2007年03月18日

中村航の「ハミングライフ」が映画化

中村航・・・。
作家です、私の母校「芝浦工業大学」出身の。
親近感沸きますねぇ、なんか接点があると。

以前読んだ「I Love You」にも作品が載っている
期待される若手作家です。
 過去記事:「I LOVE YOU」読み終わりました。
何せ石田衣良さんや、伊坂幸太郎さんと並んで
掲載されたわけですからね。
そういえば、石田衣良さんは
 テレビ東京「ソロモンの王宮」
に出ていましたね。
 リンク:ソロモンの王宮 公式ページ

今日本屋で「I Love You」のシリーズの最新版を見つけました。
 「LOVE or LIKE
です。そして、その帯には
 「中村航の作品が映画化
という文字。早速帰宅して調べてみると本当でした。
「LOVE or LIKE」に掲載した
 「ハミングライフ
と言う作品が映画化されたそうです。
 リンク:映画ハミングライフの公式サイト

LOVE or LIKELOVE or LIKE
石田 衣良 中村 航 本多 孝好

祥伝社 2006-07
売り上げランキング : 90332
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上京したてで慣れない街での生活にへこみ気味の
藍(西山茉希)は、ある日不思議なノラ犬に導かれ、
木のウロ(木にできた空洞部分)に手紙を見つける。
それは深夜の託児所で働く智宏(井上芳雄)が入れたもので、
その手紙に元気づけられた藍は返事を出す。
翌日には智宏からの手紙がウロに届いており、
2人の不思議な文通が始まった。 (シネマトゥデイ)

なんか上のあらすじ聞いただけで結構面白そうですね!
Yahoo映画で見ると現在公開中ということ。
(勝手ながら)私の最も身近な作家の作品ですので
 「大ヒット祈願
です。

【過去関連記事】
 ■「I LOVE YOU」読み終わりました。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(小説)

2007年03月10日

「Friends」(江國香織ほか)読了

以前、若手男性作家数人が書いた恋愛短編集
 「I Love you
を読んだ記事を書いた。
 過去記事:「I LOVE YOU」読み終わりました。
今回はその姉妹本で若手女性作家9人が書いた
幾つもの友達関係を書いた短編集
 Friends
である。

Friends―恋愛アンソロジーFriends―恋愛アンソロジー
安達 千夏 江國 香織 倉本 由布

祥伝社 2005-08
売り上げランキング : 101266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恋愛というと通常は一人の男性と一人の女性の話。
ある意味、設定が限定されてしまう。
その点、友人関係は
 男−男
 男−女
 女−女
などの組み合わせがあり、その人数も自由自在である。
つまり設定パターンの自由度が高いということと。

確かにこの短編集は色とりどりの友情を描いている。
 異母姉妹の間の友情であったり、
 幼馴染の男女の友情であったり。
しかし、しかしだ!
なんだか男と女の友情話の裏には
必ずと言っていいほど、ひっそりとした恋心が隠れている。

 「え〜!これじゃぁ、単なる恋バナじゃん」
タイトルに裏切られた気持ちがするのは私だけだろうか。
所詮、男女の純粋な友情ってありえないんですかね?

さて、気になった話は
 ・江國香織さん 「ザーサイの思い出」
 ・唯川恵さん  「彼女の躓き」
の2つ。

前者は、その思いきった淡白なストーリーが気に入った。
だって、
 あんまり仲良くなかった異母姉妹が、
 腹いっぱいにザーサイ食べてから、妙に仲良くなった
というだけのお話。
同じことに腹を立てる、その価値観の一致だけで
友達になれちゃうんだもんね。

でも、実際の友情の始まりってそんなもんだよねぇ。
思い出すと何でコイツと仲良くなったのか?
良く分からん!みたいな。
格好つけずに、リアルにシンプルに友情の始まりを
描いた作風が気に入りました。


後者は、見せ掛けの友情によって蓄積された
うっぷんを晴らすチャンスを伺っていた女性の話。
唯一のダークな作風で、ちょっとしたどんでん返しもありです。
気に入ったのは、主人公の思った通りには
上手くいかないラストシーン。
2段落ちのようなラストに、ちょっと笑いが出ました。
人生ってやっぱり思った通りにはいかないもんだよね。

全体として非常に淡白で、あっさりし過ぎの感があります。
若い女性が通勤時間中に読むといったレベルに
最適な感じでしょうかね?

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2007年03月06日

「スローグッドバイ」(石田衣良)読了

かかっちゃいました、ノロウィルス
土日ぶっ倒れていて、月曜日は会社行ったんですが
あまりの体調不良で早めの帰宅。
で、今朝病院に行ってきました。
お医者さんからは、一言
 「う〜ん、流行っているノロ系だね。」
と。
”ノロ”
名前は可愛いけど、舐めてかからない方がいいです。

今回はそのノロにかかる前から読んでいた
 「スローグッドバイ
です。作者の石田衣良さんの「LAST」のレビューは
先日書きましたが、それに続いてです。
 過去記事:「LAST」(石田衣良)読了
前回の「LAST」同様、こちらも短編集となっていますが、
内容は全く違います。
「LAST」はバブル崩壊で借金に追われる悲惨なお話でしたが、
こちらはただただ恋愛・恋ばな・ラブ!ラブ!ラブ!です。

スローグッドバイ
スローグッドバイ石田 衣良

おすすめ平均
starsはるるん
starsうん で?
starsピュアな恋愛
stars優しい恋物語
stars甘い恋とその別れ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


明るく、ハッピーエンドが好きな私にはもって来い!
の短編集で、とても爽やかな気持ちで読ませて貰いました。
 「そんなに上手くいく訳あるかい!
と突っ込みたくなるような展開は多々ありますが、
その辺は置いておいて、単純に10篇の恋愛話を
素直に読めば十分に楽しめます。

10の短編一番私が気に入ったのは「真珠のコップ」です。
コールガールとの間に生まれた恋愛感情。
そのちょっと特殊な状況設定に引き込まれました。

その他にも様々なシチュエーションでの恋愛話が
沢山詰まっています。
やはり男性よりは女性向きな作品でしょうね。

色々な話の登場人物が物書きであることは、
きっと作者の実体験が多く語られているからなのでしょう。
最後の話で本のタイトルにもなっている
「スローグッドバイ」はもろ作者の体験話ですしね。

さらっとした明るい気持ちになりたい人に
オススメの一冊です。


【過去関連記事】
 ■「LAST」(石田衣良)読了
 ■「I LOVE YOU」読み終わりました。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(小説)

2007年03月01日

「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎)読了

伊坂幸太郎さんの
 陽気なギャングが地球を回す
を読みました。映画化もされた作品です。
伊坂さんは、以前読んだ複数作家による短編集「I LOVE YOU」で
名前を知り、早く長編を読もうと思っていた作家さんです。

陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングが地球を回す伊坂 幸太郎

おすすめ平均
starsまるで映画を見ているよう
starsエンターテイメントの魔術師
stars響野 is a god.
stars素直におもしろいですね。
stars何も考えないで読んだほうが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この作品は一気に読めます。飽きることなく。
とにかく会話が異常に多いんです、普通の小説に比べて。
ほとんど4人のギャング(+数名)の会話で成立しています。
しかも、イチイチ会話の内容が子洒落ている。
いい具合の力の抜け具合で、さらっとカッコいいセリフを口にする。
銀行強盗って良くないですよ!
どんなにカッコいい理由をつけたって。
でも、彼らを見ていると
 「銀行強盗、、、アリかな?」
なんて思わされてしまう。そんな不思議ワールドが広がっています。
 良いか、悪いか?
ではなくて
 カッコいいか、カッコ悪いか?
が一番の判断基準であるかのようです。

一気に読めるもう一つの理由が、文章に区切れがないこと。
とにかく1場面が長い長い・・・。
始めのシーンは行間が1行も空くことなく、一気に15ページを
突っ走ります。これが文章のスピード感の秘訣ですかね。
読んでいるほうとしてはちょっと疲れるのですが・・・。

私が大好きな映画ブログで
 「会話はカッコいいが、ストーリー自体は大したこと無い」
と書かれていましたが、私の印象もその通りです。
でもトータルはとても面白かった印象なので、
その会話の秀逸さが一段と光ります。
あるレビューではアニメの「ルパン三世」に例えていましたが、
まさにそんな世界観です。
ルパン達も男性3人+女性1人の計4人で泥棒やってますしね。
(本の冒頭でギャングは4人に限る!と書かれています)

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

【関連商品】
陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション
大沢たかお 伊坂幸太郎 前田哲

ジェネオン エンタテインメント 2006-10-25
売り上げランキング : 5657

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(4) | 本(小説)

2007年02月17日

「LAST」(石田衣良)読了

最近読んだ小説には共通点がある。
レイプだ。しかも幼い子がその標的である。
野沢尚さんの「リミット」
東野圭吾さんの「白夜行」
そして、今回の石田衣良さんの「LAST」である。
5歳の娘と3歳の息子を持つ父親として、
こういった文章を読んでいると吐き気がする。

LAST (ラスト)
LAST (ラスト)石田 衣良

おすすめ平均
stars心が痛い
stars重いケドそれがリアル
starsもう後がない
stars社会山の尾根のものがたり
stars日本の現在。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人間のダークな面を描こうとすると、
金か、殺しか、セックスしかないのだ。
それは安易と言えば安易だし、
人間の本質と言えば本質なのだ。
 単純だなぁ、人間って。
  所詮は動物だからなぁ・・・。


こんな本ばっかり読んでいるから
最近はお先真っ暗な人生ばかり
想像しがちな気がする・・・。
しばらくはこういったノワール系(?)な
本からは遠ざかろうと思う。

さて、今回の「LAST」は
 「人間追い詰めすぎるとハジケちゃうよ!」
といった内容である。
それぞれの事情で金銭的に追い詰められ、
後が無くなった7人のストーリーを描いた短編集。
ただ肝心のラストの弾け方がちょっと物足りない。
(1話目はオジイチャンが裏金融の親玉!という
 落ちを期待していたのに・・・)
感覚的にはショートショートのような
最後のどんでん返しがあるのかな?と思ってたけど
この本はそういった類の本ではないらしい。
世の中には様々な形の暗い人生があるんだよ、
というのをとくとくと語ってくれているみたい。
なので、反面教師的な人生教科書なのかな?
と思う。

ストーリーの根底にあるのは、
 「バブル崩壊によって、狂わされた人生」
こういう小説を書く石田さんは、
きっとバブルが大嫌いなんだろう。
絶対に「バブルへGO!!」とか見ないんだろうな。

今回は以前読んだ「I LOVE YOU」繋がりで
石田衣良さんを読みましたが、
次回も同じ繋がりで伊坂幸太郎さんを読みます。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2007年02月12日

「白夜行」(東野圭吾)読了

手紙」に続き、東野圭吾作品である
 白夜行
を読みました。
この小説はテレビドラマ、「手紙」は映画で
映像化されています。
東野作品は文章表現が繊細なので、
読んでいて映像をイメージしやすいです。
また景色や動きだけでなく、登場人物の
心の内側(心情)も同様に描かれています。
そのまま脚本になりそうな小説なので、
映像化する監督なども演出しやすいでしょうし、
演じる役者さんも演じやすいのではないでしょうか?

白夜行
白夜行東野 圭吾

おすすめ平均
starsおぞましい物語だ
stars一大犯罪叙事詩。
stars真実は
stars
starsちょっと難しいかも…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(あらすじ)
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。
容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。
被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂
―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、
その後、全く別々の道を歩んで行く。
二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。
だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。
息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。
心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。
(Yahoo!ブックス)

この作品、850ページにもなる長編で、
読み終わるのに結構掛かりました。
19年にも渡る、ある男女の物語。
とても強い女性と、
その彼女のために生涯をささげた男の話。
 「亮司という可愛そうな男の物語であり、
  雪穂という怖い女の物語。」

というのが私の感想です。
(男性的な感想でしょうか?)

この二人の精神的な関係が
最後まで描かれることはありません。
それゆえに読み手は色々な想像をしてしまいます。
私は
 一方的に愛する男性と、それを利用する女性
という関係に読み取れました。
散々利用してきた彼が警察に追われ、死んでしまう。
そんな彼に向かって
「誰ですか?そんな人知りません」
って言って、簡単に切り捨ててしまう。恐ろしいです。

そうまでして自分の立場を守ろうとするのが
幼い頃の心の傷が原因だというのがとても悲しかった。
幼い頃に大人に弄ばれ、そんな男へ売られそうになった。
私には想像も出来ない深い傷です。
貧困の残酷さ。
幼い娘を持つ父親としては、そんな不幸な子供が
現実世界で生まれないことを願うだけです。

このような人間の暗い面、悪い面を描くのを
 ノワール
と言うそうですね。(あとがきで知りました。)
ハッピーエンドな話が好きな私としては、
この手の作品は純粋に楽しめないんですよねぇ・・・。
とっても読み応えは十分なんですけど。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(2) | 本(小説)

2007年01月25日

「手紙」(東野圭吾)読了

東野圭吾さんの「手紙」を読みました。
初めての東野作品で、しかも映画化もされた作品です。
私の良く見させて頂いているブログでもかなりの高評価。
YahooBooksなどのユーザーレビューでも
 「感動した!」
 「泣いた!」
などのコメントが並んでいます。
自然と読み始める前から期待が高まってしまいました。

手紙
手紙東野 圭吾

おすすめ平均
stars犯罪防止
stars手紙
starsまあまあ楽しめます
stars感動的な話
stars大変よくできた読み物

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読み終わっての感想なんですが・・・。
 ・・・。何が感動するの?
 ・・・。どこで泣けるの?

やっぱりリリー・フランキーさんの
 「東京タワー」
でも泣けなかった私は、
心が乾きすぎて砂漠状態になっちゃっているのかな?

感想は
 ・世間は厳しく、冷たい。
  特にちょっとでも普通とじゃない人に対して。
 ・兄の犯した罪で弟が苦労するのは理不尽。
  でも、きっと自分も差別すると思う。
といったところ。
世の中の現実を学んだけど、感動はしないでしょう。

この本が訴えたいのは、弟が働いた電気屋さんの社長が言う
 「差別は当たり前のこと」
というセリフが全てだと思います。

当たり前のことですが、みんな自分が一番かわいいのです。
その自分を守るためならば、多少理不尽であっても
危険分子は排除します。当然の自己防衛本能として・・・。
辛いのは、その理不尽な思いをさせたれた弟(とその家族)だけ。
それで社会全体は平穏無事に動いていく・・・。

犯罪には、こうした派生的な罰も含まれるのだ、
と社長は言います。
無関係の身内にまで贖罪の範囲は及んでしまうのだと。
この事実は相当な犯罪抑止効果があると思います。
 「お前を殺して、俺も死ぬ!」
なんて、自分だけが責任を取れば許されるといった
自己中心的な犯罪は少なからず減るはずです。
是非、中学校あたりの授業で取り入れては如何でしょうか?

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(小説)

2007年01月18日

「I LOVE YOU」読み終わりました。

「I LOVE YOU」というタイトルの本を読みました。
この本、男性作家6人の恋愛小説短編集です。
正規の値段で買った方には申し訳ないですが、
古本屋の激安105円コーナーで発見し、購入したものです。
なので、
 いやぁ、105円でこれだけ読めれば大満足!
というのが感想です。
本来1680円なので、その値段で購入していたら感想は違ったのかな?

I love you
I love you伊坂 幸太郎 石田 衣良 市川 拓司

おすすめ平均
starsジャケ買い、正解。
starsそれぞれに…
stars恋愛って
stars6つのやさしい愛
stars新たな発見

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


6人の作家の中で中村航さんという作家さん、
出身大学が私と同じなんです。
芝浦工業大学・・・。
 こうぎょう・・・?
  恋愛小説家・・・?
何かぴんときませんね。

あの男だらけのむさくるしい大学を卒業した男性が、
一体どんな恋愛小説を書くのか?と疑心暗鬼で読みました。
感想ですが、
 うーん、これって恋愛小説じゃないでしょ。
 彼女、ほとんど出てこないし。。。
 登場するのは男ばっかだし。。。
 何か突然殴りあったりしている。。。
やっぱりあのムサクルシイ「こうぎょう」大学の
卒業生の作品だ!と妙な納得感がありました。

ちょっとでも自分と繋がりのある人が活躍していたりすると
なぜが嬉しいような、誇らしいような、
妙な感じがしますよね!
中村さんには会ったことも無いんですが、
出身大学が同じなだけで親近感を感じてしまう。
いやぁ、小市民です、私。

他の作家さんはと言うと・・・。

映画(陽気なギャングが地球を回す)の原作を書いた
伊坂幸太郎さん。
彼はシステムエンジニア出身という異色の作家さんです。
現在システムエンジニアとして働いている私としては、
やはり親近感が沸いてしまいますな。

B000FDK9U8陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション
大沢たかお 伊坂幸太郎 前田哲
ジェネオン エンタテインメント 2006-10-25

by G-Tools



ドラマ化もされたヒット作「池袋ウエストゲートパーク」の
作家である石田衣良さんも書いています。

B00005HNT7池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX
長瀬智也 加藤あい 窪塚洋介
ジェネオン エンタテインメント 2000-10-25

by G-Tools


ね、結構すごい顔ぶれの短編集でしょう。
これを105円で読めちゃうんだから、やはり古本屋さん大好き!

さて、今日からは東野圭吾さんの「手紙」を読んでいます。
東野さんの作品は初めてということで、今回も期待大です。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | 本(小説)

2007年01月06日

リミット(野沢尚)

野沢尚さんの作品を始めて読んだんですよ。
ほとんど予備知識無しで。
まずもって、名前を読み間違えていました、

「なお」って。。。

でもって、女性だと思ってたんですよ!
無知って恥ずかしい・・・。
ちなみに「ひさし」さんで、男性が正解。
読み終わってから、ネットで色々調べてみると
すごい脚本家さんですねぇ。
テレビドラマで、この方の作品を随分見ていました。
 「親愛なる者へ」
 「恋人よ」
 「眠れる森」
 「子落ちの世界」
などなど。
特に「眠れる森」は先の読めない展開で
最後の最後まで「誰が犯人?」と
ハラハラドキドキ見ていたことを思い出します。

今回の作品

 リミット

もラストに予想外のどんでん返しが待っていました。
最後の最後まで油断できない作家さんですね。

リミット
リミット野沢 尚

おすすめ平均
stars野沢尚の問題作
stars母性の強さを描いた無冠のエンターテインメント
starsジェットコースター的小説
stars文学好きな方もどうぞ
stars母は強し!すごいぞ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小説の内容ですが、幼い子供を二人も持つ私には
非常に厳しい内容でした。
 金の為に幼児を誘拐する。
 誘拐された子供に残された道は二つ。
 一つは幼児への性行為を愛する変質者へ売られる道。
 もう一つは、金持ちの子供を救う為
 生きながら全ての臓器を摘出され、殺される道。
オープニングからこんな話だったので、
途中で何度読むのを止めようと思ったことか・・・。

 「絶対、この作家には子供は居ない。
  じゃなきゃこんな残酷な話が書ける訳無い!」


と、犯人以上にこの話を書いた作家を嫌いました。
実際にはどうだったのでしょうか?
結婚はされていたようですが。

作品後半は
 母は強し!
を、延々と語ってくれます。
父親の私の感想は
 「やっぱりお腹を痛めて生んだ母親にはかなわん」
です。

最後は自殺されてしまったとのこと。
才能ある方だったので、もっと多くの作品を
世に送り出して欲しかったです。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2006年12月13日

理由(宮部みゆき)

この作品の登場人物って、一体何人居るの?
と、ついつい考えてしまうくらい登場人物の多い小説
 「理由
作者は最近私がすっかりはまってしまった宮部みゆきさんです。
686ページもある長編、2週間くらい掛かってやっと読み終わりました。

理由
理由宮部 みゆき

おすすめ平均
stars賛否両論あるようですが
starsマイホーム神話の幻想を覚まさせてくれるもの
stars民法改正(?)は正しかったのか?
stars子供が皆・・
stars歯ごたえのある宮部みゆきの入門作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タワー型マンションの高層階で発生した一家4人惨殺事件。
この事件の真相を解き明かしていく物語です。
この事件を1冊の本にまとめようとする取材記者が語り手。
取材で徐々に明らかになっていく事件の真相や、
関係者のインタビューではなしは進みます。

初めにも書きましたが、とにかく登場人物が多いんです。
例えば事件で殺されてしまったおばちゃん関係。
事件現場となったマンションに住むずっと前には
老人ホームに住んでいたんですが、
そのときお世話になった世話係りの人。
おばあちゃんがおばあちゃんでなかった若かりし頃、
嫁いだ先の家庭の父や息子たちなど・・・。
あまりに登場人物か多くて混乱してしまい、
読んでいる最中はずっと
 「登場人物の相関図が欲しい!
と考えていました。

この作品は大林宣彦監督のもと、映画化もされています。
今回私が読んだのは新潮文庫の単行本なんですが、
その表紙には映画の登場人物の写真が並んでいます。
数えてみたら51人居ました。
コレで全部かどうか分かりませんが、まぁ多いこと。

なんでこんなに多くの登場人物が必用だったのか?
それは、この本のタイトルが物語っています。
 ”理由”
 なぜ事件は起こったのか?
 なぜこのマンションの、この部屋で起こったのか?
 なぜ犯人は事件を起こしたのか?
 なぜ被害者は殺されなければならなかったのか?
 ・・・・・、なぜ?
その理由を解き明かすには、
事件の背景を明らかにする必要があります。
そのために多くの人の証言が必要だったのです。
犯人も、ある日突然人を殺すわけではないのです。
そこに至る”理由”が存在するのです。
その背景を明らかにするために多くの登場人物と
多くのページ数が必要だったのです。
この本を通して
 「事件とはニュースで語られるような表面的な問題だけでなく、
  その裏には多くの背景を抱えているんだ

ということを、作者は我々に伝えたかったのではないでしょうか?

最近のニュースを見て
 「近頃の子供は切れやすくて怖いねぇ。」
などと安易に言ったりしていませんか?
その事件の背景には、ニュースでは伝えられない
数多くの問題が隠れているはずです。

blogランキングへGo!

映画評価一覧表へGo!

ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 本(小説)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。