2008年05月06日

ダーウィン・アワード(ウィノナ・ライダーの裸が見れるかもしれいないオマケ付き)

ダーウィン・アワードダーウィン・アワード
ジョセフ・ファインズ ウィノナ・ライダー デヴィッド・アークエット

東宝 2008-04-25
売り上げランキング : 1347

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 ダーウィン・アワード

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ジョセフ・ファインズ(マンデラの名もなき看守)
 ウィノナ・ライダー(シザーハンズ)
 ジュリエット・ルイス(ギルバート・グレイプ)

【ストーリー】
 元刑事の保険調査員マイケル(ジョセフ・ファインズ)は、ダーウィン・アワード対象者を保険適用外にすれば、年間2200万ドルの損失を防ぐことができると証明するため、アメリカ中のダーウィン・アワード対象者を探し出す調査へ旅立つ。変死担当の保険調査員シリ(ウィノナ・ライダー)をパートナーに、調査を進めていくが……。(シネマトゥデイ)

【感想】
『ダーウィン・アワード』って空想の賞だとばっかり思っていたら、
本当に実際する賞だったんですね。

何よりもその事実に驚かされました。
世の中には色んな賞があるもんですねぇ。

■■■GoodPoint■■■
私が映画を好きになるきっかけとなった思い出の作品に
出演していた女優さんが二人も出ていて嬉しかったです。

一人はウィノナ・ライダー。
ジョニー・デップと共演した『シザーハンズ』は、
とても幻想的な映像と物悲しいストーリーで心に刻み付けられた一作。
ティム・バートン監督を好きになるきっかけとなった作品です。
(その後、嫌いになってしまいましたが。。。)

もう一人はジュリエット・ルイス。
こちらもジョニー・デップと共演した『ギルバート・グレイプ』が
大好きな作品で、複雑な家庭に縛り付けられる青年が抱く
自由への憧れとの葛藤を描いたすばらしい作品でした。
(幼いレオナルド・ディカプリオの怪演にビックリ!)

■■■BadPoint■■■
劇中には何人ものお馬鹿な死人たちが出てきます。
例えば"このビルのガラスは頑丈だ"と証明する為に突っ込んだら、
いとも簡単にガラスが割れて本人は転落死、とかね。

でも、どれもこれも「それがどうした!」ってレベルばかり。
腹を抱えて笑い転げる事も無いし、その奇想天外さに驚かされる事も無い。
どれもどこかで見た事があるような、そんな話ばかりで期待はずれだった。

※あまりのダメ作品さに、一緒に見ていた嫁さんに詫びを入れたら
 「外れ映画なんていつものことよ、あなたが選んでくる作品は。」
 なんて言われる始末だし。。。

■■■評価■■■
残念ながら、相当期待はずれの小粒な映画でした。。。
あまり書くことも無いので、この映画の公式サイトにあった
「エログパーツ ウィノナ・ライダーを裸にさせろ」
を貼り付けておきます。
一生懸命クリックするとウィノナ・ライダーの裸が見れるかも?



裸が見れた人も、見れなかった人も是非クリックを!映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年05月04日

舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!
舞妓Haaaan!!!

【鑑賞映画】
 舞妓 Haaaan!!!

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 阿部サダヲアンフェア the movie
 堤真一ALWAYS 三丁目の夕日
 柴咲コウ嫌われ松子の一生

【ストーリー】
 お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社の社長がお茶屋の常連で、仕事で実績を出した公彦はついにお茶屋デビューを果たす。(シネマトゥデイ)

【感想】
宮藤官九郎が脚本を手がけた独自の世界を、
主演の阿部サダヲが超ハイテンションで全力疾走しまくりです!

阿部サダヲの異常なまでのパワフル演技を見ていると
俺も、もっと気合入れて生きなあかんな!
と、なぜか反省モードにさせられました。

■■■GoodPoint■■■
やっぱり私も男ですから、何と言っても
キレイな舞妓さんがいっぱい登場したのが一番!

舞妓

柴咲コウの美しい舞妓姿も良かったし、
たれ目化粧の可愛らしい駒子ちゃんも良かったです。

舞妓

美しい京都の街並みの中を歩く舞妓さん。
 これぞニッポン!
という感じで良かったです。

■■■BadPoint■■■
面白い作品でしたが、あえて文句を付けるなら
堤真一と阿部サダヲが転々と職を変えていく
中盤の展開にはかなり無理があったかな?と。

なんだか映画を作っている側のテンションが上がりすぎて、
 "止まらなくなりました"
という感じで、観客を置き去りにしている印象を受けました。
※コメディー映画ですから、細かい展開に
 文句言わなくてもいい気はしますが。。。

■■■評価■■■
主演の阿部サダヲもさることながら、
周りを固める堤真一や柴咲コウら共演者もみんな生き生き。
きっと撮影現場は楽しかったことでしょう。
そんな雰囲気が画面から伝わってきて、
見ているこっちも明るい気持ちになれる映画でした。

京都のお座敷の独特の世界のお勉強にもなりましたしね。

舞妓はんが大好きな人は是非クリック!映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年04月28日

タロットカード殺人事件

タロットカード殺人事件
タロットカード殺人事件スカーレット・ヨハンソン ヒュー・ジャックマン イアン・マクシェーン

おすすめ平均
starsリラックスして観れる作品
starsさすがウディ・アレン、美女との約束は守る
stars映画の中で口説くなっつうの
stars買いです。
stars少女探偵スカーレット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 タロットカード殺人事件

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 スカーレット・ヨハンソンマッチポイント
 ヒュー・ジャックマンハッピー フィート
 ウディ・アレンメリンダとメリンダ

【ストーリー】
 ロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が舞台に上げられ、中に入った人間の身体が消えては現れるボックスに入れられる。その中で、彼女は著名なジャーナリストの亡霊ジョー(イアン・マクシェーン)と遭遇。急死したばかりの彼から、とっておきのスクープを耳打ちされる。(シネマトゥデイ)

【感想】
ウディ・アレンはスカーレット・ヨハンソンにベタぼれですわ。

マッチポイントに続いて、スカーレット・ヨハンソンが
ウディ・アレン作品の主役に選ばれたこの作品。
"彼女の主演映画を撮りたいから、この映画を作った"
といっても過言ではないかも知れません。

確かにヒュー・ジャックマン演じる貴族男性が
一目惚れするきっかけとなった彼女の水着姿は見事です。
完璧なプロポーションです。
が、インテリジェンスを感じさせないんですよねぇ・・・、
記者志望の学生の割には。

昔はよく「ボイン=バカ」とかいう無根拠な噂がありましたが、
若干本作のスカーレットにはその気が見られたかな・・・、と。

記者魂で事件を追うのか、恋する乙女心で愛を追うのか。
この映画のもっとも中心となる彼女の気持ちの揺らぎも、
なんだか中途半端でよく分かりません。
少なくとも本作に限って言えば、演技ヘタですよねぇ、彼女。

メガネを掛けて、足りないインテリジェンスを補おうとしたのでしょうか?
この作戦は大失敗でした。
彼女の最大の魅力である『妖艶さ』を吹き飛ばしてしまいました。

連続殺人事件を題材にはしていますが、お気楽極楽な展開。
ラストも 「そう来るかい!」といった冗談のようなオチです。
テンポの速いトークによる小笑いネタの連続は
いつものウディ・アレン流で、ところどころクスクスと笑わせてくれます。

とは言え、大した見どころがないというのが正直な感想なので、
ウディ・アレン好きでなければちょっとキツイ映画かもしれません。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年04月21日

ヘアスプレー

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)ザック・エフロン ニッキー・ブロンスキー クィーン・ラティファ

おすすめ平均
stars待ちに待ったDVD!
starsとにかくハッピー☆元気がもらえる映画です!
stars元気がでる作品です。
stars差別する側からの視点
starsダンス&ソング♪プラス笑顔♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 ヘアスプレー

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ジョン・トラヴォルタ(パルプ・フィクション)
 ニッキー・ブロンスキー(本作)
 ミシェル・ファイファー(I am Sam アイ・アム・サム)

【ストーリー】
 あらすじ: おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切り、オーディションに参加する。(シネマトゥデイ)

【感想】
久々のミュージカル映画です。

今まで見たミュージカル映画といえば
何と言っても『シカゴ』が一番でしたが、
その他にも『ウィンター・ソング』や『ドリームガールズ
なんていう作品もありました。
(『ハッピーフィート』もミュージカル映画?)

そういった作品と比べても、この『ヘアスプレー』は
ミュージカル部分の比重がとても重い作品でした。
約2時間の上映中、ほとんど歌っているか踊っているかのどちらか。
なのでこの手の作品が好きではない人には
ある種拷問的な映画かもしれません。

とは言え、ストーリーが全く無いわけでは有りません。
太っちょの女の子が、周りからの冷たい目線にもめげずに
テレビのダンス番組にのし上がっていきます。
そしてそれはやがて人種差別撤廃運動へと繋がっていきます。

そう、テーマは”差別や偏見の撤廃”という立派なものなのです。
そんな重苦しいテーマを扱いながらも、音楽とダンス、
そしてキュートな60年代ファッションで軽やかに描いています。

ジョン・トラボルタの女装もなかなか見ものですし、
クイーン・ラティファ の歌声も相変わらず迫力満点。
(彼女はシカゴにも出ていましたね!)

こう書いてみると見どころ満点な気がするのですが、
見終わった感想がいま一つなのは何故なんでしょうか?
単純に私はミュージカル映画が苦手なだけなんでしょうか?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年04月06日

オー・ブラザー!

オー・ブラザー!
オー・ブラザー!ジョージ・クルーニー ジョン・タトゥーロ ティム・ブレイク・ネルソン

おすすめ平均
stars元気をもらった。
stars「クラーク・ゲイブル」級の伊達男、クルーニー
stars話も、そして音楽も楽しめるロードムービー
starsギャグ満載のほのぼの映画
stars脱獄3兄弟

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 オー・ブラザー!

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ジョージ・クルーニーオーシャンズ13
 ジョン・タートゥーロ(ドゥ・ザ・ライト・シング)
 ティム・ブレイク・ネルソンシリアナ

【ストーリー】
「ファーゴ」「ビッグ・リボウスキ」のコーエン兄弟がジョージ・クルーニー主演で描く痛快コメディ。“宝の山を求めて脱獄した3人の囚人が幾多の苦難を乗り越え手にした物は……”という内容の冒険譚。1930年代、アメリカ南部のミシシッピー州。エヴェレット、ビート、デルマーの脱獄3人組が探しているのは、昔エヴェレットが隠し置いた現金120万ドル。しかし、隠し場所はその後のダム建設で川底に沈んでしまっていた……。(allcinema ONLINE)

【感想】
ちょっと前に見た『ファーゴ』に続いて、またもコーエン兄弟作品です。

脱獄犯3人組の逃亡劇を描いた本作はコメディータッチ全開で、
シリアス雰囲気の『ファーゴ』とは相当毛色が違います。

見終わった感想は
この映画は、大人のおとぎ話だ
というもの。

脱獄の最中には色々な事件が起こります。
良い事もあれば、悪い事も。
でも、そんな浮き沈みの激しさにへこたれずに、彼らは進みつづけます。
やがて、出合った様々な人々や出来事はひとつに集約し、
最後には奇跡のようなエンディングが!

「いや、出来過ぎでしょ!」と思わせる強引なストーリー展開ですが、
こういった映画はそんな肩ひじ張ってみたって仕方ない。
面白おかしく笑って、驚かせて貰って、それで充分です。


印象的だったのは、全編に流れる音楽の素晴らしさ!
オープニングの囚人達の合唱からはじままり、「スブ濡れボーイズ」まで
映画の場面と音楽が最高にマッチしていました。

音楽があり、笑いがあり、
驚きがあり、スリルがあり、
暴力があり、裏切りがあり、
宗教があり、許しがあり、
家族があり、愛がある。

いろいろてんこ盛りの本作は、結構オススメの映画です。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年03月03日

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(完全ノーカット版)髭&MANKINI水着付なりきりBOX (Amazon.co.jp仕様)
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(完全ノーカット版)髭&MANKINI水着付なりきりBOX (Amazon.co.jp仕様)サシャ・バロン・コーエン ラリー・チャールズ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-12-21
売り上げランキング : 12181

おすすめ平均 star
star字幕で楽しめる
star難しい事、考えずに
starちょっとのり過ぎ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 サシャ・バロン・コーエン(スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師)

【ストーリー】
 アメリカ文化をリポートする番組を作るため、カザフスタンからニューヨークにやってきた国営テレビの突撃レポーター、ボラット(サシャ・バロン・コーエン)。ある日、ホテルで『ベイウォッチ』の再放送を見た彼は、パメラ・アンダーソンに一目惚れ。彼女を自分の妻にするため、ロサンゼルスへ向かう。(シネマトゥデイ)

【感想】
かなり度胸のある映画です。
カザフスタンやアメリカを徹底的におちょくっています。
その結果、相当の訴訟を起こされいるらしいです。

映画はサシャ演ずるカザフスタンテレビ局のレポーターが、
国家の命を受けてアメリカへ取材旅行をするというスタイルをとっています。
これあくまでスタイルで、本当の話では有りません。
あくまでコメディ映画ですから。。。

彼はとある事情でアメリカ大陸を横断する事になりますが、
いく先々でトラブル連発です。
初めて乗った地下鉄では手荷物の中に入れていた鶏が逃げだし、
パレードの取材をしたら、それはゲイパレードで
事情が良くわからないまま彼らにオカマを掘られそうになり、
フェミニストとの対談では女性は男性に比べて
脳みそが少ないと熱弁してあきれ返られ、
食事会に友人と称してコールガールを呼んで追い出され。。。

くだらないシーンの連発で全く意味が無さそうではありますが、
皆が守る一般常識をあえてすべて否定し覆す事で、
逆にそれら常識の実態が浮き彫りにされています。
あえて触れないアンタッチャブルな話題をちゃかすことで、
それら問題を再認識させる。
もしかすると、この映画は常識に対するアンチテーゼな
深い意味を持った作品なのかもしれません。

(多分、私の考えすぎですが。。。)

しかし、この映画の主演したサシャ・バロン・コーエンに
主演男優賞を送ったゴールデン・グローブ賞って
相当懐が深いんだなぁ、と作品にはあまり無関係なところで
感心させられてしまいました。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年02月17日

普通じゃない

普通じゃない (ベストヒット・セレクション)
普通じゃない (ベストヒット・セレクション)ユアン・マクレガー ダニー・ボイル

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-11-21
売り上げランキング : 8898


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 普通じゃない

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ユアン・マクレガービック・フィッシュ
 キャメロン・ディアスマルコヴィッチの穴
 ホリー・ハンター彼女を見ればわかること

【ストーリー】
 「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督が、ユアン・マクレガー、キャメロン・ディアスを迎えて描くロマンティック・コメディ。心優しい誘拐犯とタフな社長令嬢とのアンバランスな恋の行方を、オフビートな笑いに包んで描く。共演にホリー・ハンター。人気小説家になる事を夢見ながら、巨大企業の清掃人として働くロバート。突然クビになった事に抗議に向かった彼は、そこにたまたま居合わせた社長令嬢を誘拐するハメになてしまう...。

【感想】
いやぁ、気持ちいい位の『超B級映画』でした。
わざとB級感を強調しているとしか思えない
安っぽさとムリあり過ぎのストーリー展開です。

出演者は超豪華なんですよ。
後に「スター・ウォーズ」の若きオビ・ワン役を射止めるユアン・マクレガー
ラブコメを中心にヒット作を連発のキャメロン・ディアス
天使役のホリー・ハンターなんてアカデミー主演女優賞受賞者ですからね。
その豪華出演者達を使ってドタバタコメディーですから。。。

絶対に興行収入とか意識していない、その潔さに天晴れです。

特に笑えるのは天使役の二人。
天使のくせに拳銃撃ちまくるし、ユアン・マクレガー埋めようとするし、
やることなすことどう考えても悪魔です。
逃げようとする車にしがみつき、這い上がってきたときのホリー・ハンター。
血だらけに不気味な笑顔で拳銃を振り回すシーンはまさにホラー映画そのもの。
さすがオスカー女優はいっちゃってる演技もスバラシイ!

人によって好き嫌いが激しく分かれそうな映画ですが、
私は結構気に入りました。
型にはまったハリウッド大作に見飽きた人なんかには結構オススメかも?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(コメディー)

2008年02月04日

スペーストラベラーズ

スペーストラベラーズ
スペーストラベラーズ金城武 深津絵里 安藤政信

おすすめ平均
starsかっこいいやつらに乾杯!
stars本広監督をもっと評価しろ、日本映画界!
starsスペーストラベラーズ
starsby金城武
starsあなたはいま、なにをしていますか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 スペーストラベラーズ

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 金城武ウィンター・ソング
 深津絵里深津絵里のblack comedy ブラコメ
 渡辺謙明日の記憶

【ストーリー】
 孤児院育ちの3人組、西山、高村、藤本たちは、閉店間際のコスモ銀行を襲撃。だが計画は呆気なく失敗し、彼らは警察に取り囲まれてしまう。戸惑った西山たちは、銀行内にいた行員や客らを犯人に見立てるという奇抜なアイデアを思い付くが・・・。

【感想】
ひっちゃかめっちゃか、って言うんですかねぇ、こういうの。

ストーリー展開がとんでもなく飛躍しまくりなくせに、
説得力のある説明が一切行なわれない。

銀行強盗と襲われた銀行の行員と、
それとたまたま居合わせて人質となった一般のお客が、
なぜか意気投合して一緒に『銀行強盗ごっこ』を始めます。

が、そこへ行き着くまでの説明が極端に不足していて
 「まぁ、銀行強盗を演じるのも結構面白いかも!
くらいのノリしか理由が語られません。。。

そして、見ているこっちが
 「そんなアホな。。。
とあきれているうちに、いつも間にか映画は終わっていました。

ある映画本にオススメされていたのと、
嫁さんが金城武好きなので借りたんですが大失敗でした。
でも、レビューとか見ると結構評判良かったりするんですよねぇ。。。
(どこが面白いのか、教えてください。)

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年01月27日

キサラギ

キサラギ スタンダード・エディション
キサラギ スタンダード・エディション香川照之 ユースケ・サンタマリア 塚地武雅(ドランクドラゴン)

おすすめ平均
starsまさかブルーリボン賞受賞とは・・
stars映画は舞台を越えられない
stars期待しすぎてつまらないと言うことはよくあるのだが・・・
stars愛すべきマイナー系映画
stars繰り返しつい観てしまう面白さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 キサラギ

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 小栗旬クローズZERO
 ユースケ・サンタマリア踊る大捜査線 THE MOVIE
 小出恵介恋空
 塚地武雅東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
 香川照之ゆれる

【ストーリー】
 売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)ら5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、「彼女は殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始め……。(シネマトゥデイ)

【感想】
上の主な出演者の欄に珍しく5人も書きましたが、
なぜかと言うとこの映画には基本的にこの5人しか出てこないからです。
しかも、映画の舞台はあるビルの屋上にある一室のみ。
自殺したアイドルの一周忌に、5人のアイドルオタクが集まり、
この一室で自殺の真相を探るというワンシチュエーション映画なのです。
※場面はずーっと同じだし、登場人物もずーっと同じ。
 よっぽど脚本がよく出来ていないと持たないです、普通。

以前見たこれに近い映画というと、
ある裁判所の一室で12人の陪審員が裁判の判決を語り合う
 『12人の優しい日本人
という作品がありましたが、その他には思いつきません。
なかなかお目にかかれないスタイルです。
やっぱり難しいジャンルの映画スタイルなんでしょうね。
※ちなみに『12人の優しい日本人』はかなりオモシロイです。

で、今回見た『キサラギ』はどうかというと、

 これがかなり面白い

真面目な顔をしながら繰り出される
コメディータッチのセリフや演技に、そこいら中で噴出します。
(香川照之さんがカチューシャを付ける苺娘すがた最高!)

更に、ストーリーが進むにつれて徐々に明らかになる5人の素性と、
二転三転するアイドル「キサラギ」の自殺の真相。。。
練りに練られた脚本に思わず唸ってしまいます。

ちなみにこの映画の原作・脚本の古沢良太さんは、
『ALWAYS 三丁目の夕日』の脚本も手がけているとのこと。
5人が辿り着いた事件の真相では、ちょっと良い話にホロリなんて場面も。

笑いあり、推理サスペンス(?)あり、涙あり。。。
様々な要素が凝縮された秀作です!


爆弾が爆発したり、建物が壊されたりなんて派手な演出がなくても、
面白い映画は作れるというお手本のような映画です。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(コメディー)

2008年01月21日

亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版上野樹里 蒼井優 岩松了

おすすめ平均
starsスパイは平凡がいの〜ち ^^ ふんにゃ
stars恋人と観て、笑いましょう。
starsなんだぁその頭ぁ!!
starsあずきぱんだちゃん♪
stars徹底したナンセンスさがいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 亀は意外と速く泳ぐ

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 上野樹里スウィングガールズ
 蒼井優フラガール

【ストーリー】
 平凡な主婦・片倉スズメ(上野樹里)は、ある日スパイ募集の張り紙を見て、応募。活動資金500万円を渡され、スパイ生活を始めるが……。(シネマトゥデイ)

【感想】
確かに亀、出てきますが。別に速く泳いだりはしません。
ま、そんなことはどーでもいいんですが。

脱力系映画です。
笑いの小ネタがあちこちにちりばめられていて、
クスッ、クスッ、と小笑いが出てきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
地味で平凡な主婦が、突然スパイになる。
本人にはなにが起きているかよく分からないが、
確かになにか起きているらしい。
 公安が彼らを探しに街に来るし、
 地引網をしていたら死体が上がってくるし。

でも、当人の生活は何ら変わらずに過ぎていく。
憧れの先輩がハゲでズラだった事が判明したり、
幼なじみの友人が借金で突然逃亡したり、
パーマ屋(?)に行ったらアフロくずれの
オバちゃんパーマにされたり、なんてことは起きるんだが。
−−−−−−−−−−−−−−−−−

ストーリーに意味は無いし、
決して大笑いする訳ではないです。
力を抜いて、何も考えず、ボーっとに見る、
そんな映画です。


世の中いろいろと面倒くさかったり、
大変だったりすることが多いので、
たまにはこういった映画で
頭をリラックスさせるのもアリかな、と。

それに上野樹里さんや蒼井優さんも
とってもかわいいですしね。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(コメディー)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。