2008年04月23日

もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』

もっとすごい! このミステリーがすごい! (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ) (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)
もっとすごい! このミステリーがすごい! (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ) (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)
宝島社 2008-02-07
売り上げランキング : 21120

おすすめ平均 star
star資料的価値大
star便利で楽しい一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【本】
 もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』

【感想】
最後に小説の感想記事を書いたのはいつだろうと
このブログを見返してみました。
結果、3月12日の「死神の精度」が直近の記事でした。
今日は既に4月23日。
とすると、約1ヵ月半も小説の記事を
書いていなかった事になります。

・・・。

その間、ずーっと読みつづけていた本がありました。
その作品とは、高村薫さんの『レディー・ジョーカー』です。

上巻426ページ、下巻443ページ。
しかも1ページは上下段の2段構成という超大作!
これを読了するのに約一ヵ月半を要したのです。

そもそもこんなしんどい本を読むことになったのは
 ”もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』
という本を読んだから。

別冊宝島が毎年発行する“このミステリーがすごい!”
の20周年を記念して発行されたこの本は、
過去20年のランキングをまとめた本である。

ミステリー小説好きの私が、
書店でつい手を伸ばしてしまった本書。
そのランキングを見ていくうちに
「過去20年で年間一位を2回取ったのは高村薫さんただ一人」
ということに気付いたのです。
 ※1994年マークスの山、1999年レディー・ジョーカー
そして
 「是非、どちらかの作品を読んでみたい
という欲求が生まれたのです。

こういう出会いってあるんでしょうね。
そんなときにふと立ち寄った古本屋の激安コーナーで
上下巻それぞれが105円という超破格値で売られていた
レディー・ジョーカーに出会ったのです。

もちろん買いましたよ、速攻で。。。
そして始まったんです、長く、辛い(?)
レディー・ジョーカーとの格闘の一ヵ月半が。。。
※長くなりそうなので、レディー・ジョーカーの感想は次回書きます。

ま、『このミステリーがすごい!』の20周年永久保存版である本書は
ミステリー小説初心者にはもってこいの教本だと思います。
なにせ多くのファンに支持されてきた本が一堂に会している訳ですから。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ: 感想
posted by 鉄蔵 at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2008年04月10日

本屋大賞に伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎

おすすめ平均
stars最高傑作!!
stars9時間一気読み!
starsお話作りの天才
starsこれはスタンドバイミーでしょう
stars緻密な設計

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4月8日(火)に、
全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2008年本屋大賞
が発表されました。

近年非常に注目を浴びているこの賞ですが、
今年の大賞は私の大好きな作家である伊坂幸太郎さんが受賞しました。
受賞作は
 『ゴールデンスランバー
です。

書籍紹介
仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」「金田はパレード中に暗殺される」「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えた。と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、青柳に向かって拳銃を構えた―。精緻極まる伏線、忘れがたい会話、構築度の高い物語世界―、伊坂幸太郎のエッセンスを濃密にちりばめた、現時点での集大成。

伊坂作品は結構読んでいますが、この作品は未だ味読状態。
というのも、お金が無い私にはハードカバーは手が出ないから。。。
文庫版が出版されるか、中古市場の値段が下落したら
購入しようと考えていたんですが、今回の受賞でちょっとお預けになりそうです。

こんな貧乏ファンとしては、嬉しいような、哀しいような・・・。

ま、何はともあれ、
 『伊坂さん、受賞おめでとう御座います!』
です。
本屋大賞のこれまでに経緯から、きっと映画化されると思いますが、
ちゃんとそれもDVDが発売されてからレンタルで見ますから!

・・・。
いちいち書くことが貧乏臭くて済みません。。。
あ〜ぁ、お金が欲しいなぁ・・・。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
posted by 鉄蔵 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2008年02月09日

松本人志さん、あなたはどれだけ偉いのよ!

松本人志のシネマ坊主
松本人志のシネマ坊主松本 人志

おすすめ平均
stars1度は読んでみる価値ありだと思います
stars評価の仕方
stars無題
starsまっちゃん(松本さん)の理想と現実
stars松本ファンにのみおすすめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【本】
 松本人志のシネマ坊主

【作家】
 松本人志

【ストーリー】
 松本人志、初めての映画評論集。ハリウッド大作からミニシアター感動作まで、全70本をぶった斬り!全作品、100点満点の採点表付。松本人志が語る「北野武作品」「アメリ」「GO」「A.I.」「マルコヴィッチの穴」……めちゃくちゃ刺激的です!

【感想】
ダウンタウンの松本人志が雑誌に連載していた映画評論をまとめた一冊。

結構期待していたんですけどねぇ。。。
残念ながら、いま一つしっくりときませんでした。

全編に漂うのは
俺はお笑いの世界の頂点を極めたマツモトや!
と、なんだかスゴク偉そうな物言い。

だからちょっとコメディアスなシーンがある映画だと
コイツ、笑いっちゅーもんをさっぱりわかっとらん
と、ひと言で一蹴されます。

で、なぜかシリアスな映画とかだと
なんでこんなんなるんかなぁ。
 でも、俺は映画撮影現場のことはよ〜分からんからなぁ

と急に逃げ腰に。

最期は
俺が映画を撮ったら、もっとマシに撮れるでェ!
とくる訳です。

・・・・。
その結果が「大日本人」ですか!

この本を書いていた時期にドラマ出演をしていたらしいんですが、
まっちゃん曰く
普通の人に単純にオモシロイなんていわれる作品はダメ!
らしいんですね。

彼が目指しているのは、
そんなありきたりの感性を突き抜けた
 極一部の人に受け入れられる作品づくり

らしいんです。

・・・。
う〜ん、だったら少なくとも公共放送である
 テレビ
という媒体はそもそも違うんじゃないかなぁ、
とか私は思うんですが。

とにもかくにも、映画の評論内容より、
なんだかとっても偉そうな物言い
ばかりが気になる一冊でした。残念。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想
posted by 鉄蔵 at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2008年01月05日

古本売ってきました!

皆さんは、読み終わった本をどうしていますか?

これまでゴミ収集にだすことが多かったんですが、オークションに出すと以外に良い値段がつくかも?なんていう記事を読んで、去年の年末に早速試してみました。
その結果は、、、惨敗です。。。閲覧回数は多少あったものの、入札件数はどれもゼロでした。どうも小額の本は送料がネックのようです。そりゃそうですよね、100円で本を買えたって、送料がその倍以上じゃあねぇ。

この古本の山でお金をゲットしたい!
ネットオークションがだめなら次は古本屋で買取!ということで、次はいつも本を買っている古本屋さんで査定をしてもらうことにしました。
その結果は。。。約40冊で1850円!オー!予想外の高値!!
一番高値だったのは劇団ひとりの「陰日向に咲く」で500円。この本は古本屋で500円にて購入したものなので、購入価格と同じ値段で買い取ってもらった事になり、実質ゼロ円で読めた事になります。いやぁ、お得感満点です。
その他、石田衣良宮部みゆき東野圭吾らは買取強化期間中とのことで、文庫本10冊をどれも1冊100円で買い取っていただけました。
その他の本は正直10円程度の買取ばかりでしたが、それでも本棚のゴミがお金に換わったと考えればアリガタイです!

古本屋で買って、古本屋で売る

お金がかからない本の楽しみ方としてオススメです。
(買取価格を考慮して、人気作家の本を読みましょう!)

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

【関連作品】
古本通 市場・探索・蔵書の魅力 (平凡社新書)
古本通 市場・探索・蔵書の魅力 (平凡社新書)樽見 博

おすすめ平均
stars古本の大切な役割とは
stars古本探しが楽しくなる本
stars正真正銘「通」の本。
starsバランスの取れた古本案内

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:
posted by 鉄蔵 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2007年10月20日

ディズニーの魔法(有馬哲夫)

ディズニーの魔法 (新潮新書)
ディズニーの魔法 (新潮新書)有馬 哲夫

おすすめ平均
starsディズニーの戦略
stars「本当は怖い」を「夢と愛の物語」に変える魔法
stars「アメリカの民話」になったディズニー
stars新しい発見
stars、続シンデレラさん、お大事に」のネタ本にしよう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ディズニーランドって、
いつ行っても楽しいですよね。


多少混んでいたって、ノープロブレム。
待ち行列の間にも楽しませてくれる仕掛けが
あちらこちらに作ってある。
パレードも盛り上がるし、
帰る頃には仕上げの花火まで用意されている。

一日はいつも同じ24時間なはずなのに、
ディズニーランドへ行った日は
いつもとは全く違った、濃密な時間を過ごせた
印象をいつも感じます。

全てはディズニーランド側の
お客様に夢の世界で楽しんでもらおう
という気持ちのお陰だと思います。

ディズニーランド内からは、日常の建物は見えません。
夢の世界を満喫してもらうには、電車やビルは不要です。

また、ゴミはどこにも落ちていません。
掃除が徹底されているだけではありません。
お客が面倒くさがってポイ捨てをしないよう、
ゴミ箱の間隔までもが計算されつくしているのです。

そんなディズニーの世界を築き上げたのは
ディズニー社の創設者、ウォルト・ディズニーです。
現在のディズニーランド同様、
 いかに観客に楽しんでもらうか?
が、彼の考えるディズニーの世界の第一優先事項だったのです。
そんな彼がアンデルセン童話などの中世の古典童話を
どのような魔法で甦らせたのか?
その一端が、この本には書かれています。

古典童話に多く見られる残酷性がいかにカットされ、
愛と勇気のファンタジーワールドへと変貌をとげたのか?
気になる人は呼んでみてください。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想
posted by 鉄蔵 at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2007年10月13日

リクルートのDNA(江副浩正)

リクルートのDNA―起業家精神とは何か (角川oneテーマ21 A 61)
リクルートのDNA―起業家精神とは何か (角川oneテーマ21 A 61)江副 浩正

おすすめ平均
stars全社員に社長の思いを伝えるには、どのような仕組みを作ったらよいか
stars聞いた、思った、実行した。
starsリクルートはすごい
stars動く、動く、動く
stars凡庸な人間。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホットペッパー、
R25、
リクナビ、
カーセンサー
フロム・エー
トラバーユ、
住宅情報、
セクシィ・・・。


数え上げればきりが無い。
これら全てがリクルートという会社の出版物。

広告を集め、広告のみで構成される雑誌をつくる。

学生時代に始めたそんな新規ビジネスモデルから、
年商7500億円にも登るグループを一代で作り上げた
江副浩正さんが
リクルートとは一体どんな会社なのか?
を語ってくれる一冊。

良い面も悪い面も、成功談も失敗談も、
全てを知り尽くす創業者自らが、
脚色しすぎることなく、淡々と語ってくれます。

「失敗は恐れるな。
 但し、同じ失敗は二度とするな。」


どこかの誰かさんの受け売り言葉が載っていましたが、
心に響く一言です。

「世の中には面白そうな会社があるもんだな」
と思わせてくれる一冊だと思います。
これから世に出ようとしている学生さんにも、
厳しい世の中で戦って疲れてしまった社会人さんにも、
オススメできる一冊です。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

【関連サイトへGo!】
 ■リクルート(Wikipedia)
タグ:感想
posted by 鉄蔵 at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2007年07月19日

下流社会 新たな階層集団の出現(三浦 展)

下流社会 新たな階層集団の出現下流社会 新たな階層集団の出現
三浦 展

光文社 2005-09-20
売り上げランキング : 3980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下流社会 新たな階層集団の出現
なんて本を読んでみた。
古本市場で105円だったんで。。。

この本では
・近年、国民の経済的格差が広がりつつある
・経済の低迷により、多くの国民の上昇志向も低下している
・低所得者は、その親も低所得であることが多い
・地域間の物理的格差が無くなり、地元指向が向上している
なんてことが書かれている。

端的に云うと
・良いとこのお坊ちゃまは、良い教育を受けられるので、
 一流の大学に入り、一流企業に就職。
 それら一流社会において、良いとこのお嬢ちゃまと結婚し、
 都内の一等地に家を構える。
・貧乏な家の娘は、良くて地元高校卒で、
 ヤンキー君と出来ちゃった結婚をし、
 地元で一生を終える。
といった二極化構造らしい。

アホか。。。
つまらなくて、半分以上は飛ばして読んだ。

文中に著者主催のアンケートが再三登場し、
その分析結果からあーでもないこーでもないと話が進む。
しかし、あとがきの最後の1ページに
「このアンケートは対象者数が少ないから、
 あんまり充てにならないかも。。。」

と書いてしまっている。

いい加減にしろよ!そんな事、始めに書けよ!

そんなダメダメ本で唯一興味深かった話としては、
 いま住んでいる地域に、
 これからも住み続けたい人が9割近い

というアンケート結果。

「住めば都」とは良く言ったもんで、
こと居住地域という観点においては
「隣の芝生は青く見える」ということは無い模様。
かく云う私も、今住んでいる地域(埼玉県和光市)を
大変気に入っている一人。

主題(下流社会)とは全く別な観点でしか
感心できない、そんな珍しいダメ本であった。


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ: 感想
posted by 鉄蔵 at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2007年06月30日

ともだちシネマ(中野翠&石川三千花)

映画大好きなオバちゃん二人が、
映画について好き勝手に語った本。
ともだちシネマ

ともだちシネマ
ともだちシネマ中野 翠 石川 三千花

おすすめ平均
stars超おもしろい(笑)
stars映画マニアではなく、映画好きの人たちに
stars私の癒し本なのだー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


登場する二人のオバちゃんんの内、
中野翠さんは知りませんでしたが、
石川三千花さんは、
 テレビ東京の「シネマ通信
という映画番組にイラストを書いていたので知っていました。
そのちょっと癖のある絵と、好き勝手なコメントが
その当時ちょっと好きでした。
そんなこともあって、古本屋で見つけたこの本を購入です。

ちなみに「シネマ通信」はいつも間にか再開していたそうです。
 ※詳しくはWikipediaの「シネマ通信」のページを参照
とは言え、再開後に三千花さんがイラストを提供したりは
していないようですが。
 Wikipedia:シネマ通信

シネマ通信 石川三千花の勝手にシネマ
シネマ通信 石川三千花の勝手にシネマ石川 三千花

おすすめ平均
stars人生最高の映画評論!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


彼女のなまえ読めますかね?
 ”みちか
と読みます。
かわいらしい名前ですが、
45歳で双子を出産したすごいオバちゃんです。
(いま何歳なんだ?)

本の内容はかなりマニアック!
出てくる映画スターや作品の幅が広すぎて、
半分は知らないことばっかり。

映画知識の幅の広さや深さに感心しながらも、
一方的な独断と偏見に満ちたコメントに
「あんまり役には立たないな・・・。」
とテンポ良く読み飛ばしていました。

随分古めの本だったらしく、二人とも
ディカプリオを”可愛らしい少年!”と大絶賛。
ギルバート・グレイプでの好演などを引き合いに、
「きっとこれからいいキャリアを積み重ねていくわ!」
なんてコメントが並んでいました。

ギルバート・グレイプ

いまご本人に振り返って頂いて、実際はどうだったのか
是非聞いてみたいところです。

タイタニック
で路線が随分変わっちゃいましたからねぇ。。。

タイタニック

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画
posted by 鉄蔵 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2007年06月28日

チェーン古本屋の購買層及びニーズについて

この間の日曜日に古本屋さんへ行ったんです。
しかも、久々に子供無しの一人きりで。
ということで珍しく5冊まとめて購入でした。

1.LOVEorLike(石田衣良)
LOVE or LIKE
LOVE or LIKE


2.100回泣くこと(中村航)
100回泣くこと
100回泣くこと


3.下流社会(三浦展)
下流社会 新たな階層集団の出現
下流社会 新たな階層集団の出現


4.もしも宮中晩餐会に招かれたら(渡辺誠)
もしも宮中晩餐会に招かれたら―至高のマナー学
もしも宮中晩餐会に招かれたら―至高のマナー学


5.ともだちシネマ(中野翠&石川三千花)
ともだちシネマ
ともだちシネマ


まったく関連性の無い5冊ですが、順不同に読んでいき、
読み終わったら適当にレビューを書いていこうと思います。

今回、古本屋へ行って思ったのは
 「文庫本は高い
 「文庫本以外は安い
ということ。
ちなみに購入した5冊中1冊だけが文庫本で、
それ以外はハードカバーor新書。
価格は文庫本が210円で、それ以外は全て105円。

105円の4冊は全て105円コーナーという
特設コーナーで買ったものなんですが、
そもそもこのコーナーには文庫本は1冊もないんです。

何でなんでしょう?

思うに、私が行くようなチェーンの古本屋さんに
本を買いに来るようなお客の多くはサラリーマンで、
通勤電車の友となる本を買いに来るのではないかと。

 狭い満員電車で読むには、
 やはり手のひらサイズの文庫本がイチバン!
 当然ニーズのあるものは価格を下げずとも売れていく。

 逆に人気作家の作品でも、ちょっと古くなったハードカバーは
 込み合った電車内で読みづらいと敬遠されてしまう。
 人気が無いから、低価格特設コーナーでさばくしかない。

私の
 「チェーン古本屋における顧客層とニーズの分析
如何でしょうか?
以外に的を得ていると思うのですが。。。

ちなみに私は電車の始発駅に住んでいて
いつも座って通勤しているので
多少サイズが大きめのハードカバーでも全く問題無しです。
(それより少ないこずかいなので価格重視です。)

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:読書 古本屋
posted by 鉄蔵 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2007年06月16日

グーグル Google 既存のビジネスを破壊する(佐々木俊尚)

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)佐々木 俊尚

おすすめ平均
stars神か悪魔か
stars確かに鋭いところまで書いてあるとはいえないかもしれない。
starsグーグルの特徴を分かりやすく描き出している良書
stars零細企業の復興に大いに貢献する可能性
stars「ウェブ進化論」と対にして読みたい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Biglobeが提供するウェブリグログから
ここSeesaaへブログを引っ越して
1ヶ月半くらいは経っただろうか?
一番の感想は
アクセス数が圧倒的に減ってしまった
こと。
その理由は、約1年かけて徐々に積み上げてきた
GoogleやYahooといった検索サイトの評価が
引越しによってゼロに戻ってしまったことだ。
評価が低い為に、検索サイトで上位に表示されなくなり、
結果としてアクセス数が激減してしまったのだ。

今回のブログの引越しでは
 インターネットの世界において、
 検索サイトに認められることがどれだけ重要か

ということを心底認識させられる結果となった。

そんなインターネットの検索大手であるGoogleについて
語られた本を読んでみた。
(初版発行は2006年4月ということで若干古いが、
 古本屋で100円だったので・・・。)
そこで語られるのは、インターネット社会における
Googleの圧倒的な権力の数々である。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ: google
posted by 鉄蔵 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。