2006年08月11日

中村獅童くん、不倫はまずいぞ!

中村獅童くんが謹慎期間を明けて、
仕事に復帰するといった記事が出ていました。
 中村獅童 10月の舞台で復帰 」

なんで謹慎してたかっていうと、
 飲酒運転+信号無視
で捕まったからだそう。
でも、一番の問題は捕まったときに
 奥さんじゃない女性が助手席にいた
ってこと。

会見では
 「奥さんも知っている一般の女性友達」
と説明していたそうで、話があっていないのでは?
この辺の詳しい記事は以下をどうぞ。
 検挙時、中村獅童の同乗者は岡本綾だった!
 会見では嘘の発言


中村獅童くんの奥さんといえば女優の竹内結子さん。
あんなに美人な奥さんがいるのに、まだ不足?
と、同じ男ながら彼の獣ぶりには驚かされるばかり!
(むりやりこの後の話に繋げてみました・・・。)

で、急にこんな記事を書いたのは、今日
 「あらしのよるに
のDVDを借りてきたから。

 あらしのよるにオフィシャルサイト

中村獅童くんは声優として、オオカミの声を担当。
 ”実生活でもオオカミくんになっちゃいました”
って感じなのかな?

この話は、子供と一緒に行った児童館で
絵本を読んだときからの大のお気に入り!
いつもDVDは貸し出し中だったのですが、
今日も帰りに覗いたら1本だけ残ってました。
明日子供たちと一緒に見るのが楽しみです。

本当のところはどうか分からないけど
 「不倫はまずいぞ!中村獅童くん」

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。

あらしのよるに スタンダード・エディション
posted by 鉄蔵 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(時事ネタ)

2006年08月10日

3分1億円って何?(7月24日通りのクリスマス)

今時マッサージに行くと大体1分100円くらいが相場だろうか?
それが「3分1億円」って何?

大沢たかお中谷美紀の映画
 「7月24日通りのクリスマス
で、ラストシーン3分の撮影に
1億円使ったって記事がでていました。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060809-00000030-sanspo-ent
しかも、二人ともセリフ無し。

海外ロケ(リスボン)っていったって、お金使いすぎでしょう。
(きっと撮影にあやかって、
 関係ない人までいっぱいついていったに違いない。)

何でこの作品に目が止まったかって言うと、私の誕生日なんですよ
 7月24日
は。
関係はないけど、自分の誕生日と同じ日付って気になりますよね。
ちなみに同じ日に生まれた有名人は久保田利信吉本ばなななど。
いままであんまり好きではなかった
プロ野球選手の中村紀洋
同じ7月24日生まれということを今日知って、
急に親近感沸いてきました。

ちなみに自分と誕生日が同じ有名人は誰?っていう疑問は
林家ペーさんなら直ぐに答えてくれそうですが、
ペーさんとお知り合いで無い方は以下のサイトで調べてみてください。
 有名人誕生日検索&今日は何の日
なんか、いままで気にならなかった人でも、急に親近感沸いてきますよ。

といった事情で
 「7月24日通りのクリスマス」
がヒットすることを、願います。
中谷美紀さんも大好きなので!

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年07月26日

セレブ=いい人?それとも偽善?

「ディカプリオ、マドンナのコンサートで人助け」
という記事が出ていました。
  http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/hollywood_stars/

マドンナのニューヨーク公演。
一般席にいた車椅子の観客が、立ち見客に囲まれ
ステージが見えずに困っていた。
そこへ現れたVIP席のレオナルド・ディカプリオ
 「こっちへおいでよ!」
とVIP席へ連れて行ってくれたとのこと。

ディカプリオ様の優しさにまずは感動!
昨日の寄付の記事もそうだが、
基本的に”お金持ちは優しい”のだろうか?
 「お金がある⇒心にゆとりがある⇒人に優しくできる」
こんな連鎖が自然と生まれるのだろうか?
それとも周りの注目度から、
自分を良く見せるための演出術に長けているのだろうか?

自分は基本的にひん曲がった正確なので、
これまでは後者だと信じていた。
つまりお金持ちの偽善だ。
でも最近だんだんとそうではない気がしてきた。
お金・名声といった成功体験は、
人を豊かにし、優しくするのではないかと。


そう考えると「若いときの苦労は買ってでもしろ」という
昔からの格言は信用できない。
しなくてよい苦労なら、しないに越したことはないと思う。
自分もできることなら成功し、うきうきした人生を送りたい。
そして、結果的に人に優しくできるようになりたい。
(今のところそんな余裕は一切無いが・・・。)

突然話は変わるが、
立ってみることのできない車椅子の観客を
一般席に案内するところがそもそもおかしいと思う。
だって見えないんだもん、ステージが!
お金はきちんと払っているはずなんだから、
主催者側はちゃんと考えようよ!

みんなが少しずつの優しさを持って、
少しでも良い世の中になりますように。
(で、私がちょっとお金持ちになりますように・・・。)

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年07月25日

金持ちになるには?

ブラピ「父親になるのは最高」
という記事が出ていました。
  http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=m20060724-035&e=hollywood_stars

ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーの間に
5月に女の子の子供さんが生まれ、
初めての子供を持ったブラピは大喜びだそうです。
とはいっても、二人は正式に結婚していません。
なんだか微妙な関係ですが、おめでとう御座います。

「シネコンウォーカー」というフリーペーパーを
嫁さんが持ってきたので見てみたら
こちらにもこの記事が載っていました。
こちらは、
 ”ブラピとアンジェリーナの間で眠る赤ちゃん”
の写真つきです。
パパラッチに追いかけられ、取られる前に
こちらから写真を出してしまえ!ということで
二人がマスコミに提供したものとのこと。
そのお値段、なんと4億5千万〜5億円とのこと!
その注目度は抜群ですね。

二人とも環境問題などの社会活動に熱心で、
この写真提供で受け取ったお金は
全てチャリティーに寄付されたとのこと。太っ腹ですね。

日本ではあまり寄付って聞きませんが、
アメリカなどではお金持ちだったら当たり前なんですかね?
ちょっと前に話題になった大富豪バフェット氏の寄付。
その額なんと4兆円以上
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060626-00000088-kyodo-soci
そりゃぁ、そんなにお金持っていても使い道ないでしょうけど、
ちょっと惜しくないんでしょうか?
額が桁外れなだけに、庶民の私には想像もできませんが
人に分けてあげたくなるほどの沢山のお金を持ってみたいものです。

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年07月20日

アル・パチーノから始まり、ロスト・イン・トランスレーションへ

「アル・パチーノとニコール・キッドマンが競演か?」
ってYahooに記事が出ていました。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060720-00000011-flix-ent

サスペンス映画のリメイクだそうで、
渋い演技が上手な二人にはピッタリではないでしょうか?
(ニコール・キッドマンはコメディアスな作風よりも
 シリアスな方が好きです。)

今回アル・パチーノの名前が出ていたので、
彼のの最近の出演作って何を見たっけ?と気になりました。
ということで過去出演作を順に追っていったら・・・!
なんと、1990年の「ゴッド・ファーザーPARTV」以降見ていない・・・。
というか「ゴッド・ファーザー」シリーズ以外、見たこと無い!
とても強い印象があるので、結構出演作を見ているつもりでいましたが
全くの勘違いでした。
やはり「ゴッド・ファーザー」シリーズの印象がすごいんですね。

高校生くらいの頃にはまって、
PARTTとUをビデオで何回も繰り返し見ました。
PARTV上映の1990年は高校3年生くらい。
期待に胸を膨らませて映画館へ行ったのに、
ちょっとがっかりして帰ってきた記憶があります。

 コッポラも重要な役どころに実の娘を使っちゃまずいでしょう。

とはいえ、その娘さんもいまや立派な映画監督。
時代の流れを感じます・・・。
で、娘の作品で話題になった
 「ロスト・イン・トランスレーション
を以前ビデオで見ましたが、しっくり来ない映画でしたね。
 「何が言いたいの?」
と頭が「???」で埋まっているうちに終わってしまった感じです。
(才能は遺伝しないのかな?)

話が転々としてしまいましたが、
ニコールとアル・パチーノの競演作が
実現したら是非見たいと思います。

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年07月19日

ジダン、ナイスヘッド!

「”頭突き効果”ジダン映画客入り好調」
という記事がYahooに出ていました。

ワールドカップが終わって記憶に残ったのは、
 「イタリア優勝」
よりも
 「ジダンが頭突きで退場」
の方でしたね。
MVPも獲得して、良くも悪くも今大会の主役でした。

大会開催前の評判はあまり良くなかったフランスですが、
ジダンなどのベテランが復帰して、見事建て直しに成功しました。
そういった意味では、若い力ばかりではなく、ベテランの経験も
チームには重要であることが良く理解できました。
何事もバランスが大事です。

さて、このジダンが出場したある試合を17台のカメラで撮影したこの映画。
全てのカメラが追っているのはジダンただ一人!
よくこんな作品を作ろうと思いましたねぇ。
ただ、この試合でもジダンは「レッドカード⇒退場」したらしく、
この点で大注目を集め連日大入りだそうです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」
ではないですが、ある出来事の影響が予想外に連鎖するものです。
映画制作サイドや上映映画館側は大笑いでしょうね。
「ジダン、ナイスヘッド!」

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(時事ネタ)

2006年07月15日

生涯功労賞って何?

「ジュラール・ドパルデュー、モスクワ国際映画祭で生涯功労賞」
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060714-00000001-flix-ent

フランスを代表する役者さんですが、なんでモスクワで受賞なんでしょうか?
ちょっと不思議な感じはします。

昔、この俳優さんが大好きだった時期がありました。
 「シラノ・ド・ベルジュラック
 「グリーン・カード
の頃なので、1990年辺りですね。
全身、特に顔からあふれ出す気品というか、気高さが大好きでした。
フランスの貴族の香りがするんですよねぇ。
(あの存在感は、顔の大きさから?)

グリーン・カードを見た頃は、疑うことなくアメリカに憧れていたので
私も本気でグリーン・カードが欲しくなりました。
今考えると「若かったなぁ」と思いますね。
(湾岸戦争以降、どちらかといえばアメリカが嫌いになりました。)

昔はフランス役者といえばジュラール・ドパルデューしか
知らなかったのですが、「レオン」を見て以来
 「フランス役者 = ジャン・レノ
になってしまいましたが・・・。
彼のほうが器用で、演技の幅が広い気がします。
だからハリウッドで成功したのかな?

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年07月11日

映画史上の最高記録樹立!

「パイレーツ第2弾が北米興収150億円で歴代1位!」
という記事がYahoo!ニュースに出ていました。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060711-00000031-sanspo-ent

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディションパイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
ジェリー・ブラッカイマー テッド・エリオット テリー・ロッシオ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-12-21
売り上げランキング : 31
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
が、すごいことになっています。

@初日の興収最高記録更新・・・約63億円
A封切り後3日間興収最高記録更新・・・約150億円
B興収1億ドル突破・・・初めて初日2日間で達成


と、新記録を3つまとめて樹立しました。
スター・ウォーズもスパイダーマンもまとめてゴボウ抜き。
公開直後の成績だけで言えば、史上最高の映画です!

ディズニーランドの人気アトラクション
 「カリブの海賊」
の映画化で誕生したこの作品。
何がそんなに面白いのか、
1作目を見ていない私には分かりません・・・。
が、1つだけ言えることは
 ジョニー・デップはノリにノッている」
ということ。
彼は、いま一番観客が動員でき、一番お金を稼げる俳優でしょう。

競演のオーランド・ブルームもいい調子ですね。
ロード・オブ・ザ・リングで掴んだ地位を、
更に上手くステップアップさせています。
ちょっと前に記事で書いた
 「エリザベス・タウン
もなかなか良かったですしね。
過去の記事: 「エリザベス・タウン」に星4つ!

アメリカでこの調子だと、
日本の夏休み映画もこの作品で決まりですかね。

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2006年07月07日

いまどきはトム・クルーズよりもジョニーデップでしょう!

「夏休み映画期待度ランキング」の記事が出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060706-00000003-oric-ent

いやぁ、「M:I:V」よりも「パイレーツ・オブ・カリビアン」の方が
期待が高いんですねぇ、ビックリしました。

共に映画業界では王道のシリーズものですが、
前作の興行は「M:I:U」の方が良かったはず・・・。
それを踏まえて、今回の調査結果を考えると、
 ”ジョニー・デップ人気
の影響なのでしょうか?
「パイレーツ・オブ・カリビアン」はぶっちぎりの1位でした。

「M:I:V」については、更に続編「W」の話が出ているらしく、
その撮影場所は「東京」らしいです!
トム・クルーズは今回の日本プロモーションで大張り切りだったようですが、
今の内に日本人に気に入られたかったのですかね?
ということで「M:I:V」は2位でした。

三位は「ゲド戦記」ということで、宮崎映画はやはり人気ですね。
でも以前ほど宮崎作品が話題にならなくなっている気がするのは
私だけでしょうか?
やっぱり私が一番面白かったと思うのは「風の谷のナウシカ」ですねぇ。

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画(時事ネタ)

2006年07月06日

ウィル・スミスをジョニー・デップが食っちゃう?

「ジョニー・デップ、ウィル・スミス主演作に出演か?」
という記事が出ていましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060706-00000002-flix-ent

二人とも既に記事で紹介しましたが、共に大物です。
特にジョニー・デップは最近ノリノリです。
 ネバーランド
 チャーリーとチョコレート工場
 パイレーツ・オブ・カリビアン
演技の幅が半端じゃないですね。
シリアスから、癖のあるコメディータッチ、アクション・・・。
何でもできる本当に器用な俳優さんです。
若そうに見えますが、もう43歳なんですね。
ちょっと意外です。

ウィル・スミスは最近ちょっと名前を聞きませんでした。
直近の主演作である
 最後の恋のはじめ方
は、コメディタッチの恋愛ものでとても面白かったんですがね。

そんな二人の競演作はとても面白そうですが、
ジョニー・デップが主演のウィル・スミスを食っちゃいそうですね。
イキオイ的に・・・。
作品は「地球最後の男」という原作の映画化ということ。
最近で自分以外みんな亡霊化するとか、しないとか・・・。
パニックムーピーですかねぇ。
ぜひとも
 トム・クルーズ主演の「宇宙戦争
のようにならないことを祈っています。
(最悪でしょう、あの作品は!)

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。
posted by 鉄蔵 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。