2006年09月24日

「トリコロールに燃えて」レビュー

トリコロールに燃えて
を見ました。
シャーリーズ・セロン主演作です。
シャーリーズ・セロンと言えば、「モンスター」の
連続殺人者役のイメージが強烈でした。
なので「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方
を見たときに
 「こんなに綺麗な人だったんだ!
とビックリしました。
容姿体型まで見事に役作りする
彼女の女優魂には頭が上がりませんね。

トリコロールに燃えて スペシャル・エディション
トリコロールに燃えて スペシャル・エディションジョン・ダイガン シャーリーズ・セロン ペネロペ・クルス

おすすめ平均
stars邦題は悪いが、意外と面白かった!
stars惨い時代の犠牲者たち
stars女性の目で見た戦争
stars運命とは・・・そんなテーマを美しい映像でどうぞ
starsシャーリーズ・セロンは一段と美しくなりました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、今回の「トリコロールに燃えて」ですが、
第二次世界大戦前後の、
シャーリーズ・セロン
ペネロペ・クルスの女性二人と、
男性一人の悲しい恋愛映画です。
自由奔放な生活を謳歌していた三人の生活を、
戦争と言う時代の流れが大きく変えていきます。

見るまでは男女3人の三角関係の恋愛映画で
結構軽めな感じだと思っていたんです。
あんまりあらすじとか見ないで借りてきたので・・・。
でも実際には、戦争という悲しい時代に
巻き込まれていく非常に切ないラブストーリーでした。
そういった意味では期待はずれでしたし、
ハッピーエンドが好きな私としては、いまひとつです。
形はどうであれ、みんなのために戦ったことに違いない
そんな彼女が、誤解で悲しいラストを迎えたときは
 「ちょっと待てよ!何するんだよ!
と声を出しそうになりました。

スペインの戦時下辺りのストーリはお粗末ですが、
特に前半は
 シャーリーズ・セロンペネロペ・クルス
の魅力たっぷりですので、それだけでも
見た甲斐があったと思います。
あんな綺麗な女性二人と三人で同居生活をして、
しかも同じベッドで寝てるなんて男としては最高だよね!


私の評価 : ★★★☆☆(シャーリーズ・セロンは一段と綺麗)
妻の評価 : ★★☆☆☆(戦争などの重い映画は嫌い)

この記事が面白かった人も、
つまらなかった人も是非クリックを。(blogランキングへ)


===>映画評価一覧表へ移動する。

===>ハリウッド・スター 紹介記事一覧へ移動する。

トリコロールに燃えて シャーリーズ・セロン ペネロペ・クルス
posted by 鉄蔵 at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(3) | 映画(家族・愛)
この記事へのコメント
はじめまして、達也です。
『トリコロールに燃えて』観ました。
シャーリーズのファンなので、楽しみに観たのですが、タイトルと内容が不一致な感じがしました。単純な三角関係の映画では無いです。
時代のうねりの中を、自分の生を燃焼させた
一人の女性をスタイリッシュに描いた映画ですよね。
Posted by TATSUYA at 2006年10月08日 17:20
達也さん、コメント有難うございます。
私もこの映画を見終わったときに、タイトルやパッケージなどから受けた初めの印象と、随分ギャップがあるなぁと思いました。
販売戦略の問題で、意図的に戦争映画であることやメッセージ性があることを控えているんでしょうか?
Posted by 鉄蔵 at 2006年10月08日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40043835

この記事へのトラックバック

映画評「トリコロールに燃えて」
Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年アメリカ=イギリス映画 監督ジョン・ダイガン ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2006-09-24 02:28

<トリコロールに燃えて[R−15指定]> 
Excerpt: 2004年 アメリカ・イギリス 122分 監督 ジョン・ダイガン 脚本 ジョン・ダイガン 撮影 ポール・サロッシー 音楽 テリー・フルーワー 出演 ギルダ・ベッセー:シャーリズ・セロン    ミア:ペ..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2006-09-24 06:46

『トリコロールに燃えて』は、タイトルより中味の映画。
Excerpt: 行き急いだ愛の行方・・・ トリコロールに燃えて スペシャル・エディションシャーリーズ・セロン (2005/04/20)エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ この商品の詳細を見る 前..
Weblog: TATSUYAのレンタル映画レビュー
Tracked: 2006-10-08 17:20
ブログパーツ Go To The TopPage...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。