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告編 映画
posted by 鉄蔵 at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年03月20日

あのインディーが帰ってきた! 『インディ・ジョーンズ4 クリスタルスカルの王国』予告編

映画『インディ・ジョーンズ4 クリスタルスカルの王国』予告
[映画][予告編]
映画『インディ・ジョーンズ4 クリスタルスカルの王国』予告
by シネマぴあ

懐かしいですね!
あのインディ・ジョーンズのシリーズが帰ってきました。

私が始めて映画館で見た洋画が「ET」で、
次に観たのがインディ・ジョーンズのシリーズ第二弾
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(字幕版
でした。(かなり曖昧な記憶ですが。。。)

当時はそのテンポの良いスピード感に、本当にドキドキしました。
「ET」では映画を見ることでの感動を、
インディ・ジョーンズ」では映画を観る事の楽しさを教わりました。
この2本があったからこそ、今の映画好きの私がいるといっても過言では有りません。
それほどインパクトの強い一作でした。

そんなシリーズも続く第三弾の「最後の聖戦」以降、
さっぱり新作は作られませんでしたが、
とうとう第四作目が完成し、6月公開となりました!!
タイトルは
インディ・ジョーンズ4 クリスタルスカルの王国
ということで、早くも予告編が公開になりましたのでぜひチェックしてください!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告 映画
posted by 鉄蔵 at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(予告)

2008年03月19日

伊坂幸太郎原作、金城武主演『SweetRain 死神の精度』予告編



伊坂幸太郎が原作を書き、
金城武が主演する。

・・・。
なんてうちの奥さんが好みそうなキーワード!

そんな映画
SweetRain 死神の精度
の予告編を上映中です。

もっと大きく見たいはここをクリック!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
posted by 鉄蔵 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年03月15日

映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』予告編



うちの奥さんも大好きな米TVドラマの大ヒット作
セックス・アンド・ザ・シティ
がついに映画化です!

公開はまだまだ先のようですが、
一足お先に予告編(?)をどうぞ!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告編 映画
posted by 鉄蔵 at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)

2008年03月14日

アンディー・ウォーホルとボブ・デュランを股に掛けた女性の映画『ファクトリー・ガール』予告編上映中



70年代生まれの私にとって、60年代は謎の時代。
世界中の若者が何かに向かって戦っていた熱い時代
そんなイメージが、自分にとっての60年代だ。

そんな実態が良く分からない時代にも、
とても分かりやすい象徴がある、アートだ。
60年代を代表するアーティストと言えば
 ・ポップアートのアンディー・ウォーホル
 ・カリスマ的歌い人ボブ・デュラン
などがあげられる。

確かに最高の芸術は、時代を超えるのだ。

60年代を良く知らない自分でも、10代のころに
 壁に貼られたウォーホル作品のコピーポスターを眺めながら、
 ラジカセでデュランの曲を聞いていた、
なんて記憶がある。

そんな60年代を代表するアーティスト二人を
股に掛けた女性が居たらしい。

イーディ・セジウィック

ファクトリー・ガール』という
彼女を主人公とした映画がが作られ、4月公開予定とのこと。

未知の60年代を学ぶ為に、是非見てみようと思う。
とりあえず、その前に予告編でチェックだ!

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告 映画
posted by 鉄蔵 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(予告)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。