2007年05月31日

「人のセックスを笑うな」の映画版について


Invitation (インビテーション) 2007年 03月号 [雑誌]
Invitation (インビテーション) 2007年 03月号 [雑誌]


前回読み終わった
人のセックスを笑うな
という本についての感想を書きました。
その中で、そもそもこの本を買うキッカケになったのは
同名の映画の記事をある雑誌で見つけたからでした。
ということで早速家に帰ってから確認してみました。

その雑誌は「Invitation」の2007年3月号でした。
広末涼子さんが大きく背中のあいたワンピースを着て
挑発的な視線を送っている写真が印象的な1冊です。

この雑誌の49ページの
2007年以降の女優の映画はコレだ
という記事に、「人のセックスと笑うな」映画版が
紹介されています。
この記事によると出演者がとっても豪華!
主人公である美術学校の学生役は松山ケンイチさん。
彼と不倫する教師役には永作博美さん。
その他にも蒼井優さんなどが出演するそうです。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:映画 小説
posted by 鉄蔵 at 12:11 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画(その他)

人のセックスを笑うな(山崎ナオコーラ)「タイトルの嘘つき!」

人のセックスを笑うな
人のセックスを笑うな山崎 ナオコーラ

おすすめ平均
stars笑うなと言いたくなる想い
stars何よりも。
stars濃いタイトルだが中味は薄味
stars題名すごすぎ
stars切ない読後感に心が揺れる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夜間のコンピュータシステムの監視なんて暇なんです。
定期的に、例えば15分に1回とかのレベルで状況をチェックして、
特に問題が無ければやることはありません。
(ここで運悪く問題が発生すると急に忙しくなっちゃうんですが。)
ということで、今夜は暇つぶしに本を持参しました。
山崎ナオコーラ著「人のセックスを笑うな」です。

この本は古本屋の105円コーナーで見つけました。
前買った映画雑誌に同名映画の記事が載っていたのを覚えてて、
たまたま同じタイトルの本を見つけたので衝動買いしたのです。
タイトルのインパクトが強いですから、覚えていたんですね。

で、私がこのタイトルから想像した本の内容はこんな感じです。

 主人公は誰かに笑われています、自分のセックスについて。
 きっとセックスが下手糞なんでしょう。
 で、友人たちは彼をセックス上手にしようと
 あれこれレクチャーするんです。
 最終的に、セックス達人となった主人公は
 誰からも笑われなくなりましたとさ。

あれっ?なんだか聞いたことあるようなストーリーだな?
そうか!「40歳の童貞男」だ!
こんな感じに、勝手に想像を膨らませてからに読書開始です。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:小説 批評
posted by 鉄蔵 at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(小説)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド(ジョニー・デップ)

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック

舌の根も乾かぬうちに」って言うのは、
まさに私のためにあるような言葉です。
「パイレーツ・オブ・カリビアンのパート2が面白くなかったので
 パート3であるワールドエンドは自ら望んでは見たくない」
という内容の記事を前回(5/30)書きました。
それが今日(5/30)映画館で見ちゃったんです、ワールドエンド!

というのも、今夜システムの夜間監視の立会いだったんですが、
実際に処理が始まるのが夜中の1時から。
それまではやることもないんで、大抵映画を見に行くんです。
今日はマリオンでタイミングよく20:40〜23:40という時間帯で
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド
をやっていました。
他の作品をやっていればそちらを見たのですが、
あいにくこの映画しか上映していない。
そのまま戻っても退屈な時間が待っているだけなので、
(仕方なく?)鑑賞することにしたという訳です。

じゃぁ、実際に見た感想はどうだったか?というと
これが予想外に楽しめました。
3時間弱の上映時間は通常であれば長すぎですが、
元々時間つぶしに来ている私にとっては逆に好都合。
しかも、前作のような無駄なストーリーによる時間稼ぎはなく、
本筋を辿っていったら3時間掛かったという感じだったので、
特に退屈せずに鑑賞できました。

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:映画 批評
posted by 鉄蔵 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(その他)

2007年05月30日

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(ジョニー・デップ)

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション

パート1である「呪われた海賊たち」を見てないんですが、
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」を見ました。
(この間のTV放送、見逃しちゃったんです。)
とはいえ、おもいっきり娯楽映画ですからね。
多少、登場人物の人間関係で戸惑うことはありつつも、
そんなに違和感なく見れました。

しかし、パート2だけ見る限りでは
とてもつまらなかったです。
このストーリーで150分は要らないでしょう。
無駄に時間が長い分、中だるみというか、
途中で飽き始めてしまいました。
(まだ終わらねぇのかぁ・・・、と。)
特に前半で立ち寄る先住民族の住む島の部分は
まったく必要ないでしょう。
ストーリーに一切関係ないし、
別に見所って訳でもないし。
製作サイドは単にこの映画の上映時間を
長くさせたいだけじゃないのでしょうか?

いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:映画 批評
posted by 鉄蔵 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(コメディー)

2007年05月28日

陰日向に咲く(劇団ひとり)「あたまいいなぁ、この人」

劇団ひとりの「陰日向に咲く」を読みました。
結構評判も良く、2007年本屋大賞にもノミネートされました。
お笑い芸人の書いた小説なんてどうなのよ?
とたかをくくっていた私ですが、
世間の好評価が気になりつい買ってしまいました。
(でも、いつもの古本屋で500円ナ〜リ。。。)

いやぁ、世間の評価って当てになるもんです。

5つの短編に出てくる主人公は、
ホームレスやオタクや多重債務者などなど、
みんな微妙に世間の端っこに生きる人々。
そんな彼らも、悩み、考え、(それなりに)行動して、
多少なりとも自分の人生を軌道修正しようともがいています。
決して日が当たるような表舞台ではないけれども、
日陰で一生懸命もがき・苦しみ・努力する人々に
劇団ひとりは丁寧にスポットライトを当てています。

(ちょっとしたサプライズも用意しながらね。)

陰日向に咲く
陰日向に咲く劇団ひとり

おすすめ平均
starsすぐにもう1度読み返したくなる★★★★★
starsよく分からない・・・
stars気持ちが楽になりました^O^
stars最初から順番に
stars得した様な読後感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2007年05月27日

ソウ3「すっかりスプラッター映画に変身!」

ソウってホラーとかスプラッタ映画じゃなかったですよね?
それがパート3ではすっかり様変わり!
初めからグロいシーンの連続。
なんだか別の映画を見ているような感覚です。

サスペンスとホラーの雰囲気を漂わせながら、
ギリギリのところでグロいシーンは見せない。
ドキドキ・ハラハラさせつつ、気持ち悪さは抱かせない。
そして最後には予想を越える大どんでん返し!
このシリーズには、そんなイメージを持っていました。
それなのに、この変わり様ったら何?

ソウ3 DTSエディション
ソウ3 DTSエディショントビン・ベル ダーレン・リン・バウズマン ショウニー・スミス

おすすめ平均
stars案外よかった
stars1、2と観たらやっぱり3も観るべき
starsグロイだけ
starsすんごいですね。出来ることはみんなやりました感があふれてます
starsあのねー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画(サスペンス)

2007年05月25日

グアム!GUAM!ぐあむ!

5月20日から4泊5日の日程で
グアムへ家族旅行に行ってきました。

社会人になって丸10年が過ぎ、
リフレッシュ休暇ということで
まとまった休暇が取れたためです。

ハワイには行ったことがありますが、
グアムは今回が初!ということでワクワクです。

泊まった宿はP.I.Cグアムです。
(P.I.C=パシフィック・アイランド・クラブ)
小さな子供が二人居る我が家としては、
如何に子供たちが飽きずに楽しめるか?が最大のテーマ。
ホテル全体がテーマパークのようなP.I.Cだったら
子供も楽しめるだろうと思い、選びました。
結果は大正解!
子供用プールが充実しており、
プールサイドでのイベントも盛り沢山!
意外だったのはトランポリンやパターゴルフなど、
泳ぎ以外の遊びをとても楽しんでいたことです。
またキッズクラブという名の無料託児所があり、
夫婦だけの時間がもてたことも嬉しかったです。
その時間を利用して、施設内のスカッシュコートで
気持ちの良い汗を流させてもらいました。

子供と行くグアム子供と行くグアム
地球の歩き方編集室

ダイヤモンド社 2006-10-28
売り上げランキング : 27735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他

2007年05月19日

重力ピエロ(伊坂幸太郎)「本当に格好いい4人の家族の物語」

家族の定義はなんだろう?
伊坂幸太郎の「重力ピエロ」を読んで、
そんなことを考えた。

生みの親。
 育ての親。
  異父兄弟。
生まれながらの血の、DNAの繋がりが
実際にどれだけ大切なのだろう?
ほんとうに大切なのは
生まれてからの日々の暮らしの積み重ね
なのではないのだろうか?

この本に登場する兄弟の弟「春」は
母親がレイプされたことで出来た子供だ。
この小説は、その悲しい事実の上で
繰り広げられる家族の物語である。

重力ピエロ
重力ピエロ伊坂 幸太郎

おすすめ平均
starsミステリーというよりは・・・
stars家族の愛とつながりを描くものがたり
stars家族愛に満ちた意外な結末
stars伊坂幸太郎の優しさが滲み出ている一冊。
stars

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(小説)

2007年05月16日

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(オダギリ・ジョー)「樹木希林さん!あんた最高だよ!」

仕事帰りに
 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
を見てきました。
映画の中でも何度か映った有楽町マリオンの
映画館での鑑賞です。
スクリーンにマリオンが映るたびに
 「おっ!俺、今そこに居るよ!
とつぶやき、映画に親近感が沸きました。

そんなマリオン内の映画館は
今日は水曜日のレディースデイということで、
女性の多いこと、多いこと・・・。
観客の9割5分は女性だったかも。
相変わらず30代オトコの一人映画鑑賞は
微妙に肩身の狭い思いがします。

ちなみにこの映画の原作は1年くらい前に読みました。
残念ながら泣けませんでしたねぇ。。。
 じゃぁ映画版はどうなの?
と変な期待を持っての鑑賞です。

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」オリジナルサウンドトラック
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」オリジナルサウンドトラックサントラ 上田禎

ユニバーサルJ 2007-04-11
売り上げランキング : 13018


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
posted by 鉄蔵 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ドラマ)

2007年05月15日

大ヒットシリーズ映画は続くよ、どこまでも・・・

パート3が記録的大ヒット中の
 「スパイダーマン
このシリーズで大もうけをしているソニー・ピクチャーは、
なんと更なる3部作を製作する気マンマンの模様。
(つまりパート4〜6ってことです。)

■eiga.com「ソニーが「スパイダーマン」新3部作の製作を宣言!新キャストは誰?」

こういったシリーズものになると
 「スター・ウォーズ」シリーズ
を思い浮かべますが、あれだって新3部作の製作まで
相当な期間が空きました。
それが、新作であるパート3を公開したばっかりで
早速新3部作話なんて・・・。

ソニーさんはよっぽどお金が必要らしい。

スパイダーマン 2 デラックス・コレクターズ・エディションスパイダーマン 2 デラックス・コレクターズ・エディション
トビー・マグワイア サム・ライミ キルスティン・ダンスト

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2004-12-03
売り上げランキング : 15391
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま人気の映画ブログはどれ?映画ブログランキング

続きを読む...
タグ:映画 ヒット
posted by 鉄蔵 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画(時事ネタ)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。