2006年12月15日

ジェームス・ディーン 年を重ねて得たもの、失ったもの。

昨日の会社帰り、
友達に両脇を抱えられ泣きながら歩く若者を見た。
どうも一生懸命友達に謝っているらしいのだが、
何を言っているのかまでは泣き声でよく聞き取れない。
両脇を抱える友人たちは
 「お前だけが悪いんじゃないよ!俺達だって悪かったよ!」
と一生懸命なだめている。見たところ20歳前後と思われ、
 「若いなぁ。俺にもあんな熱い頃があったなぁ・・・。
と感慨深げに彼らの様子を見入ってしまった。

理由なき反抗 スペシャル・エディション
理由なき反抗 スペシャル・エディションジェームス・ディーン ニコラス・レイ ナタリー・ウッド

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-09-08
売り上げランキング : 45778


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今の私は彼らのような若さゆえの情熱を
間違いなく失ってしまったと思う。
世間や周囲と合わせ、妥協することにより、
熱さを失い、どんどん丸くなってきている。
だがそれは同時に、
 「周囲との協調性や相手を思いやる心を持った」
ということでもある。
 「年を重ねてきた私が失ったものと得たもの、
 どちらがより大きいのだろう?

そんなことを彼らが通り過ぎた後に考えてしまった。

若者の姿を代表する映画スターといえば
 ジェームス・ディーン
を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。
代表作としては「理由なき反抗」という題名の映画がある。
タイトルの通りに世間や大人達に反抗し、衝突する。
その姿勢に同年代の若者は同調し、熱狂する。
私も若い頃に映画を見て、
 「ジェームス・ディーンってかっこいいなぁ・・・。
と憧れる一人であった。

では、年を取った今はどうだろうか?
結婚をし、子供も居る身になり、大分印象が変わってきた。
若者は
 「大人は俺達のことなんか、なにも分かってくれない!
と訴える。
たが、そう言う自分だって大人の苦労なんて何も知らないのだ。
家があり、食事があり、洋服があり、学校へ行ける。
子供の頃は、私もそんなの当たり前のことだと思っていた。
でも本当はそうではないのだ。
一生懸命、親が働いてくれるからこそ
当たり前の生活がおくれるのだ。
 職場では自分の気の進まない仕事もやらなければならないときがある。
 自分よりよっぽど年下の客に怒鳴られることだってあるだろう。
 しかし、大人はそれを耐えられるのだ、家族のために。
そんなことが分かるようになって、
最近はすっかり
 「青春映画」
というジャンルの作品を見なくなってしまった。

そんな私が失ったものと得たもの。
結局のところ、どちらがより大きいのだろうか?


■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

B00005G1V5ジェームス・ディーン物語
ロバート・アルトマン ジョージ・W.ジョージ ジェイムス・ディーン
ハピネット・ピクチャーズ 1999-07-25

by G-Tools


B0009WQH2Oジェームズ・ディーンのすべて / 青春よ永遠に
ジェームズ・ディーン
紀伊國屋書店 2005-08-27

by G-Tools


B0009J8G4Oジェームス・ディーン物語
ジョージ・W.ジョージ ジェイムス・ディーン クラーク・ゲーブル
ハピネット・ピクチャーズ 2005-07-16

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年12月14日

年末年始映画。「武士の一分」と「硫黄島からの手紙」のどっちを見る?

木村拓哉主演の「武士の一分」か、
渡辺謙主演の「硫黄島からの手紙」か。

誰?-WHO AM I?
誰?-WHO AM I?渡辺 謙

ブックマン社 2006-05-23
売り上げランキング : 36542

おすすめ平均 star
star最高の映画宣伝
star自問自答の中で得られたものは何だったのか。
star自分と向かい合って

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12月に入り、年末年始映画が出揃ってきました。
その中でも「武士の一分」と「硫黄島からの手紙」の2作品は
話題性・観客動員ともに別格といえる作品です。

まずは「武士の一分」ですが、
 原作:藤沢周平(たそがれ清兵衛 など)
 監督:山田洋次(男はつらいよ シリーズ など)
 主演:木村拓哉(2046 など)
とそうそうたる名前が並びます。
特に木村拓哉さんは時代劇初出演ということもあり、
今までと違った魅力を見せてくれています。
 過去記事1:「武士の一分」大入り!
 過去記事2:木村拓哉主演、武士の一分 もうすぐ公開!

一方の「硫黄島からの手紙」は
 監督:クリント・イーストウッド(ミリオンダラー・ベイビー など)
 主演:渡辺謙(ラスト サムライ など)
と、こちらもメンバーでは引けを取りません。
更にアメリカでの映画賞獲得などのニュースも飛び込んできました。
アカデミー賞の夢ではないのでは?などのうわさもちらほら・・・。
 過去記事1:「硫黄島からの手紙」はヒットの予感!
 過去記事2:クリント・イーストウッドとスピルバーグの2ショット

こんな2作品の現在の状況は一進一退と言った模様。
ともに観客動員は順調で、
直近の動員数調査結果では1位・2位だったとのこと。
最終的にはどちらも興収40億円を超えるのでは?
と言われていますので、
いずれにしてもビッグヒットは間違いない状況です。

今後の予想はどうでしょうか?
アカデミー賞への期待も膨らみ、何かとニュースになりそうな
硫黄島からの手紙」が若干優位との記事も出ています。
ただ、個人的には「武士の一分」で木村拓哉さんの妻役を演じた
檀れいさんをテレビで見て大好きになったので、こちらを応援します。
 過去記事:宝塚出身の檀れいさん。ブレイク間違いなし!

そんなことを言いつつも、
本心では12月16日からル・テアトル・銀座で公開される
 「あるいは裏切りという名の犬
というフランス映画が、今一番みたい作品です。
この映画に関する過去記事はこちら!
 過去記事:あの大物同士が初競演
骨太の男の世界が堪能できる作品らしい。
毎日会社帰りにル・テアトル・銀座の前を通る度に
気になって仕方がない、そんな毎日です!
(実際に見に行ったらレビューを書きます。)

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(6) | 映画(時事ネタ)

2006年12月13日

スパイク・リー監督,久々の骨太映画!

スパイク・リー監督が久々に骨太のテーマで映画を制作します。
92年のLA暴動を題材として映画で、タイトルは
 「LAライオッツ
です。(”ライオット”は暴動の意味らしい。)
92年に発生した黒人によるLA暴動事件をテーマにした映画です。

ドゥ・ザ・ライト・シング
ドゥ・ザ・ライト・シングダニー・アイエロ スパイク・リー ジョン・タトゥーロ

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-10-12
売り上げランキング : 38109

おすすめ平均 star
starタブーの題材

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スパイク・リーの昔の作品は、
アメリカの黒人差別に対する主義主張が色濃く出ていました。
とくに黒人開放運動指揮者を題材とした
 「マルコムX
などは、その際たるものです。
そしてブラックミュージックを巧みに取り入れ、
ビート感溢れる映像がお気に入りでした
(当時の私はラップが大好きでした。)

しかし、最近の彼の作品はそういった骨太の作品が影を潜め、
大衆向けの娯楽作が多くなってしまった気がしていました。
ハリウッドの商業主義に染まってしまったのか?
と昔の作品のファンである私は残念に思っていました。
(ちょっと前に見た「インサイド・マン」とか)
 過去記事:「インサイドマン」レビュー

そんな中での今回の作品。
久々にスパイク・リーらしさを期待できそうです。
89年に監督した「ドゥ・ザ・ライト・シング」は、
後に発生したLA暴動を予見したと言われました。
それだけ、当時の彼は黒人社会の真っ只中に居て、
真の現状を理解していたのだと思います。
だからこそ、予見的な映画が作れたのでしょう。
では、今回はどうでしょうか?
ハリウッド商業主義に染まってしまっていたら、
表面的な問題だけを取り上げ、
後は客が多く入りそうな無難な作品になりかねません。
どんな作品が出来上がるか?は彼の現状を知る
リトマス試験紙的な作品だと思います。


暴動の発生から約15年・・・。
アメリカ黒人社会にとって非常に大きな事件だっただけに、
映画化までこれだけの期間が必要だったのでしょうか?
それとも、92年当時と何も社会の状況が変わっていないことを
現代の社会へ伝えたいのでしょうか?

様々な観点から、「LAライオッツ」は要注目です。

blogランキングへGo!

映画評価一覧表へGo!

ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年12月12日

パイレーツ・オブ・カリビアンのDVD、1日で100億円!

パイレーツ・オブ・カリビアンのDVDが
アメリカでバカ売れらしいです。
 Yahoo記事:パイレーツDVD、初日500万枚=記録更新も視野−米ディズニー
同シリーズのパート2となる
 「デッドマンズ・チェスト
は、公開時に日本でも大ヒットしました。
このDVDが12月5日にアメリカで発売となったのですが、
初日1日だけで発売枚数が500万枚を超えたとのこと。

B000G09QQSパイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
D3PUBLISHER 2006-08-24

by G-Tools


500万枚ってすごいですねぇ。
単純に1枚2000円として、100億円ですか。
それも発売日の1日だけで・・・。
最終的に映画公開やDVD、その他グッズなども含めると
この映画の総売上はいくらになってしまうのでしょうか?
こういった数字ひとつ取ってみても、
この作品が今年最大のヒット作であることは間違い無さそうです。

そう言えばちょっと前の記事で、
”パート2撮影時に、パート3も一緒に撮影された”と書きました。
 ※ちなみにサブタイトルは「ワールドエンド」に決定
こちらの映画は、来年2007年の目玉作品として
今後のニュース等で要注目ですよ!
(最新情報を抑えておくと、色々と自慢できそう。)
 過去記事:パイレーツ・オブ・カリビアンのパート3!

ディズニーという会社はアニメというイメージが強いですよね。
ミッキーとか、プーさんとか・・・。
でもそれだけじゃなく、実写でも素晴らしい映画を作れることを
パイレーツ・オブ・カリビアンでは証明してくれました。
 「ディズニー=アニメ
といった固定観念はそろそろ捨てた方が良さそうですよ!
(イマドキ、こんな固定観念うを持っているのは私だけ?)

この素晴らしい映画会社ディズニーと
大の仲良しの会社といったらアップル!

きっとiTuneストアで一儲けさせてもらっていることでしょう。
この2社の関係を書いた記事はこちらです。
興味があったら読んでみてください。
 過去記事:「iTunes Storeの映画販売が絶好調」の裏話

blogランキングへGo!

映画評価一覧表へGo!

ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画(時事ネタ)

2006年12月09日

「007 カジノ・ロワイヤル」は予想外に大ヒット!

ちょっと前の記事で007シリーズの新作
 「カジノ・ロワイヤル
から交代となった新ジェームス・ボンド役の
ダニエル・クレイグが今ひとつといった記事を書きました。
どうも私には悪役っぽく見えてしまうんですよね。
その「カジノ・ロワイヤル」が公開されましたが、
ここ最近の007シリーズでは最高の出だしとの事。
 Yahoo記事:「007」最新作は出色のデキ

007/カジノ・ロワイヤル
007/カジノ・ロワイヤルイアン・フレミング

おすすめ平均
stars007の原点
starsジェームズ・ボンド、参上!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


各メディアで強力に宣伝されたキムタク主演の
 「武士の一分
を相手に、予想興収25億円は立派です。
(ちなみに武士の一分は30億円ちょい?)

CGを多用しないで、実写アクションを中心としたことが
本来の007シリーズファンを呼び戻したのでしょうか?
ここ最近の007シリーズは、ちょっとCGが多すぎて
 「そんなこと出来るわけ無いでしょう!
と突っ込みたくなる、現実離れしたシーンが多かったですからね。

私の当初の予想は
 ダニエル・クレイグは今回の1作で交代させられる
でしたが、どうもそうなら無そうな雰囲気ですね。
映画会社が一番大事にするのは、やっぱり利益ですから。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

B000JBWYO0「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(7) | 映画(時事ネタ)

2006年12月08日

パイレーツ・オブ・カリビアンのパート3!

「パイレーツ・オブ・カリビアン」は
パート3があるって知っていました?
パート2である「デッドマンズ・チェスト」の撮影中に、
合わせてパート3も撮影していたそうなんです。
ハリウッドって商売上手だなぁ・・・。
こういった場合、出演料も2倍貰えるのかな?
 eiga.com記事:「パイレーツ・オブ・カリビアン」新作の邦題が正式決定!

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディションジョニー・デップ ゴア・ヴァービンスキー オーランド・ブルーム

おすすめ平均
stars一作目は好きなんですが・・・
stars最後にビックリします。
starsやっぱり買っちゃいました
starsまたジャックにあえてうれしぃ〜
stars面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パート3の邦題は「ワールド・エンド」に決定したそうですが、
ストーリーは未だに秘密とのこと。
世界の果てを目指して旅をする?なんて予想があるらしいですが
実際のところどうなんでしょうか。
私はパート1・2ともに見ていないので、
パート3が公開される前に見ておこうと思います。
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
 オフィシャルサイト


この映画の興行的な大成功で、
一躍ハリウッドのトップ俳優となったジョニー・デップ
彼との息もぴったりで、若さゆえの勢いもあるオーランド・ブルーム
彼らを見るだけでも見る価値有!ですかね。

パート3もきっと興行的に大ヒットするでしょうから
ディズニーは笑いが止まりませんね。

blogランキングへGo!

映画評価一覧表へGo!

ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

【シリーズ第1作目】
B000BKDRJKパイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
ジョニー・デップ ゴア・ヴァービンスキー オーランド・ブルーム
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-12-21

by G-Tools


【ジョニー・デップ 主演のお勧め作品】
B000FHIVWMネバーランド
ジョニー・デップ マーク・フォースター ケイト・ウィンスレット
アミューズソフトエンタテインメント 2006-06-23

by G-Tools


【オーランド・ブルーム 主演のお勧め作品】
B000HKDEUGエリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション
キャメロン・クロウ オーランド・ブルーム キルスティン・ダンスト
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-11-02

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年12月07日

「硫黄島からの手紙」はヒットの予感!

カチンコ」という映画に関するバラエティー番組、知ってますかね?
 カチンコのホームページ
前回ちょっと書いた「武士の一分」の特集で檀ふみれいさんが
ゲストで出演していた番組がこれです。
で、昨日もたまたま見たんですが、特集は
 「硫黄島からの手紙」 + 「父親たちの星条旗
でした。
クリント・イーストウッド監督が描く、
第二次世界大戦末期の硫黄島における激しい戦闘を、
日米双方の視点から描いたこの映画。
「父親たちの星条旗」はすでに公開されておりますが、
今回はもう直ぐ公開される
「硫黄島からの手紙」に向けての特集だったようです。

4163683704栗林忠道 硫黄島からの手紙
栗林 忠道 半藤 一利
文藝春秋 2006-08

by G-Tools


ちなみについ先日、この映画、アカデミー賞の前哨戦と呼ばれる
米映画批評会議賞で最優秀作品賞に選ばれたとの記事の出ています。
 Yahoo記事:全米映画評論委賞、「硫黄島からの手紙」が最優秀作品賞に
こうなるとアカデミー賞作品賞も視野に入ってくるのでしょうか?
テーマが重いだけに興行的には苦戦しそうな感じですが、
そういった中で非常に強い後押しとなるニュースです。
配給会社も喜んでいることでしょう。

番組ではクリント・イーストウッド監督の撮影方法を
実際の映画に出演した役者さんが話していました。
 ・リハーサルをやらない
 ・細かい指示は一切出さない
 ・基本的に1テイクしか撮らない などなど・・・。

役者の持っている能力を信じるその監督方法は
役者出身のイーストウッドならではといった感じです。
ただ、NG出せないので緊張感バリバリだと思います。

さて、12/9から公開の「硫黄島からの手紙」に期待です。
 「硫黄島からの手紙」公式ホームページ

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

4872577302父親たちの星条旗
ジェームズ・ブラッドレー 大島 英美
イースト・プレス 2006-09-27

by G-Tools


B000I0RNEINHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦~生還者 61年目の証言~
ドキュメンタリー
NHKエンタープライズ 2006-11-24

by G-Tools


4104774014散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
梯 久美子
新潮社 2005-07-28

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 23:09 | Comment(2) | TrackBack(17) | 映画(時事ネタ)

宝塚出身の檀れいさん。ブレイク間違いなし!

檀れいさんってすっごく美人なんですよ!
と、唐突に書き始めましたが、
先日テレビで「武士の一分」の特集をやっていた際に
ゲストとして檀れいさんが出ていたんですね。
(キムタクの妻役で出演しています。)
それまで見たことも、聞いたことも無かった人なんですが
一気にファンになりましたね。

4484066033宝塚スターカレンダー 2007年 (2007)
阪急コミュニケーションズ 2006-10

by G-Tools


宝塚の娘役トップだったので既に有名人だそうですが、
何分、私は30代の親父ですから・・・、
宝塚には縁が無いわけですよ。
こういったことがあると、
 「あぁ、狭い世界に生きているなぁ・・・。
とか思ってしまいます。

さすが若い頃から宝塚でキッチリ教育されているので
話し方や身の振る舞い方がしなやかだこと。
更に娘役トップを張った美形!敵なしですな。
今回の武士の一分で世間一般に知れ渡り、
きっと来年はブレイクすることでしょう。

そんな彼女のインタビュー記事が
eiga.comに出ていました。
 eiga.com記事:「武士の一分」で銀幕デビュー。檀れいに直撃インタビュー

上の記事に張られている写真の写りはかなりひどいです。
本当の本人はとってもきれい!
シネマトゥデイでは、そんな彼女のウエディング姿が!
 シネマトゥデイ記事:檀れい、ウエディングドレスで語る理想の夫はキムタク演じる新之丞

色々な写真で一番きれいだなと思う松竹のプロフィールはこちら。
 松竹エンタテイメント:檀れいプロフィール

で、最後に檀れいさんの公式ブログです。
 檀れい Official Blog はこちら

武士の一分」ともども、檀れいさん要チェックですよ。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年12月05日

GyaOで「きみに読む物語」配信中!

先日レビュー記事を書いた
 「きみに読む物語
を、GyaOが配信開始したそうです。
ちなみにご存知でしょうが、GyaOでは映画やアニメなどが無料で見れます。
ということで、「きみに読む物語」をまだ見ていない人は
見てみては如何でしょうか?
 GyaO:きむみ読む物語へ

4902088584きみに読む物語
ニコラス スパークス Nicholas Sparks 雨沢 泰
アーティストハウスパブリッシャーズ 2004-12

by G-Tools


この映画の原作はニコラス・スパークスという作家さんだそうで、
 「メッセージ・イン・ア・ボトル
の著者でもあるとのこと。
こちらの作品も
映画は見ましたが、ラストがとても悲しい結末で
どちらかというと嫌いな部類の作品です。
それに比べると「きみに読む物語」は、心に染込むラストです。
興行的には、それまで「マディソン郡の橋」が持っていた
恋愛映画興行収益の記録を破ったほどの大ヒットだったとのこと。
(今現在の記録保持映画が何かは知りません・・・。)

この作品で描かれる「人を愛するということ」。
それは自分の人生も捧げられるほど、深く大きいものです。
寒い季節になってきましたので、心の中をほんのりと暖めてくれる
映画を鑑賞してみるのもいいですね。

blogランキングへGo!

映画評価一覧表へGo!

ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

B000FQW0H0メッセージ・イン・ア・ボトル
ケビン・コスナー ルイス・マンドキ ロビン・ライト・ペン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-07-14

by G-Tools


B000HCPVH8マディソン郡の橋
ロバート・ジェームズ・ウォラー リチャード・ラグラヴェネーズ クリント・イーストウッド
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-10-06

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

新ジェームス・ボンドってボンドっぽくないよねぇ?

007シリーズの新作が公開されました。
今回からジェームス・ボンド役が
 ピアーズ・ブロスナン → ダニエル・グレイグ
に変わっています。
でで、新ボンドの顔を見るたびに
 「え〜!ボンドっぽくない。むしろ悪役顔!
と思ってしまいます。

B000JBWYO0「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools


最新の「TOKYO HEADLINE」の表紙にもなっていますが、
やっぱりなんか違う気が・・・。
表紙のコメントでは
 「ブロスナンのファンから反発もあったが、映画が公開されると
  ”原作のイメージに最も近い”と大絶賛」
と書かれています。
う〜ん、原作を読んでいないから反論のしようもない・・・。
というか、007の映画を見た人で、
原作読んでいる人ってどれだけいるの?
ほとんど居ないでしょう!
それでこの記事じゃ、あまりに新ボンドへの反発が強いので、
それを避けるために文句の付けられにくいところを
プッシュしてみました、という感じがプンプンするぞ!

ショーン・コネリーの跡を継いだ2代目は
1作だけ撮影して降板させられました。
(ジョージ・レゼンビーなんて、名前も知らないでしょ?)
今回のダニエル・グレイグもそうなりそうな気がするなぁ・・・。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

【1代目:ショーン・コネリー】
B000IU38JC007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション
ショーン・コネリー テレンス・ヤング ロバート・ショー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22

by G-Tools


【2代目:ジョージ・レゼンビー】
B000IU38KG007 女王陛下の007 アルティメット・エディション
ジョージ・レイゼンビー ピーター・ハント ジョージ・レーゼンビー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22

by G-Tools


【3代目:ロジャー・ムーア】
B000IU38LK007 私を愛したスパイ アルティメット・エディション
ロジャー・ムーア ルイス・ギルバート クルト・ユルゲンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22

by G-Tools


【4代目:ティモシー・ダルトン】
B000IU38MY007 リビング・デイライツ アルティメット・エディション
ティモシー・ダルトン ジョン・グレン ジョー・ドン・ベイカー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22

by G-Tools



【5代目:ピアーズ・ブロスナン】
B000IU38NI007 ゴールデンアイ アルティメット・エディション
ピアーズ・ブロスナン マーティン・キャンベル ショーン・ビーン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 00:31 | Comment(3) | TrackBack(9) | 映画(時事ネタ)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。