2008年02月03日

アース(earth)

アース
アースナディーヌ ソニエ 寺門和夫 太田聡


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 アース

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 渡辺謙明日の記憶

【ストーリー】
 今からおよそ50億年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その衝撃により地球は23.5度も傾いてしまう。この傾斜は四季の移ろいや多様な地形を地球にもたらし、生命の誕生に重大な役割を果たすこととなった。北極を基点に地球縦断の壮大な旅に出た撮影隊は、ホッキョクグマ、象、ザトウクジラの親子に導かれ、さまざまな命の営みに出会う。(シネマトゥデイ)

【感想】
「主演:地球」

そんな作品「アース」を見てきました。
こどもは500円で鑑賞できるため、
子供たちを連れ一家4人での初の映画鑑賞です。

あの「ディープ・ブルー」のスタッフが
再結集して作成したというこの作品。
それだけで期待が高まります。

空を黒く埋め尽くす大量の鳥達の映像に、
伊坂幸太郎の小説「オーデュボンの祈り」に出てきた
20億匹という大量の群れで飛ぶ鳥「リョコウバト」を思い出します。
てっきり作り話だと思っていたんですが、そんなこと無さそうです。
ちょっと不気味になるほどの群れは圧巻です。

様々な美しさを見せてくれる極楽鳥たちには思わず笑みがこぼれます。
求愛のダンスを踊る前、彼らは掃除をするんです。
鳥が葉っぱを雑巾のようにして木の枝を掃除する姿なんて始めてみました。

砂漠の大地に一時期だけできる湿地帯を目指し、
アフリカゾウの群れは砂嵐の中を命がけで旅します。
やがてたどり着いた象たちは、
心躍らせるかのように湿地帯へ入っていきます。
私は泳ぐ象の姿を始めて見た気がします
巨体をくねらせて泳ぐ象たちはとても楽しそうに見えました。


肝心の感想ですが、残念ながら「ディープ・ブルー」の方が面白かったです。
ディープ・ブルー」では海というテーマにしぼられていました。
その分、テーマが文字通り深掘り下げられていて、
本当に見たこともない海の様々な姿を見せてくれました。

反対に、「アース」は地球すべてをテーマとしている分、
範囲が広すぎて、テーマが絞り込めず、概要的な感じがしました。
出てくる動物達も、何かしらの映像でだいたい見たことありますし。

まぁ教科書的な作りな分、
 自分達の住む地球の大きさや美しさ
を、子供達に学んでもらうには分かりやすい作品でしたが。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画

2007年08月18日

不都合な真実(アル・ゴア)40.9℃!最高気温更新の理由とは?

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
デイビス・グッゲンハイム ドキュメンタリー映画 アル・ゴア

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-07-06
売り上げランキング : 84
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


数日前に日本での最高気温が更新されました。
 40.9℃!
関東上空に巨大高気圧が居座り、
その影響により気温が異常に上昇したとのこと。

でも、この気温上昇は日本に限ったことではないのです。
世界各地で最高気温が更新し続けられているのです。
そう、
地球温暖化
です。
今回はこの問題をテーマとしたドキュメンタリー映画
 「不都合な真実
を鑑賞しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
地球の温暖化によって引き起こされる数々の問題に
心を痛め、人々の意識改革に乗り出すべく、
環境問題に関するスライド講演を世界中で行う
アメリカ元副大統領アル・ゴア。
そんな彼の勇気と希望に満ちた闘いを追いながら、
人類が滅亡するまでの真実のシナリオを明らかにしていく。
(シネマトゥデイ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

衝撃的な写真の数々で明らかにされる地球の変化。
気温上昇によって干からびていく大地。
そのあからさまな変化には本当にビックリです。

このような写真の他にも、グラフなどを多用して
如何にここ数十年で起きている出来事が
地球の歴史上において異常なな事なのかを
とても分かりやすく伝えてくれます。

地球人口が20億人に達するのに約一万世代かかったそうですが、
90億人を超えるのに一世代しか掛からないというのです。
その異常な人口爆発が起こっているのがまさに今なのです。

テキサスの石油パワーを背景とするブッシュに
大統領選で負けたアル・ゴアさんの映画ですから、
多少政治的な思惑が含まれていますが、
全体としてはとても学ぶべき点のある作品です。
「今年の夏は暑いな〜!!」とぼやいているあなた。
その原因の一つを、この映画で学んでみては如何ですか?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

不都合な真実
不都合な真実アル・ゴア 枝廣 淳子

おすすめ平均
starsどうしても必要な本として。
starsまっとうな環境を子供達に残してあげることが大人の責任です
stars沸騰しているお湯にカエルが飛び込むと、カエルは・・・
stars環境啓発絵本
stars不都合な真実は本当の真実を伝えているのだろうか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:映画 感想

2007年08月12日

デート・ウィズ・ドリュー(ドリュー・バリモア?)

デート・ウィズ・ドリュー
デート・ウィズ・ドリューブライアン・ハーズリンガー ドリュー・バリモア エリック・ロバーツ

おすすめ平均
stars“頑張れ!ボンクラ”と思わず応援したくなる(笑)、これもまた恋愛映画の傑作。
starsアメリカンドリーム?!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お金も仕事も恋人もないブライアンは、
ゲーム番組で賞金1100ドルを獲得。
最後のゲームの答えが
 “ドリュー・バリモア”
だったことから勝手に運命を感じた彼は、
憧れのドリュー・バリモアとのデートし、
その様子をドキュメントフィルムに収めようと決意する。
資金1100ドル、期間30日の中で、
彼は夢を実現できるのだろうか……。
(シネマトゥデイ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大人になって、こんな馬鹿げた夢を
真面目に追っかけるのは結構イタイ奴です。
でも、そういった馬鹿げた冒険をしないと
大きな成功は手に入らない
んでしょうね。
作風は全く違いますが、映画のテーマは
前回見た「リトル・ランナー」と通じます。

お金が無いのでビデオは電気屋さんの
30日間無料お試しで調達しました。
ということで、自動的に企画の期限は30日間!

途中、有名人を乗せた事のあるリムジン運転手や
ドリューを担当するエステティシャンなど、
そんな微妙な人たちに話に取材を申し込み、
なんとか彼女へ通じる人脈を探ろうとします。

こんなんで本当に本人に会って、
 デートまでこぎつけられるの?

そんなことが心配になってきたころ、
チャーリーズ・エンジェルのワールドプレミアに
偽造パスで潜入し、本人と対面します!
でも、極度の緊張の為に握手するのが精一杯。。。

とうとう30日目が経過し、とうとう企画は終了。
ちょっと泣きながらビデオを電気屋産へ返却に・・・。

って、おい!これで終わりかい!

この映画を見た人の8割くらいは、
私同様に突っ込みを入れたことでしょう。

でも、ここで終わらないんですなぁ、この映画。
最後の結末は映画を見てのお楽しみということで
ここでネタバレはしませんが、
見終わった後の納得感もなかなかのオススメ作品です。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

【過去関連記事へGo!】
 ■☆泣ける☆リトル・ランナー(アダム・ブッチャー)
タグ:映画 感想

2007年07月14日

ダーウィンの悪夢


ダーウィンの悪夢 デラックス版
ダーウィンの悪夢 デラックス版ドキュメンタリー映画 フーベルト・ザウパー

ジェネオン エンタテインメント 2007-07-06
売り上げランキング : 286

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版 ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) リトル・ミス・サンシャイン 麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション


ドキュメンタリー映画というのは
見てみると以外に興味深いものが多い。
ファーストフードの人体への影響を描いた
 「スーパー・サイズ・ミー」。
9.11テロ事件と米国政治の関係を痛烈に描いた
 「華氏911
多少一方的な視線である事は否めないが、
知らなかった世界の真実の一端を垣間見せてくれる。

最近の話題作では、元米国副大統領アル・ゴア氏の
 「不都合な真実
がある。こちらは地球温暖化の実態を描いている。

さて、今回はそんなドキュメンタリー映画のひとつ
 「ダーウィンの悪夢
を見た。
ダーウィンの唱えた生態系が忠実に残る湖に、
肉食外来魚が放流された事で、湖のみならず
その周辺地域を巻き込んで起こる変化を描く。

この魚は食用として海外へ輸出する事となり、
それは一大産業となった。
大きな加工工場ができ、雇用も増えた。
しかし、地域の貧富の差は広がる一方だ。
労働者は非常に安い賃金でしか雇ってもらえないのだ。
研究所の夜間警備員は一晩1ドルしかもらえない。
しかも前任者は仕事中に殺されたらしい。

しかもエイズが蔓延し、数百人しかいない漁師の集落で、
毎月10名程度が死に続けている。
しかし、人は減らない。
別な地域からここへ来れば儲かると人は流れてくるからだ。

こうして命がけで作り出した魚肉を彼らは食べられない。
輸出用のため、非常に高価だからだ。
貧しい彼らが食べられるのは、
加工過程で残された頭や骨だけである。

アフリカの住民が食うや食わずで作り出したものは、
全てヨーロッパで消費される。
”ヨーロッパ社会にアフリカは食い物にされている”
直接的な植民地時代は終わったが、
未だに経済的な植民地時代は続いているという事だ。


持つ者と、持たざる者。
富める者と、貧しい者。
結局、世界は不平等で、不公平なのだ。


映画としてはテンポがちょっと悪く、退屈だ。
次はもっとエンターテイメント性の高そうな
「不都合な真実」
にしようかな。。。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想

2007年06月07日

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版
エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版ドキュメンタリー映画

おすすめ平均
stars金儲けのために狂った
starsグローバル経済の頂点に築かれた“砂上の楼閣”

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近ぼちぼち株価が上昇してきました。
日経平均が1万8000円代をつけ、
ライブドア事件以前に戻りつつあるかな?といったところ。
1年半前に時価総額8000億円という会社が、
一瞬にして崩壊しました。
その時価のほとんどを支えていた株は、
一瞬にして紙くずとなりました。
私もそんなライブドア株で損した一人です。

今回はこのライブドア事件に何重にも輪をかけて
大きくしたような「エンロン事件」の
背景を探るドキュメンタリー映画です。

エンロンは天然ガスなどのエネルギー卸会社で、
当時世界第7位時価総額を誇る巨大企業でした。
そんな大企業がちょっとしたことをきっかけに、
たった数週間で倒産してしまったのです。
 一体エンロンとはどんな会社であったのか?
 その内部ではなにが行われていたのか?
 誰が得をして、誰が損をしたのか?
 悪いのは一体誰なのか?

そんな疑問の答えをひたすら探ります。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:映画 批評

2007年02月09日

「世界最速のインディアン」レビュー

今年初めての映画館での映画鑑賞です。
世界最速のインディアン
を見てきました。
アンソニー・ホプキンスが実在した
 大馬鹿野郎なバイクじいちゃん
を演じる、感動作です。

画像


ニュージーランドで暮らす
バート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、
伝説のバイク“インディアン”で
ライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で
世界記録に挑戦すること。
年金暮しの彼は倹約に励み、
隣家の少年(アーロン・マーフィー)の協力も得て
廃品を利用してバイクの改良を試みるが、
なかなか渡航費まで手が届かない。 (シネマトゥデイ)

大雑把に説明すると、
 バイク大好きじいちゃんが世界最高時速を
 達成するまでの物語

なんですが、コレだけだと短すぎて映画になりません。
ということで上映時間の大半は
 ニュージーランド ⇒ アメリカ ボンヌヴィル平原
を渡航するロードムービーとなっております。
ここで、良い感じに純朴なニュージーランドの
田舎者じいちゃんをアンソニー・ホプキンスが演じます。
そして彼に関わる人は皆、彼のことが大好きになります。
男性も、女性も、オカマちゃんも・・・。

うらやましくなりますよねぇ・・・。
好きなことをやって、自然体で居て、
誰からも愛されて、自分もそんな人生を楽しむ。

金曜日の仕事帰りに、33歳のオヤジが
一人でさびしく映画見ているのとは雲泥の差です!
いやぁ、虚しくなりました・・・。

さて、この映画の一番の見どころは
何と言っても世界記録への挑戦シーン!
私は全身に力を込めまくって見入ってしまいました。
本当に走っているかのような映像は見事です!
世界記録達成の瞬間は拍手しそうになりました。
が、銀座の映画館の観客は皆クールです。
一番の盛り上がりシーンも淡々と過ぎていました・・・。

画像

夢とか、自分らしく生きるとか、
なかなか実生活で自分が実現できていない部分を
再認識させてくれたこの作品。
途中のロードムービー部分はダルダルな感もありましたが、
全体的にはとても面白かったですよ。
それもこれも久しぶりの映画館での鑑賞だったから?

私の評価 : ★★★★☆(憧れの老後です!)
妻の評価 : −−−−−(見てません。)

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

2006年09月02日

「ユナイテッド93」レビュー

今日映画館で映画を見てきました。
実に1年ぶりの映画館!
幼い子供が居るのでいつもは行けません。
でも、現在実家に預け中。
ということで
 「皇帝ペンギン
以来の映画館での映画鑑賞です。
そこで見た作品が
 「ユナイテッド93
です。
この間”王様のブランチ”で見た紹介が気になったので
嫌がる嫁さんを説得しての鑑賞でした。

ユナイテッド93
ユナイテッド93コリー・ジョンソン ポール・グリーングラス タラ・ヒューゴ

おすすめ平均
starsアメリカの強さ
starsどうにもならない、やり切れなさ
stars打ちのめされて何も言えない
stars実話ですが、真実であるとは限らない。
stars衝撃のノンフィクション・サスペンス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ユナイテッド93アメリカ同時多発テロ事件の話です。
ハイジャックされた飛行機は合計で4機。
2機は世界貿易センタービルへ、
1機はアメリカ国防総省(ペンタゴン)へ
自爆テロをしました。
唯一ハイジャックされた飛行機の内、
目的のテロ対象場所へ到達することなく
墜落したのがユナイテッド93便です。
その機内では一体何が行われていたのか?
その時地上では何が繰り広げられていたのか?
それを限りなくドキュメンタリーに描いた作品です。

見終わった感想は
 「私はこの作品に映画として何を期待したのだろう?
という疑問でした。
私はハッピーな映画が大好きです。
社会派作品も嫌いではないですが、
最後には少なからず希望が見えないと納得しません。
そういった意味では、この作品は見る前から
 ”飛行機が墜落する絶望的な結末
が分かっていました。
(飛行機の乗客・乗員が全員死亡することも)
その上で、なぜこの作品を
 久しぶりの映画鑑賞
に選んだのだろう。ハッピーエンドが大好きなのに・・・。
奥さんからもその点を強く責められました。
 「せっかくの久しぶりの映画なのに・・・。」
そういった意味で、この作品の選択は失敗でした。

乗客・乗員が全員死亡したので
どこまでが真実かはわかりません。
しかし、ハイジャックという絶望状態の機内において、
生きるための最大限の努力を
勇気を振り絞って実行した乗客が居た
ことは
少なからず真実なのでしょう。
それを知ることが出来たのは、非常に重要なことです。
 「卑怯な凶悪犯罪に対して、人は無抵抗ではなかった
この人間の勇気が存在したことを知れて良かった。
でも、それだけにその努力が実を結ばなかったことが
 悔しく、
 悲しい・・・。

同時多発テロで亡くなった多くの方々の
ご冥福をお祈りすると共に、
世界から戦争・テロといったあらゆる暴力行為が
無くなる事を願ってやみません。

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。

2006年08月20日

「ジャーヘッド」レビュー

ジャーヘッド」を見ました。

ジャーヘッド プレミアム・エディションジャーヘッド プレミアム・エディション
ウィリアムス・ブロイルズ・Jr サム・メンデス ジェイク・ギレンホール

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-07-28
売り上げランキング : 635
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


公開当時に宣伝を見て
 「面白そうだなぁ」
と思った記憶が強く、結構期待大でした。
 防毒マスクを被って”ダース・ベーダー”って言って見たり、
 砂漠でアメフトをやって見たり。
そんなシーンの印象があり、
 「なんだ、戦争の現場ってこんなにも緊迫感が無いのか」
と、戦争の裏真実が見れる気がして・・・。

■感想
でも、実際に見た感想は”中途半端”の一言。
この映画が何を伝えたいのか分かりませんでした。

そもそも、湾岸戦争は歩兵の戦争ではありません。
 何百キロもの距離から正確に攻撃するパトリオットミサイルと、
 何千メートルも上空から安全に空爆するステルス戦闘機と、
 そんなハイテク機器による一方的な戦争でした。
ジャーヘッドの主人公は歩兵隊の中の狙撃担当。
そんな彼には、初めから出番の無い戦争だったのです。

映画前半は戦地に赴いてもやることがありません。
緊張感もなにもなく、あるのは砂漠だけ。
そして、戦時になってもただひたすら砂漠を歩き、
たまに出会うのはラクダをつれた現地民。
やっと敵と出会い、攻撃を受けても誰も死なず、
最後は何時の間にか戦争が終わっている。
そして
 「折角戦争に来たのに、誰も殺せなかった
と嘆き、帰国後に除隊しても、
心はあの砂漠に有り続ける。
だって。何が言いたいの!

単に海兵隊に間違って参加して、
無理やり湾岸戦争に連れてこられた
お気軽な若者の愚痴っている姿を見ても
 「戦争の残酷さ」や「戦争の無意味さ」
を感じる人はいないし、
折角戦争に行ったんだから一人くらい殺したい
なんて台詞をはく彼らを見て
 「戦争に参加した人への哀れみ」
も浮かんでこない。

■最後に
見終わった後、戦争映画であるこの作品に
一体自分は何を期待していたんだろうと反省しました。
どう考えたって楽しい戦争映画はありえないし。

地獄の黙示録」の爆撃シーンを見て興奮し、
”ぶっ殺しちまえ”と叫ぶ海兵隊たちの姿は、
戦争の狂気を上手く表しているシーンだと
この映画で唯一感心した場面でした。

私の評価 : ★★☆☆☆(中途半端な戦争映画)
妻の評価 : −−−−−(仕事疲れで途中で寝ました。)

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。

2006年04月23日

「ディープ・ブルー」レビュー

「ディープ・ブルー」を見ました。
一つ前の記事でプラズマテレビを購入したことを書きましたが、
この新しいテレビで一番最初に何を見ようか迷いました。
で、綺麗で迫力がある映像がいいのでは?ということで
前から気になっていた「ディープ・ブルー」にしました。

ディープ・ブルー スペシャル・エディションディープ・ブルー スペシャル・エディション
アラステア・フォザーギル アンディ・バイヤット ドキュメンタリー映画

東北新社 2005-05-27
売り上げランキング : 1052
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すごいです!
映像が綺麗で、迫力があるというのはもちろん期待以上。
なにがすごいかって、全く自分が知らない地球の姿がそこにあったんです。
32年間生きて、そこそこオヤジになってきたので、
なんとなく世の中のことが分かったつもりでいました。
そんな私の頭をガツーンと叩いてくれました。

自然界の厳しさは私の想像を遥かに越えています。
命のために、他の命が奪われていく。
そんな自然の当たり前の摂理をまざまざと見せてくれました。

見たことも聞いたことも無い姿や生態の生物が、
こんなにも沢山存在することを教えてくれました。

いつも動物園で見ているペンギンや魚たちは、
本当はこんなにもたくましく力強い生き物なんだと発見できました。

明日もう一度子供たちと見ようと思います。
この映画は絶対お勧めです。

私の評価 : ★★★★★(自然ってすばらしい。)
妻の評価 : ★★★★★(一家に一本ディープブルー。)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。