2007年02月26日

「明日の記憶」レビュー

明日の記憶」を見ました。
1つ前に見た「嫌われ松子の一生」の主演中谷美紀さんは
日本アカデミー賞の主演女優賞でしたが、
「明日の記憶」の主演渡辺謙さんは主演男優賞受賞者。
そんな繋がりもあって、珍しく邦画2連チャンです。

明日の記憶
明日の記憶渡辺謙 荻原浩 堤幸彦

おすすめ平均
stars現実問題としての認識!
starsブルジョワ的な、あまりにブルジョワ的な
stars切なすぎるラスト
starsメメント・モリですよね
stars心がイタイです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、
平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、
ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。
あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、
懸命に受け止め、慈しみ、いたわる妻(樋口可南子)。
彼女は共に病と闘い、来るべき時が来るまで
妻であり続けようと心に決めるが……。 (シネマトゥデイ)

若年性アルツハイマーをテーマにしたこの作品。
単純な感想としては
 私の頭の中の消しゴムの方が泣けた」
です。
あちらは観客が泣かないのは映画じゃないくらいに考えていそうな
韓国映画ですから、これでもか!と泣きポイントを連発してきます。
大人になって私が唯一涙をボロボロこぼした作品でした。
それに比べると「明日の記憶」は淡々としています。
娘の結婚式や会社退職など若干の泣きポイントはあるものの、
病気が進行し記憶が失われていく一番のポイントは
あまり描かれていません。(正直、ラストだけ?)
最後は
 「え?終わり?!」
といった印象がありましたし、物足りなさが残りました。
もっとこの病気の厳しさや残酷さを真正面から描いても
良かったのではないかと思います。


とはいえ、謙さんの演技は素晴らしいです。
怒る・泣く・落ち込む・・・。
自信も実際に病気で苦しんだ経験の持ち主ですから、
病気をテーマにしたこの作品には思いいれもあることでしょう。
それに比べると競演の樋口可南子さんはちょっと軽かったです。
この病気は、本人よりも残される人が一番苦しいと思うんです。
自分の名前すら忘れていく家族を、それでも面倒見続ける。
そこには見返りも何もなく、ただただ一方通行の愛情しかない。
この苦しい状況の割には、ちょっと毅然としすぎかな?と。
人間ってこんなに強くないでしょう。。。

映画としては微妙な感じですが、
健康管理の大切さや病気の怖さを教えてくれたという点では
見た甲斐があったと思います。
やっぱり、なによりも大切なのは
 家族 そして 健康
ですね。

私の評価 : ★★★☆☆(ちょっと物足りない)
妻の評価 : ★★★☆☆(単調すぎ、かな?)

【過去関連記事】
 ■「私の頭の中の消しゴム」レビュー
 ■「硫黄島からの手紙」はヒットの予感!
 ■年末年始映画。「武士の一分」と「硫黄島からの手紙」のどっちを見る?
 ■丹波哲郎さん 死去
 ■ハリウッド・スター14 早川雪洲

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画(家族・愛)

2007年02月22日

Yahoo!映画 Myムービー始めました

Yahoo!映画の中の
 Myムービー
を始めました。
宣伝文句の
 「生涯映画データ−ベースを作ってみよう」
に惹かれてしまいました。

このブログで紹介できない昔見た作品も
リストアップする予定です。
時々思い出したように追加していくと思いますが、
一体今まで何本くらいの映画を見てきたんだろう。。。
ちょっと楽しみです。

リンクはこちら!!
 http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-w8PEbyiFYDTzliL._28-

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)

2007年02月20日

「嫌われ松子の一生」レビュー

中谷美紀さん、日本アカデミー賞主演女優賞
受賞おめでとう御座います。
それでという訳ではないんですが
 「嫌われ松子の一生
を見ました。

嫌われ松子の一生 通常版
嫌われ松子の一生 通常版中谷美紀 山田宗樹 中島哲也

おすすめ平均
stars伝えたいことは?
stars人の人生はピントが勝負
stars悲しみを受け入れるために
stars中島監督のイマジネーションと美学
starsコミカルさを評価すべきか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この作品、女優魂全快バリバリ
中谷さんに圧倒されっぱなしです。
ジェットコースターのような浮き沈みの激しい人生
 ちょっと頭が切れているのか?
くらいに見事に演じています。
こんな綺麗な人が、こんな不幸な人生を
歩むことに若干の疑問を感じます。
お花が主人公の周りを飛び回ったりする
少女漫画チックな派手な演出に多少の違和感を覚えます。
しかし、それらを全て跳ね除け、
映画の独特の世界観に観客をグイグイ引き込んでくれる
中谷さんの演技は見事です。
他の候補者の出演作を見ていないのですが、
中谷さんの受賞は当然なのではないでしょうか。

昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、
お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。
しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、
家を飛び出して風俗嬢になってしまう。
その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、
壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を
送ることになる……。 (シネマトゥデイ)

松子は決していい人ではありません。
転落人生のきっかけは、
 目の前の問題を適当に回避しよう
としたツケです。
勤務する中学校の修学旅行の宿泊ホテルで盗難騒ぎがあり、
とりあえずクラス一番のワルのせいにしてしまおう・・・と。
しかもその理由は
 「早く暖かい温泉に入りたいから」
・・・。
あんた、最低だよ!
ここからの人生ジェットコースターぶりは「FUJIYAMA」並で
見ていて飽きることはありません。

こんな松子のひねくれた性格の出発点は、
父親の愛情が病弱な妹に向かってしまい、
自分が充分な愛情を得られなかったから。
変なタコ口顔も、その顔をしたときだけ
大好きな父親が笑ってくれたから、
だそうで。
・・・、ちょっと可愛そう。

幼い子供を持つ私は育児書を何冊か読みました。
その中では必ず
 「幼い頃に両親から受ける愛情はとても大切!」
と書かれています。
そういった愛情を素直に受けられなかった松子。
 本当は皆から愛されているのに、
 自分は愛されていると実感できなかった。

最初から最後まで
愛情に満たされない可愛そうな人生です。

このような愛情不足による転落人生劇場を見ると、
自分の子供には
 幼心でも理解できる分かりやすい愛情
を表現していこうと思いました。

私の評価 : ★★★★★(中谷美紀さん、あんた最高!)
妻の評価 : ★★★★☆(シュールでコミカル!)

【過去関連記事】
 ■映画賞の賞金って以外にたいした事ないね!
 ■3分1億円って何?(7月24日通りのクリスマス)

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(5) | 映画(コメディー)

2007年02月17日

「LAST」(石田衣良)読了

最近読んだ小説には共通点がある。
レイプだ。しかも幼い子がその標的である。
野沢尚さんの「リミット」
東野圭吾さんの「白夜行」
そして、今回の石田衣良さんの「LAST」である。
5歳の娘と3歳の息子を持つ父親として、
こういった文章を読んでいると吐き気がする。

LAST (ラスト)
LAST (ラスト)石田 衣良

おすすめ平均
stars心が痛い
stars重いケドそれがリアル
starsもう後がない
stars社会山の尾根のものがたり
stars日本の現在。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人間のダークな面を描こうとすると、
金か、殺しか、セックスしかないのだ。
それは安易と言えば安易だし、
人間の本質と言えば本質なのだ。
 単純だなぁ、人間って。
  所詮は動物だからなぁ・・・。


こんな本ばっかり読んでいるから
最近はお先真っ暗な人生ばかり
想像しがちな気がする・・・。
しばらくはこういったノワール系(?)な
本からは遠ざかろうと思う。

さて、今回の「LAST」は
 「人間追い詰めすぎるとハジケちゃうよ!」
といった内容である。
それぞれの事情で金銭的に追い詰められ、
後が無くなった7人のストーリーを描いた短編集。
ただ肝心のラストの弾け方がちょっと物足りない。
(1話目はオジイチャンが裏金融の親玉!という
 落ちを期待していたのに・・・)
感覚的にはショートショートのような
最後のどんでん返しがあるのかな?と思ってたけど
この本はそういった類の本ではないらしい。
世の中には様々な形の暗い人生があるんだよ、
というのをとくとくと語ってくれているみたい。
なので、反面教師的な人生教科書なのかな?
と思う。

ストーリーの根底にあるのは、
 「バブル崩壊によって、狂わされた人生」
こういう小説を書く石田さんは、
きっとバブルが大嫌いなんだろう。
絶対に「バブルへGO!!」とか見ないんだろうな。

今回は以前読んだ「I LOVE YOU」繋がりで
石田衣良さんを読みましたが、
次回も同じ繋がりで伊坂幸太郎さんを読みます。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説)

2007年02月15日

ハリウッドスターのCM出演料って?

テレビCMのギャラは高額だっていいますよね。
結構有名な俳優・女優さんだと1本何千万とか。
そんなテレビCMで最近気になるのは
 携帯電話のソフトバンク
キャメロン・ディアスブラッド・ピットなど
超一流のハリウッドスターが出演しています。
携帯電話市場では新参者のソフトバンクとしては、
 ”携帯=ソフトバンク”
を強烈にアピールする必要があり、
そのための戦略としてハリウッドスターが選ばれたのでしょう。

メリーに首ったけ
メリーに首ったけキャメロン・ディアス ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26
売り上げランキング : 5015

おすすめ平均 star
starキャメロンディアスの魅力がぎっしり♪
starジョナサン・リッチマン!
starコメディ万歳!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


効果の程がどうなのか?は良く分かりませんが、
相当な出費であったことは間違いない模様。
先に登場したキャメロン・ディアスのCM出演料は
なんと3.6億円!
しかも撮影時間はたったの6時間!

・・・、時給6000万円!
・・・、分給100万円!
・・・、秒給ざっくり2万円!


ついついこんな計算をしてしまう自分の小市民ぶりには
毎度のことながら呆れてしまいます。
(きっとこんな大金、一生縁が無い人種だな)
しかし、まじめに働くのが馬鹿らしくなる。
撮影の合間のコーヒータイムで私の年収を軽く越えてしまう。
せめてもの救いは私がauユーザーってことくらいかなぁ・・・。

私の隣の中国人が、
新しいソフトバンクの携帯電話を片手に
 「ワンセグ、素晴らしいです!」
と仕事そっちのけで訴えてきました。

きっと韓国製とかのチップが内蔵された
日本の携帯電話を中国人が使って、
その利用料はアメリカのハリウッドスターへ・・・。
身近なグローバリゼーションですな。

【過去関連記事】
 ■「イン・ハー・シューズ」レビュー
 ■ハリウッド女優 出演料ランキング1位はニコール・キッドマン!
 ■不倫中の銀行支店長 ホリー・ハンター

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(時事ネタ)

2007年02月12日

「白夜行」(東野圭吾)読了

手紙」に続き、東野圭吾作品である
 白夜行
を読みました。
この小説はテレビドラマ、「手紙」は映画で
映像化されています。
東野作品は文章表現が繊細なので、
読んでいて映像をイメージしやすいです。
また景色や動きだけでなく、登場人物の
心の内側(心情)も同様に描かれています。
そのまま脚本になりそうな小説なので、
映像化する監督なども演出しやすいでしょうし、
演じる役者さんも演じやすいのではないでしょうか?

白夜行
白夜行東野 圭吾

おすすめ平均
starsおぞましい物語だ
stars一大犯罪叙事詩。
stars真実は
stars
starsちょっと難しいかも…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(あらすじ)
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。
容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。
被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂
―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、
その後、全く別々の道を歩んで行く。
二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。
だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。
息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。
心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。
(Yahoo!ブックス)

この作品、850ページにもなる長編で、
読み終わるのに結構掛かりました。
19年にも渡る、ある男女の物語。
とても強い女性と、
その彼女のために生涯をささげた男の話。
 「亮司という可愛そうな男の物語であり、
  雪穂という怖い女の物語。」

というのが私の感想です。
(男性的な感想でしょうか?)

この二人の精神的な関係が
最後まで描かれることはありません。
それゆえに読み手は色々な想像をしてしまいます。
私は
 一方的に愛する男性と、それを利用する女性
という関係に読み取れました。
散々利用してきた彼が警察に追われ、死んでしまう。
そんな彼に向かって
「誰ですか?そんな人知りません」
って言って、簡単に切り捨ててしまう。恐ろしいです。

そうまでして自分の立場を守ろうとするのが
幼い頃の心の傷が原因だというのがとても悲しかった。
幼い頃に大人に弄ばれ、そんな男へ売られそうになった。
私には想像も出来ない深い傷です。
貧困の残酷さ。
幼い娘を持つ父親としては、そんな不幸な子供が
現実世界で生まれないことを願うだけです。

このような人間の暗い面、悪い面を描くのを
 ノワール
と言うそうですね。(あとがきで知りました。)
ハッピーエンドな話が好きな私としては、
この手の作品は純粋に楽しめないんですよねぇ・・・。
とっても読み応えは十分なんですけど。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(2) | 本(小説)

「マッチポイント」レビュー

スカーレット・ヨハンソンといえば、
いま最もエロいハリウッド女優です。
以前記事にも書きましたが、
発言も行動も悪女ぶり全開な様で・・・。
 過去記事:エロ女優:「夢はカーセックス」って語る女優って?
そんな彼女の出演作が「マッチポイント」。
監督はあのウッディ・アレンです。

B000K2UDHIマッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)
ジョナサン・リース・マイヤーズ ウディ・アレン スカーレット・ヨハンソン
角川エンタテインメント 2007-02-02

by G-Tools


元プロテニス・プレイヤーのクリス
(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、
大金持ちのトム(マシュー・グード)と親しくなり、
やがて彼の妹クロエ(エミリー・モーティマー)と結婚。
しかし、トムの婚約者で、セクシーなアメリカ人女優の
ノラ(スカーレット・ヨハンソン)に心を奪われ、
不倫の関係に陥ってしまう。 (シネマトゥデイ)

見ている途中からずーっと一貫して思うことは
 「これって昼メロ?!」
です。
あの平日の午後1時半頃に始まる、退屈な奥様向けの
どろどろ人間ドラマのあれです。
正直言って本当にあのウッディ・アレンが
作ったのかを疑ってしまいます。
ヒネリも無いし、知的さも無いし・・・。

スカーレット・ヨハンソンのエロフェロモンが出まくりか?
というと、別にそうでもない。
ま、重要な脇役といったところ。

う〜ん、この映画のポイントは何?っと考えてしまう。
”人生は運が大事!”ということなんでしょうね。
運さえ良ければ、人生の道は開ける、と。
悪いことしてもね。。。

全部見終わって一つ気づいたことは
DVDの画面タイトルの文字。
英語で書いてある「Match Point」の
Oだけが黄色で、指輪のようになっている。
これ、見終わった人なら
 「なるほどね、これがポイントか!」
とうなずくはず。(指輪がポイントなのよ。)
理由を知りたいとは、是非見てね。

私の評価 : ★★☆☆☆(昼メロの方がドキドキする?)
妻の評価 : ★★☆☆☆(テニスコーチは皆スケベ)

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(サスペンス)

2007年02月09日

「世界最速のインディアン」レビュー

今年初めての映画館での映画鑑賞です。
世界最速のインディアン
を見てきました。
アンソニー・ホプキンスが実在した
 大馬鹿野郎なバイクじいちゃん
を演じる、感動作です。

画像


ニュージーランドで暮らす
バート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、
伝説のバイク“インディアン”で
ライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で
世界記録に挑戦すること。
年金暮しの彼は倹約に励み、
隣家の少年(アーロン・マーフィー)の協力も得て
廃品を利用してバイクの改良を試みるが、
なかなか渡航費まで手が届かない。 (シネマトゥデイ)

大雑把に説明すると、
 バイク大好きじいちゃんが世界最高時速を
 達成するまでの物語

なんですが、コレだけだと短すぎて映画になりません。
ということで上映時間の大半は
 ニュージーランド ⇒ アメリカ ボンヌヴィル平原
を渡航するロードムービーとなっております。
ここで、良い感じに純朴なニュージーランドの
田舎者じいちゃんをアンソニー・ホプキンスが演じます。
そして彼に関わる人は皆、彼のことが大好きになります。
男性も、女性も、オカマちゃんも・・・。

うらやましくなりますよねぇ・・・。
好きなことをやって、自然体で居て、
誰からも愛されて、自分もそんな人生を楽しむ。

金曜日の仕事帰りに、33歳のオヤジが
一人でさびしく映画見ているのとは雲泥の差です!
いやぁ、虚しくなりました・・・。

さて、この映画の一番の見どころは
何と言っても世界記録への挑戦シーン!
私は全身に力を込めまくって見入ってしまいました。
本当に走っているかのような映像は見事です!
世界記録達成の瞬間は拍手しそうになりました。
が、銀座の映画館の観客は皆クールです。
一番の盛り上がりシーンも淡々と過ぎていました・・・。

画像

夢とか、自分らしく生きるとか、
なかなか実生活で自分が実現できていない部分を
再認識させてくれたこの作品。
途中のロードムービー部分はダルダルな感もありましたが、
全体的にはとても面白かったですよ。
それもこれも久しぶりの映画館での鑑賞だったから?

私の評価 : ★★★★☆(憧れの老後です!)
妻の評価 : −−−−−(見てません。)

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

2007年02月06日

バブルへGO!!

いま一番注目している映画が
 バブルへGO!!
です。
タイムマシンに乗って、バブル崩壊前にタイムスリップ。
あの手、この手でバブル崩壊を防ごうというこの映画。
しかもタイムマシンはドラム式洗濯機!
聞いているだけでくだらなさ満点です。
しかも、製作があのホイチョイプロダクションというのだから
見ない手は無いでしょう!

「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」オリジナル・サウンドトラック
「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」オリジナル・サウンドトラックサントラ 本間勇輔

ソニーミュージックエンタテインメント 2007-02-07
売り上げランキング : 7146


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホイチョイといえば
漫画「気まぐれコンセプト」や、「見栄講座」という本。
そして
私をスキーに連れてって
彼女が水着に着替えたら」といった映画など
あらゆる媒体で楽しませてくれるクリエータ集団です。
とにかく面白そうなことへの嗅覚が異常に高い!

小学生のときに彼らの「見栄講座」を読んで
 「そうか、カッコだけで女にもてるんだ!」
と幼い私を大いに勘違いさせてくれました。

バブルの時代は小中学生で全く縁がありませんでした。
大学受験の頃にバブルが崩壊し、親から
 「家の会社が倒産しそう・・・。合格しても夜逃げかも」
と脅されていました。
そして就職の超氷河期となったころにちょうど就職活動と、
私の世代の人生の邪魔ばかりしてきた憎きバブル!
そんな私にとっての華やかなバブルとは、
 トゥナイトでみるジュリアナ東京のお立ち台
であり、テレビの中での別世界の出来事でしかありませんでした。

そんな私が、いまサラリーマンになってつくづく思うのは
 「あ〜!バブル絶頂期のサラリーマンを
  一度体験してみたい!」

ということ。
給料一杯、ボーナス一杯、交際費使い放題・・・。
私の中ではそんなイメージ一杯のバブル。
そんな憧れのバブルを映画の中だけでも体験したいです。

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!

気まぐれコンセプト クロニクル
気まぐれコンセプト クロニクルホイチョイ・プロダクションズ

小学館 2007-01-20
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star一大絵巻
star笑えるだけでなく、ギョーカイ分析本として面白い!
star極楽スキーは最高

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B0000DJWIN私をスキーに連れてって
一色伸幸 馬場康夫 原田知世
ポニーキャニオン 2003-11-19

by G-Tools


B0000DJWIO彼女が水着にきがえたら
馬場康夫 原田知世 織田裕二
ポニーキャニオン 2003-11-19

by G-Tools
posted by 鉄蔵 at 22:50 | Comment(4) | TrackBack(14) | 映画(時事ネタ)

2007年02月04日

平井堅が歌う映画「愛の流刑地」の主題歌、「哀歌(エレジー)」

映画「愛の流刑地」が大ヒットしているらしいです。
娘の通う幼稚園のお母様方は、
何人かで連れ立って見に行ったそうです。
 不倫、エロエロ映画(?)に興味はあるけど
 一人では見に行けない!
ということで・・・。
そのうちの一人は「大量のティッシュ」と「マスク」を
持参していったらしい。理由を聞くと
 「Hシーンで興奮しすぎて鼻血が出たとき対策」
らしい。。。(なんか随分勘違いされている?)
そんなお母様方も、映画には結構感動されたとのこと。
単なるエロエロ映画ではないようです。

『愛の流刑地』オフィシャルハンドブック
『愛の流刑地』オフィシャルハンドブック庄司 いずみ 太田 穣

講談社 2007-01-13
売り上げランキング : 34138


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、この映画の主題歌で、テレビCMでも流れている
平井堅が歌う「哀歌(エレジー)」
 何度も、何度も、私を壊して。
 何度も、何度も、私を汚して。
なんて歌詞が、映画の内容を
エロエロと勘違いさせてる気もしますが。

この曲がYouTubeでフルコーラスで聞けます。
 平井堅 哀歌
CMで耳を離れなくなってしまった方!
ここで飽きるまで聞いてください。


☆YouTubeにPVアップするのって著作権的にOKなの?

■映画ブログランキングへGo!
にほんブログ村 映画ブログへ

■映画評価一覧表へGo!
■ハリウッド・スター 紹介記事一覧へGo!
posted by 鉄蔵 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(時事ネタ)
ブログパーツ Go To The TopPage...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。