2007年11月18日

パリ、ジュテーム

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション
パリ、ジュテーム プレミアム・エディションナタリー・ポートマン;イライジャ・ウッド;ジュリエット・ビノシュ;スティーヴ・ブシェミ;ウィレム・デフォー;リュディヴィーヌ・サニエ;ファニー・アルダン;ジーナ・ローランズ;ベン・ギャザラ;ミランダ・リチャードソン トム・ティクヴァ;ガス・ヴァン・サント;ジョエル&イーサン・コーエン;アルフォンソ・キュアロン;ウォルターサレス;アレクサンダー・ペイン;イサベル・コイシェ

おすすめ平均
stars好き嫌いがわかれる作品
starsパリ大好き人間にはとってもおすすめ
stars18個のキャンディー
starsパリ、様々な愛と別れ
starsパリに行ってみたくなる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 パリ、ジュテーム

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ナタリー・ポートマンレオン
 イライジャ・ウッドロード・オブ・ザ・リング
 ジュリエット・ビノシュ(ショコラ)

【ストーリー】
  深夜のマドレーヌ界隈で、今まさに人間を襲ったばかりの美しいヴァンパイアと出くわしたバックパッカーの青年(イライジャ・ウッド)。立ち去ろうとするヴァンパイアに心奪われてしまった彼は、わざと自分の手に傷をつけて血を流し、彼女を引きとめようとするが……。(第14話「マドレーヌ界隈」)(シネマトゥデイ)

【感想】
今日、小金井公園へ行って来ました。
妻の友達の家族と待ち合わせ、
紅葉進む秋の公園で、お弁当を広げ
ちょっとしたピクニック気分です。
小金井公園は誘われていったのですが、
木で出来た迷路や、ソリで滑るスキー場、
貸し自転車のサイクリングコースと
色々楽しむものが多く、とても面白かったです。
秋で日が暮れるのが早く、家の子供達は
もっともっと遊びたかった、と帰り際に言っていました。

さて本題ですが、昨晩は
 「パリ、ジュテーム
という映画を見ました。
パリの各地区を舞台にした人間ドラマの数々を、
1話約5分間の全18話の構成で見せる短編映画集です。

ほんとうに1話1話は短い。
始まったと思ったら、もう終わってしまいます。
ストーリー重視派の人には、ちょっと厳しい作品です。
(うちの奥さんもその一人で、途中で寝ちゃいました。)

私はパリへ行ったことがありません。
だから、パリの様々な景色を
変わるがわる見せてくれるこの映画は、
「パリ観光映画」として面白かったです。

パリで想像できるのは、せいぜい
「エッフェル塔」と「凱旋門」くらいの私にとって、
パリは人々が生活をする街であるという
当たり前のことを感じさせてくれました。

短編過ぎて一つ一つのストーリーは大味ですが、
豪華なキャストとちょっとひねられた脚本の数々に、
”パリ”という一言では表現できない
歴史ある街の多面性を教えてもらいました。

同じように
東京、大好き
なんてオムニバス映画を作ったら、面白そうですね。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(家族・愛)

2007年10月30日

マーサの幸せレシピ

マーサの幸せレシピ
マーサの幸せレシピマルティナ・ゲデック セルジョ・カステリット マクシメ・フェルステ

おすすめ平均
starsキースジャレットの音楽が良い 
stars
stars美しい仕事、美しい人、の幸せ
stars大切な人と生きることの充実感を教えてくれます。
starsエンディングの解釈は?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演で
幸せのレシピ」という作品に
ハリウッド・リメイクされた映画が
マーサの幸せレシピ
という今回の作品。

この作品はドイツ映画だそうですが、
見たことないなぁ、ドイツ映画なんて。。。
どうも『堅そうな作風』を想像してしまう私は
国際感覚に乏しい人間なのでしょうか?
例えば
 日本人はいまだにチョンマゲしてる、
 アフリカじゃどこでも象やライオンに会える、
とかね。

そんな
 『ドイツ=お堅い
といった貧困な発想しかできない私の無能は置いといて、
さすがハリウッドでリメイクされる作品なので
なかなか面白い映画でした。

神経質な女性コック。
仕事一筋で、何の楽しみも無い人生を送る彼女。
そんな彼女の元へ届く突然の姉の死。
そして残された姉の一人娘を引き取る事に。
時を同じくして、彼女の職場に新しいシェフが現れる。
静かだった彼女の人生は、急遽取り乱されていく。

人生にとって大事な物は何?
 完璧に自分の思い通りに進むが、
 淡々として何の面白みも無い人生?
  それとも思い通りに行かない事は多いけど、
  愛する家族・恋人・友人とともに歩む人生?
そんな語りかけをしてくれる作品です。

ちょっと多くの要素を取り入れすぎで、
一つ一つの描き方が雑な気はしますが、
細かい事は言いっこなし!
登場してくるイタリア人シェフのように
細かい事は気にしない!
方が絶対に人生楽しめますもんね。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

【過去関連記事へGo!】
 ■幸せのレシピ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(家族・愛)

2007年10月11日

恋におぼれて(メグ・ライアン)

恋におぼれて
恋におぼれてメグ・ライアン マシュー・ブロデリック ケリー・プレストン

おすすめ平均
starsNo real surprises or chemistry
stars偉大で健気な男のお話
starsメグファンだけど・・・
starsメグ・ライアン新境地?
starsラブコメの王道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元祖ラブコメの女王といえばメグ・ライアンですね。

最近、このジャンルの作品といえば
ドリュー・バリモア主演作ばっかり見ていました。
自己分析をすると
デーロ・ウィズ・ドリュー
の影響かなと思います。。。

新興勢力も大事ですが、
時には原点を振り返る事も大切です。
今回は嫁さんが1997年の作品
恋におぼれて
を借りてきてくれました。

======================
信じ切っていた恋人に裏切られた、
カメラマン件コラージュ・アーティストのマギー。
彼女はある時、天文学者のサムと出会う。
彼もまた恋人のリンダにふられ、彼女を追ってきていた。
そんな2人は互いの恋人が現在同棲中という事実を知る。
マギーたちは、彼らの仲を裂くため一致協力するが・・・。
======================

とにかく借りてきた嫁さんは大満足だったようです。
理由はさて置き、この手の映画を見たい女性には
文句無くオススメの映画なんでしょう。
ちなみに、Yahoo!映画のユーザーレビューも
総合点4.5点とかなり高めです。

ちなみに男性の目から見ると、
 全身皮のライダースーツで、バイクを乗り回し、
 自分を振った元彼氏に異常なまでの復習を繰り返す。
といった役を演じているメグ・ライアンに違和感を覚えます

彼女のイメージは
 可愛くて、
 無邪気で、
 ニコニコしてて、
 ちょっと不器用で、
 ・・・
なんて感じで、いわゆる
 男好きする女性
なんですよね。
だから、あんまり逞しくなられては困るんです!
何事もイメージは大事ですよ!

・・・。
そんなイメージが強すぎるせいですかね。
最近めっきり出演作がなくなってしまったのは。。。
ま、彼女も40代半ばですからねぇ。。。
ラブコメの女王も無いわなぁ。。。


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(家族・愛)

2007年10月08日

ラブソングができるまで(ドリュー・バリモア)

ラブソングができるまで 特別版
ラブソングができるまで 特別版ヒュー・グラント. ドリュー・バリモア. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン マーク・ローレンス

おすすめ平均
starsまさに王道
starsヒューとドリューの王道ラブコメ
starsおもしろかった!!
stars大好き!!
stars♪♪♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドリュー・バリモア第三弾。
最新作の
ラブソングができるまで
です。
ヒュー・グラントとの共演で
なかなかのヒット作となりました。

====================
すっかり人気のなくなった80年代のポップスター、
アレックス(ヒュー・グラント)。
そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫から
デュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。
絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、
彼に作詞の経験はない。そこで、彼は作家志望の
ソフィー(ドリュー・バリモア)を巻き込むことに。
(シネマトゥデイ)
====================

ラブコメ映画として、とても楽しめる作品です。
笑いどころも多く、ラストでは期待通り
しっかりと愛が成就します。
恋人同士、家でしっぽり見るにはこの秋最適かもしれません。

ヒュー・グラントはダメ男を演じさせれば
右に出る者が居ませんが、この配役はそんな彼にピッタリ!

しっかり者だが、ちょっと変わり者という役も
ドリュー・バリモアに適役。

この映画の勝因の一つは配役でしょう。

私が一番気に入ったのはヒュー・グラントが昔所属した
ポップスアイドルグループのPV。
この出来が最高です。
今見ると妙な、でも80年代当時はウケていたんだろうなぁ、
という絶妙な映像は爆笑必死です。


ラストのマディソン・スクエア・ガーデンのシーンでは
結構な観客を動員していて、結構お金が掛かっていそうです。
この手の
 「一気にお金を使ったラスト」
は前にひとつ前に見た「2番目のキス」の
スタジアムでのラストシーンにも通じるものがあります。
これがドリュー・バリモア映画の定番ラストということで、
これからもしばらくは続きそうです。

しばらくは彼女主演のこの手の映画が
毎年1〜2本作られるんでしょう。。。
なんていっても2007年最も美しい女性、
それがドリュー・バリモアですから。


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(家族・愛)

2007年09月23日

25年目のキス(ドリュー・バリモア)

25年目のキス
25年目のキスドリュー・バリモア デイビッド・アークェット ジョン・C・ライリー

おすすめ平均
stars好き!
starsまぃふぇヴぁりっとです。
stars内容は悪くないが、展開に不可解さが。。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先週見た「2番目のキス」に続き、今週も
ドリュー・バリモア主演のラブコメです。
タイトルは
 「25年目のキス
なんだか、彼女の出演作は似たようなタイトルが多くて、
他に「50回目のファースト・キス」なんてものあります。
ちょっと日本の配給会社のネーミングセンスを疑いますねぇ。
(いちいち考えるの面倒クセー!って思っていない?)

==========================
ドリュー・バリモアが、ひょんなことから17歳の高校生に
成りすますことで巻き起こる騒動を描いた
学園ロマンチック・コメディ。
ジョジーは名門紙のコピー・エディター。
高校時代はいじめに遭い、
25歳になるのに本気でキスされたこともない。
そんな彼女が10代の実態のリポートを命じられる。
いやいや17歳に化けて高校に潜入するのだが……。
==========================

この作品、
 脚本も、演出も、出演者も、
そろいも揃って安いニオイがプンプンします。
作品の完成度としては立派に『B級映画』です。

25歳の立派な社会人が、いきなり高校へ潜入して
 バレないはずが無いだろう

という見ている誰もが抱く疑問に一切答えてくれません。
そんなことお構いなしで、映画はどんどん進行します。
 「ちょっとは回りの高校生も疑ってください」
と見ているこっちは思うんですが。。。

その後の展開は、昔ながらの学園もの定番シーンの連続。
 転ぶ!
 洋服をドアに挟んで破く!、
 いきなり開いたドアに頭をぶつけて気を失う!
とかね。
 ”どっかで見たなぁ。。。”
のオンパレード。
よっぽど脚本練るのが面倒くさかったのかなぁ。

更に肝心のドリュー・バリモアの演技も今ほど自然体でなく、
なんだか一生懸命に演技しています!
といる感じがひしひしと伝わってきてしまいます。
うそ臭いストーリーとオーバーな演技が相まって、
なんだか月9ドラマを見ているような錯覚を覚えます。

先週見た「2番目のキス」では、
これほどの”作り物感”を感じませんでした。
「25年目のキス」が1999年の作品で、
「2番目のキス」 が2005年の作品。
この間のドリュー・バリモアの6年間の成長度合いが
この2作品の違いとして良く出ていると思います。


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

【過去関連記事へGo!】
 ■2番目のキス(ドリュー・バリモア)
 ■デート・ウィズ・ドリュー(ドリュー・バリモア?)
 ■子役の成功と挫折、そして復活
posted by 鉄蔵 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画(家族・愛)

2007年09月17日

2番目のキス(ドリュー・バリモア)

2番目のキス
2番目のキスボビー・ファレリー; ピーター・ファレリー

おすすめ平均
starsスィートキャロライン♪大合唱
stars『愛しのローズマリー』に迫る面白さ!上質なラブコメ!!
stars野球好きのボーイフレンドを持つ前に見ようね。
starsレッドソックスのシーズンにあわせて進む恋愛
stars毒なしファレリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日「デート・ウィズ・ドリュー」を見てから
ちょっと気になる女優がドリュー・バリモア
彼女、タイム・ワーナー社の「People」という雑誌で
2007年最も美しい女性第1位」に選ばれたんです。
正直、
世界一きれいって言うほど、きれいかぁ?
と私は思うんです。
アメリカでは絶大な人気らしいですが、
国民性の違いなんでしょうかねぇ。。。

さて、そんな彼女の主演作
2番目のキス
を見ました。

=========================
数学教師のベン(ジミー・ファロン)は、
リンジー(ドリュー・バリモア)の会社に生徒を連れて
社会見学に行ったとき彼女に一目惚れする。
ビジネスエリートの彼女と一介の教師の彼は
まるで住む世界が違ったがつき合い始める。
すべてはうまく行くように思えたのだが、
ベンがボストン・レッドソックスの熱狂的なファン
だったことから問題が生じて……。 (シネマトゥデイ)
=========================

大好きな人の、大好きなことを、あなたも愛せるか?
そんなテーマの作品です。

私は映画に出てくる男性のような熱狂的な趣味はありません。
このブログを書いている程度に映画鑑賞が好きなことと、
今年始めたインラインスケートくらいなもんです。
どちらも嫁さんや家族と比べれば、いつでも止められる、
そんな程度の熱の入れようです。

インラインスケートは一緒にやってもらえませんが、
家での映画鑑賞はいつも嫁さんと一緒です。
大概、私の選んできた作品は嫁さんから
ダメだし
を食らうんですが、それでも毎週末付き合ってくれます。
ホント、いい嫁さんです。

そんな彼女もこの映画は気に入ってくれました。
彼女曰く
恋愛コメディーに外れなし!
とのこと。
笑いあり、涙あり、恋愛あり。
小難しい社会派ドラマや、悲惨な戦争ものよりも
よっぽど安心して楽しめるんだそうです。

私はどんなジャンルの映画も好きなんですが、
夫婦仲が微妙になったら恋愛コメディーを借りてきて
ご機嫌をとろうと思います。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(家族・愛)

2007年07月25日

イルマーレ(キアヌ・リーブス)

イルマーレ
イルマーレキアヌ・リーブス サンドラ・ブロック ディラン・ウォルシュ

おすすめ平均
starsちょっと物足りない・・・
starsレイク・ハウス
starsロマンチックで素敵でした〜♪
starsストーリーが苦手...。
stars最高。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、仕事がいきなり忙しくなってきて、
毎日25時帰りです・・・。
古い言い方をすると「午前様」って言うんですかね?
酒飲んでそれなら良いんですが、
毎日仕事でこれじゃぁねぇ。。。
体が持ちそうに有りません。

そんなしけた事を言っている私は、昨日で34歳になりました。
ま、この年になると誕生日なんてどうでもいいんですが。。。

さて、今日は日曜日に見た
 イルマーレ
の感想を、遅ればせながら書きます。
とはいっても、疲れ気味なので簡潔に。

キアヌ・リーブスサンドラ・ブロック
スピードコンビによる一風変わった恋愛映画です。
二人は2年間時代がずれた世界で文通を続けます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2006年、シカゴの病院で働くことになった
女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、
湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことに。
郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、
後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる
建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)
からの手紙だった。 (シネマトゥデイ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そんな奇妙な文通が愛を育むのですが、
なにぶん時代がずれているので上手い事いきません。
果たして、時代を超えて(って言ってもたったの2年!)
二人の愛は成就するのか?という映画です。

途中結構だるい感じで進みますが、
ラスト20分くらいはいい感じでテンポ良く進みます。
このラストの展開が私にはちょっと予想外だったので
結果として映画全体が好印象となりました。

「あ〜!この出来事って、こう繋がるんだぁ。」
と、中だるみだと感じていた中盤の話が、
上手い事最後に繋がっていくのは気持ちの良いものです。
素晴らしい!と絶賛するほどではありませんが、
こじんまりと上手く纏まった作品だと思います。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(家族・愛)

2007年07月22日

ウィンター・ソング(金城武)

ウィンター・ソング
ウィンター・ソング金城武 ジョウ・シュン ジャッキー・チュン

おすすめ平均
starsマイナス点をストリーテリングの構造的面白さと美しい映像でカバー
stars魅惑的な野心作
stars‘愛’について考えさせられました
stars苦しい愛ですね
stars残念!ミュージカル抜きで観たかった・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


嫁さんが昔から金城武さんのファンで、
いつの間にか彼主演の映画
 「ウィンター・ソング
を借りてきてくれていました。
ということで、今週はこれを鑑賞です。

いきなりオープニングにビックリです。
ゾロゾロ人が集まってきて、歌い踊りだすのです。
そう、この作品はミュージカル映画なんです。
このジャンルって当たり外れが大きいですよねぇ。。。
ついこの間も「ドリームガールズ」で外したばかりだし。
そんな心配をしながらの鑑賞開始となりました。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(家族・愛)

2007年06月11日

恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜(サラ・ジェシカ・パーカー)


恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜 スペシャル・コレクターズ・エディション
恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~ スペシャル・コレクターズ・エディションマシュー・マコノヒー トム・デイ サラ・ジェシカ・パーカー

おすすめ平均
starsテンポ良いラブコメ☆
stars動物に噛まれる主人公
stars大人のロマコメ
starsサラ大好き!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、自分の性格がなかり歪んできたなと感じます。
映画を見たり、本を読んだりすると、
良いところよりも悪いところばかりが目に付くんです。
このブログもすっかりダメだし記事ばかりになりました。
(井筒監督ほどではないですが。)
後で読み返してみると、自分でも
 「お前、何様だ!
と思います。
これ以上自分の性格が歪んでいかない為にも
これからは「良いところ」・「悪いところ」
それぞれを書くように心がけていきたいと思います。

さて今回見たのは、「SEX and the CITY」で有名な
サラ・ジェシカ・パーカーが主演する
恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜
です。

食事や洗濯・掃除などの家事一切を母親に依存し、
自分は自由気ままに遊び歩いている
30代半ばで、独身の実家暮らし男性。
そんなお荷物オトコを自立させようというおはなしです。

主人公のサラの仕事は男性を自立させること。
そんな彼女の作戦は単純明快。
自分の美貌を武器に男性にせまり、
自分に恋をした頃を見計らって
「あなたとゆっくり過ごしたいから、
 実家を出て一人ぐらししてよ〜。」
とねだる。
なんて自信過剰で、安易な作戦だこと。
これまではこの作成が成功したようですが、
今回のターゲットであるマシュー・マコノヒーには
残念ながら通用しません。
彼の友達経由でこの作戦がばれ、
おまけにサラの方が彼に本気で恋してしまいます。
さてさて、彼の自立は上手くいくでしょうか?
そしてサラの恋心の行方は?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:映画 批評 恋愛
posted by 鉄蔵 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画(家族・愛)

2007年06月08日

リトル・ミス・サンシャイン(スティーヴ・カレル)

リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャインアビゲイル・ブレスリン ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス

おすすめ平均
stars近年マイベスト級☆
stars負け組家族の再生旅行
stars最高!! ★5つ以上
stars笑えて泣ける!
starsなごみます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ものすごい不幸の短期間集中豪雨に見舞われながら、
徐々に家族の絆を取り戻していく。

そんなロードムービーが
リトル・ミス・サンシャイン
です。

決して可愛くは無い娘が
なぜかミスコン決勝大会に出場することになりました。
そこでボロボロ車に家族全員を詰め込んで、
決戦の地ロサンゼルスまで走ります。
その道中に次から次へと不幸が襲います。
父親が大金をつぎ込んだ仕事はダメになり、
その影響から夫婦仲は最悪に。
自殺未遂をした叔父さんは、その原因となった
失恋相手にエロ本購入中にばったり出会ってしまい、
おじいちゃんはコカインのやりすぎで死んでしまいます。
お兄ちゃんの唯一の夢はパイロットになることなのですが、
夢を実現するには致命的な色盲であることが発覚します。
不幸は家族だけかと思ったら、
追い討ちをかけるようにボロ車がどんどん壊れていきます。
クラッチが壊れ、スタート時は手で押さないと走らなくなり、
クラクションは壊れて鳴りっぱなしです。

一日や二日の間に、こんなに不幸が続いて良いのか?
と思うくらいに次から次へと事件がおきます。


でも不思議ですね。
そうやって起こった不幸を必死に乗り越えて幾たびに
だんだん家族の絆が蘇ってくる
んです。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画(家族・愛)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。