2008年04月29日

あるスキャンダルの覚え書き

あるスキャンダルの覚え書き
あるスキャンダルの覚え書きジュディ・デンチ リチャード・エアー

おすすめ平均
stars寂しい女の物語
stars孤独に蝕まれる愛憎
starsいけない事
starsグロテスクな、あまりにグロテスクな
starsとっても面白い!!是非見てみてください!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 あるスキャンダルの覚え書き

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ジュディ・デンチ007/カジノ・ロワイヤル
 ケイト・ブランシェットバベル

【ストーリー】
 ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの友情に固執するようになる。しかし、ある日、シーバの秘密を知り……。(シネマトゥデイ)

【感想】
"教師が生徒と関係を持ってしまう。"
そんな実際の事件を題材にした映画だと聞いており、
スキャンダラスなその事件が作品の中心だと思っていた。

が、実際には違っていた。
年老いた孤独な女教師が、過ちを犯した美しい同僚教師の
人生を陥れていく「心理的ホラー」映画だった。

■■■GoodPoint■■■
なんといってもジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの
二人のアカデミー賞受賞女優のぶつかり合いは必見。

ジュディ・デンチの永い孤独で培われた変質的な強さと、
ケイト・ブランシェットの家庭の不自由さから生まれた弱さ。
この対極的な二人のキャラクターの演じられ方は完璧。

見ているうちに生徒との事件なんてどこかへ吹き飛んでしまい、
冷徹なジュディに華奢なケイトがどう食べられてしまうのか?
という心配で頭の中が一杯になってしまった。。。

■■■BadPoint■■■
正直、悪い点は見つからない。
実際の事件を単純に映画化するのではなく、
別の要素を加えてうまく映画化していたと思う。

日々の孤独や閉塞感の積み重ねが、
ふとした際に人生を踏み外すきっかけとなってしまう
人生の危うさを感じて、ちょっと恐ろしくなった。
(明日はわが身か?)

■■■評価■■■
予想外の展開に、予想外に引き込まれた。
見る前に思っていた以上によく出来た作品だった。

あと、ラストのほうでブチキレした後のケイト・ブランシェットの
毒が抜けたような表情はとても素敵だった。

全然関係ないが、ジュディ・デンチはCMでわきの下の臭さを
判定していた白衣のオバちゃんにそっくりだ。
(鑑賞中は、終始それが気になって仕方なかった。。。)

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サスペンス)

シルベスター・スタローン豪華舞台挨拶付きジャパンプレミア

【映画名】  ランボー 最後の戦場
【当選者数】 25組50名様
【プレゼント】シルベスター・スタローン豪華舞台挨拶付きジャパンプレミア
【日時】   5月8日(木) 18:30開演、舞台挨拶終了後、本編上映開始
【場所】   TOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen7
【応募締切】 4月30日(水)締め切り
【提供サイト】シネマトゥデイ
  ===>プレゼント応募ページはこちら!
【追加情報】 シルベスター・スタローン本人に会えるチャンス!

あらすじ: 軍事政権下のミャンマーで、ある闇の存在が明らかになる。アメリカ政府は、各国の精鋭傭兵部隊を組織し、事態の鎮圧に乗り出した。最新装備を誇る隊員たちの中、1人手製のナイフと弓矢を武器に、孤独な戦いを繰り広げるジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)。残忍な殺りくを繰り返す敵を前に、ランボーの最後の戦いが始まった……。(シネマトゥデイ)

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

【関連作品】
ランボー トリロジーセット―『ランボー 最後の戦場』公開記念スペシャル・プライス版】―(初回限定生産)
ランボー トリロジーセット―『ランボー 最後の戦場』公開記念スペシャル・プライス版】―(初回限定生産)ブライアン・デネヒー シルヴェスター・スタローン リチャード・クレンナ

おすすめ平均
stars低価格の 『ランボー劇場』
stars未体験の人向け!?!?
stars再評価。だが。
starsこいつを止めたきゃ全宇宙の兵士を集めろ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 鉄蔵 at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会プレゼント

2008年04月28日

タロットカード殺人事件

タロットカード殺人事件
タロットカード殺人事件スカーレット・ヨハンソン ヒュー・ジャックマン イアン・マクシェーン

おすすめ平均
starsリラックスして観れる作品
starsさすがウディ・アレン、美女との約束は守る
stars映画の中で口説くなっつうの
stars買いです。
stars少女探偵スカーレット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 タロットカード殺人事件

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 スカーレット・ヨハンソンマッチポイント
 ヒュー・ジャックマンハッピー フィート
 ウディ・アレンメリンダとメリンダ

【ストーリー】
 ロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が舞台に上げられ、中に入った人間の身体が消えては現れるボックスに入れられる。その中で、彼女は著名なジャーナリストの亡霊ジョー(イアン・マクシェーン)と遭遇。急死したばかりの彼から、とっておきのスクープを耳打ちされる。(シネマトゥデイ)

【感想】
ウディ・アレンはスカーレット・ヨハンソンにベタぼれですわ。

マッチポイントに続いて、スカーレット・ヨハンソンが
ウディ・アレン作品の主役に選ばれたこの作品。
"彼女の主演映画を撮りたいから、この映画を作った"
といっても過言ではないかも知れません。

確かにヒュー・ジャックマン演じる貴族男性が
一目惚れするきっかけとなった彼女の水着姿は見事です。
完璧なプロポーションです。
が、インテリジェンスを感じさせないんですよねぇ・・・、
記者志望の学生の割には。

昔はよく「ボイン=バカ」とかいう無根拠な噂がありましたが、
若干本作のスカーレットにはその気が見られたかな・・・、と。

記者魂で事件を追うのか、恋する乙女心で愛を追うのか。
この映画のもっとも中心となる彼女の気持ちの揺らぎも、
なんだか中途半端でよく分かりません。
少なくとも本作に限って言えば、演技ヘタですよねぇ、彼女。

メガネを掛けて、足りないインテリジェンスを補おうとしたのでしょうか?
この作戦は大失敗でした。
彼女の最大の魅力である『妖艶さ』を吹き飛ばしてしまいました。

連続殺人事件を題材にはしていますが、お気楽極楽な展開。
ラストも 「そう来るかい!」といった冗談のようなオチです。
テンポの速いトークによる小笑いネタの連続は
いつものウディ・アレン流で、ところどころクスクスと笑わせてくれます。

とは言え、大した見どころがないというのが正直な感想なので、
ウディ・アレン好きでなければちょっとキツイ映画かもしれません。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:映画 感想
posted by 鉄蔵 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年04月25日

イン・ザ・プール(奥田 英朗)

イン・ザ・プール (文春文庫)
イン・ザ・プール (文春文庫)奥田 英朗

おすすめ平均
stars空中ブランコからすぐ読んでみた
stars現実にこんな医者がいたらどうなるんでしょうね・・・(笑)
stars型破りだけれど本質を突いている
stars予断(よだん)大敵!
stars息抜きに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【本】
 イン・ザ・プール

【作家】 ※●は代表作
 奥田英朗(空中ブランコ)

【ストーリー】
 「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

【感想】
レディ・ジョーカー」を読了する迄の一ヵ月半の間に
買いためた本の中で、次に読む本として手が伸びたのが
イン・ザ・プール

何が気になるって、この本の続編であり、直木賞受賞作である
空中ブランコ
の舞台版の広告が最近目に付いて仕方なかったから。

だって、通勤に使っているメトロの車両内だけでなく、
わが町和光市の駅前の掲示板にまでポスターが張ってある始末!

ということで、ポスターに写る宮迫&サトエリの
妙な組み合わせに惹かれるように、小説版の前作にあたる
この本に手が伸びた。

呼んでみた感想だが、いやぁオモシロイ!
人間の心が
 如何にもろくて
 如何に複雑で
 如何に繊細で
 如何に面白いか
を堪能させてくれた一冊だ。

心の病というと、ちょっとデリケートな問題で
ついつい深刻に捕らえてしまいがち。
でも本書を読むと、大したきっかけも無く
誰でもその境界線を簡単に超えてしまう可能性があるのだ
ということに気付かせてくれる。

本作の主人公は精神科医の伊良部。
常に患者に対して気軽に接し、決して深刻な態度など見せない。
真剣なのか、ふざけているのかが分からない態度だが、
常に「いらっしゃーい」の掛け声で患者を迎え、
彼らの話に耳を傾けてくれる。

ちょっとおかしな精神科医を前にして
「こいつはヤブ医者なのか?」
と疑いつつも、患者達は毎日彼の元へと足を運ぶ。
それは、伊良部が常に自分を迎え入れてくれ、
そして自分の話を聞いてくれるから。

そうなのだ。
誰しもが、自分を受け入れて欲しいしと思っているし、
話を聞いて欲しいと感じている。
こんな単純だけども贅沢な欲求を満たしてくれる
存在が身近にいればきっと心が病む事なんてないのだ。

毎日仕事をするしかやることがなく、友達も少ない。
そんな私は、家族がいてくれるお陰で、
何とか境界線を越えずにふんばっている。

仕事の愚痴を文句ひとつ言わずに聞いてくれる妻や、
玄関のドアを開けると全速力で駆け寄ってきて
 ”お帰りー!”
と私を迎えてくれる子供達に
ほんとうに感謝の気持ちをこめて、
 アリガトウ
と言いたい。
そんな気分にさせられた一冊だ。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:小説 感想
posted by 鉄蔵 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2008年04月24日

レディ・ジョーカー(高村薫)

レディ・ジョーカー〈上〉
レディ・ジョーカー〈上〉高村 薫

おすすめ平均
stars高村薫の「歯応え」真骨頂
stars絶対的剛速球
starsミステリーと言うよりは、やっぱり社会派小説
starsこれぞ「社会派」
stars緻密な細部リアリズムのお手本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レディ・ジョーカー〈下〉
レディ・ジョーカー〈下〉高村 薫

おすすめ平均
stars傑作ゆえの、最悪の読後感
stars組織の中で生きる人間がどうなるか?
stars高村薫の素晴らしさ
starsLJ原作本が読み難いという映画鑑賞者の為に
stars登場人物がみんな魅力的です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【本】
 レディ・ジョーカー

【作家】 ※●は代表作
 高村薫(マークスの山)

【ストーリー】
 ビール製造会社で労働組合運動に関わった兄の死をきっかけとして、一人の薬局店主が営利誘拐を計画し、元自衛官のトラック運転手、現役警察官、旋盤工、在日朝鮮人の信用金庫職員と共に実行。さらに、営利誘拐事件の被害者となったビール会社の利益供与事件も絡み、複雑なストーリー構成になっている。

【感想】
昨日の記事で書きましたが、一ヵ月半も掛けて
 『レディ・ジョーカー
を読み終えました。
 
上下2巻で、1ページが2段構成。
単純に言えば普通の4冊分程度に相当する分量の本作。
普通に考えれば相当に読み応えがある一冊のはずですよね。

あれ・・・?

なんでなんでしょう。
読み終えた満足感や感慨が一切起こってこないんです。
というよりも「やっと終わった」という開放感で一杯なんです。

どうも私には、このぶ厚い本は
 ”修行” や ”拷問
といった類に分類されてしまったようなのです。

企業を恐喝する犯罪グループの面々。
恐喝される企業の経営者たち。
犯人を追う警察。
事件を報道する新聞社の記者たち。
ある事件に絡む多くの人物の背景や行動・心情を丹念に描き、
事件の裏に潜む人の業といったものまでも描き出そうとします。

「事件が起こった、それでどうなった」といった単純な表現ではなく、
事件がなぜ起こったのかという過去の背景をまず丁寧に描き、
その事件に巻き込まれていく人々の心境の変化を次に描き、
最後に心の変化の積み重ねが導く事件の結末を描きます。

この登場人物への徹底した掘り下げ方は、
本書が最も評価される点なのでしょう。

・・・。
でも、私にはちょっと丁寧過ぎました。
面倒くさくなってくるんですよ、ここまで書かれると。
ページ数ばかり稼がないで、もっと端的に書いてくれ!
というのが正直な感想です。

ラストも結局すっきりしない終わり方ですし、
正直私としては
貴重な時間を返してくれ!
と別冊宝島へ訴えたいところですが。。。
実際に読まれた多くの皆さんはどんな感想をお持ちなのでしょうか?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 小説
posted by 鉄蔵 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2008年04月23日

もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』

もっとすごい! このミステリーがすごい! (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ) (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)
もっとすごい! このミステリーがすごい! (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ) (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)
宝島社 2008-02-07
売り上げランキング : 21120

おすすめ平均 star
star資料的価値大
star便利で楽しい一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【本】
 もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』

【感想】
最後に小説の感想記事を書いたのはいつだろうと
このブログを見返してみました。
結果、3月12日の「死神の精度」が直近の記事でした。
今日は既に4月23日。
とすると、約1ヵ月半も小説の記事を
書いていなかった事になります。

・・・。

その間、ずーっと読みつづけていた本がありました。
その作品とは、高村薫さんの『レディー・ジョーカー』です。

上巻426ページ、下巻443ページ。
しかも1ページは上下段の2段構成という超大作!
これを読了するのに約一ヵ月半を要したのです。

そもそもこんなしんどい本を読むことになったのは
 ”もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』
という本を読んだから。

別冊宝島が毎年発行する“このミステリーがすごい!”
の20周年を記念して発行されたこの本は、
過去20年のランキングをまとめた本である。

ミステリー小説好きの私が、
書店でつい手を伸ばしてしまった本書。
そのランキングを見ていくうちに
「過去20年で年間一位を2回取ったのは高村薫さんただ一人」
ということに気付いたのです。
 ※1994年マークスの山、1999年レディー・ジョーカー
そして
 「是非、どちらかの作品を読んでみたい
という欲求が生まれたのです。

こういう出会いってあるんでしょうね。
そんなときにふと立ち寄った古本屋の激安コーナーで
上下巻それぞれが105円という超破格値で売られていた
レディー・ジョーカーに出会ったのです。

もちろん買いましたよ、速攻で。。。
そして始まったんです、長く、辛い(?)
レディー・ジョーカーとの格闘の一ヵ月半が。。。
※長くなりそうなので、レディー・ジョーカーの感想は次回書きます。

ま、『このミステリーがすごい!』の20周年永久保存版である本書は
ミステリー小説初心者にはもってこいの教本だと思います。
なにせ多くのファンに支持されてきた本が一堂に会している訳ですから。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ: 感想
posted by 鉄蔵 at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他)

2008年04月22日

リリー・フランキー主演映画?『ぐるりのこと。』予告編上映中!



あのリリーさんです。
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の。
おでんくん」の。
彼が映画に主演するそうです。

出演、じゃないですよ。
主演』です。

こりゃ見ものだ!
絶対、独自の世界観を見せてくれるに違いない!

そんな映画
ぐるりのこと。
は、初夏に公開予定。

とりあえず、予告編をどうぞ。

あらすじ: 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき子どもを亡くしてしまい、その悲しみから翔子は心を病んでしまう。そんな翔子をカナオは温かく支え続け、2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。(シネマトゥデイ)

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:予告 映画
posted by 鉄蔵 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(予告)

2008年04月21日

ヘアスプレー

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)ザック・エフロン ニッキー・ブロンスキー クィーン・ラティファ

おすすめ平均
stars待ちに待ったDVD!
starsとにかくハッピー☆元気がもらえる映画です!
stars元気がでる作品です。
stars差別する側からの視点
starsダンス&ソング♪プラス笑顔♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 ヘアスプレー

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 ジョン・トラヴォルタ(パルプ・フィクション)
 ニッキー・ブロンスキー(本作)
 ミシェル・ファイファー(I am Sam アイ・アム・サム)

【ストーリー】
 あらすじ: おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切り、オーディションに参加する。(シネマトゥデイ)

【感想】
久々のミュージカル映画です。

今まで見たミュージカル映画といえば
何と言っても『シカゴ』が一番でしたが、
その他にも『ウィンター・ソング』や『ドリームガールズ
なんていう作品もありました。
(『ハッピーフィート』もミュージカル映画?)

そういった作品と比べても、この『ヘアスプレー』は
ミュージカル部分の比重がとても重い作品でした。
約2時間の上映中、ほとんど歌っているか踊っているかのどちらか。
なのでこの手の作品が好きではない人には
ある種拷問的な映画かもしれません。

とは言え、ストーリーが全く無いわけでは有りません。
太っちょの女の子が、周りからの冷たい目線にもめげずに
テレビのダンス番組にのし上がっていきます。
そしてそれはやがて人種差別撤廃運動へと繋がっていきます。

そう、テーマは”差別や偏見の撤廃”という立派なものなのです。
そんな重苦しいテーマを扱いながらも、音楽とダンス、
そしてキュートな60年代ファッションで軽やかに描いています。

ジョン・トラボルタの女装もなかなか見ものですし、
クイーン・ラティファ の歌声も相変わらず迫力満点。
(彼女はシカゴにも出ていましたね!)

こう書いてみると見どころ満点な気がするのですが、
見終わった感想がいま一つなのは何故なんでしょうか?
単純に私はミュージカル映画が苦手なだけなんでしょうか?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2008年04月20日

マーシャル・ロー

マーシャル・ロー (ベストヒット・セレクション)
マーシャル・ロー (ベストヒット・セレクション)デンゼル・ワシントン エドワード・ズウィック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【鑑賞映画】
 マーシャル・ロー

【主な出演者】 ※カッコ内は代表作
 デンゼル・ワシントンインサイド・マン
 ブルース・ウィリス(ラッキーナンバー7)
 アネット・ベニング(アメリカン・ビューティー)

【ストーリー】
 解説:  ブルース・ウィリス、デンゼル・ワシントン共演の政治ドラマ。大都市ニューヨークでテロ事件が勃発。戒厳令が敷かれ、さながら戦場と化したNYで、陸軍・FBI・CIAの思惑が激しく交錯する。シミュレーション的側面も持つ、リアルで時事的な描写が特筆もの。アネト・ベニング共演。NYのブルックリンで、バスジャックのテロ事件が起きた。テロリズム対策部長のハバードは、事件の犯人の背後に政治的な思惑を感じ取る。(allcinema ONLINE)

【感想】
マーシャル・ローとは戒厳令のことだそうです。
では戒厳令とはどんな意味なのでしょうか?
<ウィキペディア>
戒厳(かいげん、martial law)とは立憲主義に基づく法治国家において、憲法以下法令において定める国家緊急権(非常事態権)に基づき、戦時において兵力をもって一地域あるいは全国を警備する場合において、国民の権利を保障した法律の一部の効力を停止し、行政権・司法権の一部ないし全部を軍隊の権力下に移行すること及びそれについて規定した法令をいう。

つまり、戒厳令が発令されると、国民の自由は奪われるという異常事態のこと。

本作は舞台となるニューヨークで無差別爆破テロが続発。
この鎮圧の為に戒厳令(マーシャル・ロー)が発令されます。
軍隊が街中に出動し、武力で市民生活を制圧していきます。
そして理由も無く、疑わしきは捕らえられます。
男も女も、大人も子供も。
犯人がアラブ系イスラム教徒らしいという理由だけで、
何の罪も無い人々が強制連行されていくのです。

この映画が公開された1998年当時は、
「まさか本当にそんなことが起こる訳が無い」と
フィクションとして捕らえられたのでしょう。
しかしその数年後、あの同時多発テロが起こり、
この映画で描かれた世界は現実のものとなったのです。


そういった意味では非常に先見の明がある作品で、
時代を捕らえた秀作です。

また、陸軍・FBI・CIAといった組織間の権力闘争が描かれていますが、
こんな非常事態においても権力争いが起こるあたり、
「きっと現実もこんなんだろうなぁ」
と妙なところでリアル感を感じました。

ということで、この映画で学んだ事は
 ”大変なときぐらい、みんなで力を合わせましょう”
ですかね。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
タグ:感想 映画
posted by 鉄蔵 at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サスペンス)

2008年04月18日

インディ・ジョーンズ初来日!

いんでぃ.jpg

この夏に第四弾の
 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
が公開されるインディ・ジョーンズ
そのインディ・ジョーンズ役といえばハリソン・フォードですね。

そのハリソン・フォードが
 「“インディ・ジョーンズ”として初来日」
するらしいです。
※これまでの3作品ではプロモ来日はなかったとのこと。。。

おまけにスティーブン・スピルバーグジョージ・ルーカス
来日要請中とのことで、超大物ビッグ3の来日が実現するかも?
ということで大変話題になっています。
※だってYahooのトップニュースに載ったもん!

とはいえ、この3人の名前に懐かしさをどこか感じるこの頃・・・。
それに久しぶりのインディー復活も、
なんだかロッキー&ランボーを復活させたスタローンの
二番煎じって感じもしますしねぇ・・・。
そんなことを考えるのってのは私だけでしょうか?

ちなみにこの映画の予告編は以前載っけていますので、
まだ見ていない方は是非どうぞ!
⇒『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』予告編記事
いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング
posted by 鉄蔵 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。