2008年03月05日

我らが隣人の犯罪(宮部みゆき)

我らが隣人の犯罪 (文春文庫)
我らが隣人の犯罪 (文春文庫)宮部 みゆき

おすすめ平均
stars「新装版」、「児童向」もあります
starsさわやか〜黒くない
starsほのぼのとしたミステリ
starsのちの作品の原点ともいえる短編集
stars出発点という印象

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【本】
 我らが隣人の犯罪 (文春文庫)

【作家】 ※●は代表作
 宮部みゆきパーフェクト・ブルー

【ストーリー】
 僕は三田村誠。中学一年。父と母そして妹の智子の四人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることになった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを”誘拐”したのだが・・・・・。表題作以下五篇収録。

【感想】
最近読んだ短編集は、収められた話同士で繋がりがある
そんなスタイルが多かった。
 「村上龍映画小説集」や「チルドレン」とか。

だから、今回の「我らが隣人の犯罪 (文春文庫)」にちょっと違和感を覚えた。
これは完全に独立した5つの話からなる短編集だから。。。

慣れってほんとに怖い。
ちょっと前は”短編なのに連作になってる!”と驚いていたのに、
そんな作品を数冊読んだだけで、それが主流かのように思ってしまう。
(こんなときに自分の流されやすさ・主体性の無さをシミジミ感じる)

宮部みゆきの印象は
 「長編は上手いが、短編はイマイチ
過去の記事を読み返してみると、
人質カノン」を読んだ時に植え付けられたイメージらしい。

で、今回読んだ「我らが隣人の犯罪 (文春文庫)」はどうかというと、
それぞれの作品が及第点レベルには達していたと思う。
特別驚くべき仕掛けも無いが、退屈する事も無くさらっと読めた。
分かりやすい誉め言葉は
 「通勤途中に読むには最適な一冊!
乗り継ぎでぶつ切りになっても、違和感なく読みつづけられる
そんな感じのかる〜い作品。

そんな5編の中イチバンは?と言えば「サボテンの花」。
これは小学校の教頭とあるクラスの生徒達を題材にした作品。

サスペンスと言えば誰かが死ぬのが当たり前だけど、
決してそんな殺伐とした話だけがサスペンスではない、
ということを教えてくれる。
「心温まる子供と大人の心の通い合い」
でも、書き方次第では立派なサスペンスに様変わりする

ということを勉強させてもらった。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 小説
posted by 鉄蔵 at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88311270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ Go To The TopPage...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。